Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログお引越しです

こんにちわ

 長い間、使ってきたこのブログですが、この度、ヨネヤのオープンとともにアメブロにお引越ししました

今後とも宜しくお願いいたします
スポンサーサイト

☩90年の時を経て☩

 次々に台風が発生し、各地で長雨が続いていますね
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます

京都工房も、雨にも負けず鋭意準備中
あと二週間ほどでオープンです(´◉◞౪◟◉)

店舗・工房自体はほぼ整ったのですが、商品の製作が追いついてないにも関わらず、体力が限界を迎えています

今までの私なら、
”商品がないと、お客さん来はっても何の店かわからへんやん!!!!”

とばかりに、何が何でもっっっっっヽ(#`_つ´)ノと、無理に無理を重ねて、製作したのでしょうが、今回はできるようにやろうかな・・・

工房を開けながら、ぼつぼつ作っていってもいいかな

と思っています

一昨年、セドナでⅯ・Morningstarさんに、”ワーカホリックになってはいけません 身体を壊しますよ” と言われたのもあるし
焦って作ったものは良くないし

潤沢な資金がある訳でも余裕がある訳でもないけど、何とかなるさで、できるだけゆったりした気持ちでやっていこうと思います

てなわけで、先日の台風の日はお休みにしたのですが、
したはずなんですが、

オープンに先駆けて、ウチの祭礼顧問のキタヒデ先生が、工房を御祓いに来てくださるにあたり、御列席いただく皆様をおもてなしする器をどうするかと考えていて、
母も私達が生れる前から使ってきたお正月用のお椀が古すぎてもうどうしょうもないというので、購入するといっても、像彦さんあたりの漆塗りはお高いし予算は無し
でも、安物もいやだしなーーーーーーーーーー

で、”探そう!!”

と、納戸へ

埃にまみれた結果

あった!!!!!!!!

DSC_1157.jpg
 よくわからんが、つまり朱色のお椀と書いてある

箱をご覧になっても分かる通り、三回洗わないときれいになりませんでした( ;∀;)
_20160923_133532.jpg
蓋が十あるのにお椀は七つ、多分欠損したんだろうな


DSC_1159.jpg
包んであった紙は、どうやら当時の仕切り書や伝票類

良く読めないけど、明治四十・・・年と読める

つまり、このお椀を包んで仕舞ったのが明治四十年代、つまり明治の終わり頃
それ以前から使用していたもののよう

他にお皿を見つけたけど、これらも明治三年とか書いてある
DSC_1172_20160923152121164.jpg

つまり、(ばっかりだな)函館→近江→京都と、移動の多かった昭和初期頃までの一族が最後にこれらを梱包した時期から、今日、私が発掘するまで90年~100年と判明

でも、ちょっとした時に使う食器であり、決して高直なものではない

だから、使いましょー、使いまっしよー!!

 オカン、よろこんどります

こんなんも出てきたけど、これは京好みというより、加賀ものみたいだなー
派手すぎて・・・・・
DSC_1171_convert_20160923150413.jpg

とりあえす、こんなことしてたら休む間もなく一日が終了
台風も去ってました

あー、疲れた

ともかく、直来は、この赤い器を家から持ち込むことで済みます

お正月のお料理も、今年はこの御先祖様も使った食器で・・・・
ちょっと楽しみです






ヨネヤ金六商会㋵


 高温注意報が発令され、セミがやたらに鳴く京都から、florenceです

 新店舗が日々、暑さをもろともしない、スーパー大工さんと玄さんによって、素敵な空間に作られて行っております

 私も、明日から、ガテンな男衆に交じって、塗装に参戦予定です(笑)が、お店のコンセプトを定め、新しいロゴのデザインや、電脳マネージャーのエリさんと、ホームページの作り変え等にも忙しく、
色々準備を進める中で、様々な事が偶然の符合を見せ、色々驚くことが多いです(゚△゚;ノ)ノ

江原先生の  「偶然は必然」   実に真理な名言と改めて思います

 今回は京都という土地柄、「和」とか「伝統」を守ることを目的にしているので、長年、ウチの呉服屋で使っていた紋張(家紋の事典)を母からもらって、自分の女紋を決めて、それを少しアレンジしてロゴにすることにしました

 ところで、皆さん、女紋(おんなもん)という言葉をお聞きになったことはありますか?
今では、知る人も少なくなった習慣ですが、円の中に動植物などが入っている家紋は、京都の場合においては、男性のものであり、女性は使いません(男紋は○紋だけの範疇ではない)
家は男性が継ぐものであり、家=男性だからです

 結婚式などで男性の紋付の羽織を見ますが、花嫁さんの衣装や、親族の女性の黒い留袖に、あの丸い紋は入っていないでしょう?(注意が及んでいなかった方は今度、注目です)

女性の場合、背中の中心の合わせ目と前の両肩、袖の前後、計五か所に小さな桐の紋が入っていることが大多数です(正式な礼服は男女ともに五つ紋)
多くは、紋について一般的に意識も知識も薄いがために、留袖や袱紗(今は持ってる人もすくないだろうなぁ・・・)などを買う場合(レンタルでも)業者が、代表的かつ無難なものとして桐の御紋を業者が付けるのが実情と言っていいかもしれません
kiri
桐の御紋

 しかし、そもそも家紋というのは、基本的には、自由に決められるものです
勿論、武家が起源であるので、元々は武家のみが使っていたものを、平たく言えば、カッコいいじゃん!とかステータス的に平民も真似するようになったものです
 しかし、商人や農民が、有力大名や、時の権力者、例えば、上様(笑)の葵の御紋だとかをそのまま使うことは憚られましたが(というより お手打ちモノだよね)、
武装農民や武装商人、または豪農・豪商などが商売や取引上、縁のある武家や寺などのものをアレンジして使ったものが、代々、受け継がれて今に至るという流れなわけで、
お寺とか、御上から定められたと思われがちですが、そうではないのです

 自由に変更可、とはいえ、家紋は長く長く、この現代にいたるまでその家々で、代々受け継がれてきたことから、今になって、わざわざ、変更するお家はまずないというわけです

 かたや、女性は、基本的には出生した家からは、嫁して出て行く身(スイマセン出て行ってなくて)なので、裏紋をもらうか、自由に好みの自分の紋を決めて使う事が出来たのです
㊟裏紋とは正式な家紋とは別に自分の文具や羽織、家財道具などに非公式として使われた紋

 いわば、オリジナル・ロゴです

 私の曾祖母は、桔梗揚羽を使っていたようで、手箱や文箱、立派な金具のついた塗りの大きな名前のわからない、御嫁入りの道具と思しきものが残されています
DSC_0692_2_convert_20160804120835.jpg
<
DSC_0693_convert_20160804131829.jpg

 私は、小さい時から家業の呉服屋店内に置いてある紋張を見るのが好きでした
これは紋付羽織のご注文や、ご婚礼の支度などの時に使用するためのものです

亀や雀、笠に、菊、桔梗、橘、に古銭まで色々なものが、美しく、コミカルに、時に恐ろしいように、様々、小さな丸い枠の中にあるのですから、下手な絵本より面白いのです
DSC_0696_convert_20160804132808.jpg
何十年も使われてボロボロの紋張は、今は私の戸棚の中に仕舞われている


 そんな経験から、今回のロゴは紋から取ろうと最初に決めていました

もともと、florenceのロゴは、干支をモチーフにしたものでしたので、タツノオトシゴを少し成長させて、龍にしようというインスピレーションもありましたから、さっそく、龍の紋を引いてみました
・・・・が、龍というモチーフは他と比べて、極めて少ないもののようです

わずかに20点しか存在せず、その中で、デフォルメされすぎて龍には見えないものが5点、
いかつすぎて、鬼龍院花子の生涯・・・みたいなものが7点

残る8点が、「雨龍」(うりゅう・あめりゅう)でした

雨龍とは、璃龍(ちりゅう)つまり、幼龍を差し、五段階あるといわれる位の最下位であり、これから修行をして行く者であるのです

小桜姫物語りにも出てきますが、まだ、修行の浅い龍は青黒い色をしているというから、これが雨龍ないし、璃龍であろうと思われます
璃龍。私そのものではありませんか
39年辰年生まれ、未だ道半ばの未熟者
だけど、いつかはもっと立派な龍になりたい

「これだっ!」
即、決定!!

顔や形(なり)も、ちょっと可愛いし、タツノオトシゴにも似た風情で、ダブーである、中国風、もしくは、怖いカテゴリーの方々風にはなりません

雨龍も菱形の構図、三つ巴、等ありましたが、渦を巻くような左雨龍を、右脳を開花させるべく反転させ、右雨龍にして、ご先祖様から受け継ぐ、㋵の店ロゴを金玉(きんぎょく)の代わりに持たせたロゴにしました

 そうそう、屋号も、「ヨネヤ金六商会」 と改めます

”よねや”という屋号は、廻船問屋として函館から近江、京都へと変遷していったご先祖様から代々伝わるもので、金六は一番ヤリ手(笑)だった方のお名前です

 昨年父が亡くなり、呉服屋は閉じてしまいましたので、屋号を絶やすことなく、商人の血を守ろうと思い、職種は変わるものの受け継ぐ決意をしたわけです

Forence hymns candleとタツノオトシゴのロゴは、ブライダルの部門としていくつもりです

 まだ、詳細をお知らせする段階ではありませんが、京都ならではの伝統をリサイクルする(?!)的発想の企画を温めています

 新しいタイプの和の御蝋燭と、従来からのオシャレな洋キャンドルを提供していきます

お店は、明治・大正から昭和初期の、竹久夢二の「湊屋絵草子店」とか、中原淳一の「ひまわり」的レトロ浪漫な古き良き日本をイメージにしています
th_20160804160817cb1.jpg

yumeji.jpg
インテリアは、ご先祖さんから受け継ぐ200年物の舟箪笥やビードロの照明、焼物、火鉢などを使用する予定

 場所は、二条城にほど近く、”御池通”という割とメジャーな通りに面しているのですが、すぐそばに、由緒正しく、古き時代からそこに鎮座する「神泉苑」(しんせんえん)が並びの数軒先にあります

 現在は、東寺真言宗のお寺ではありますが、鳥居の立つ神社の佇まいをしている場所で、もともとは794年に垣武天皇が平安京を遷都された折に、大内裏の南に造営された禁苑でした
後に、ここで弘法大使空海が法術比べをされることにより、空海様縁の場所となったわけです

此の事と神泉苑については、次回、詳しくご紹介したいと思います

 先日、高野山を訪れた際の神秘的な体験をしたことを書きましたが、弘法様がやはりお守りくださっている!!!!と、大感激!
しかも、それだけでなく、ここは、私の産土の神様であり、最愛の神様の素戔嗚尊様にも縁深き場所なのです(それも次回ね)

 このお店は、私が今まで蓄積してきた、物質的、精神的、全てを掛ける商売ですから、心配も、やはり湧いてくるのが人情というものです
だけど、弘法様はやはり、私の声を聞き届けてくださり、素戔嗚尊様もいつも御守り下さっているのだと確信すれば、また、前を向いて進めます
DSC_0494_convert_20160804174212.jpg
先週、東寺の伽藍の軒に写った 光のエネルギーライン

 そもそも、最初に不動産屋さんからこの物件を紹介されたのは、わずか二件目で、建物も中途半端だし、
内装がヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3 だったもので、私の腹の中では、即却下だったんです
でも、何だか梅沢富男似の不動産屋さんに、

「こんな条件で、こんな家賃ありまへんで!はよ押さえなはれっ!」

と、ぐーーーーーいぐーーーーい押され、もう流れに任せてやれーーーーーーーーーーいっと契約した、私的イレギュラーなパターンだったんです
流れに乗る・・・・大事です

 で! 紋の話に戻ると、
この神泉苑の御神紋が「雨龍」!!!!!!キタ――(゚∀゚)――!! ホームページを見て驚きました
ryumon.gif
神泉苑ホームページより
DSC_0699~2
まだ、フリーハンドで書いた段階の㋵雨龍

まだまだ、自己肯定が苦手な私に、龍神様、弘法様、素戔嗚尊様が、これでもかーーーーーー!これでもかーーーーーーー!とサインを送ってくださっています

感謝しきり、しっかりやらないとっ
心配より、今日が有意義であるように、明日につながる今日であるように

随時、進捗状況をお知らせします
いいね!や、コメントで励ましてやってくださいね! 私、玄さん、エリ、そして、スーパー大工さん達、ヨネヤ金六プロジェクトチーム頑張る夏です




 

鈴の御話

 
コンコンチキチンの御囃子が聞こえる夏本番の京都から、Florenceです
横浜教室と、ちょっと足を延して三浦半島の旅から帰ってきました

今日の京都は34℃予想でしたが、現在28℃有り難い過ごし方をさせていただいています
明日は祇園さんの宵山
四条烏丸や高倉あたりを歩けば、コンコンチキチン の御囃子が聞こえ、25年ぶりの祇園祭の風情を感じています

例年この時期は、35℃なんぞという恐ろしい気温で、脱水と戦う鉾の関係各位もだいぶん助かっているものと思われます

 祇園さんといえば素戔嗚尊様 私が一番に愛している神様であり、私の産土の神様です

古き昔、疫病が京の都に猛威を振るった際に、恐ろしい疫病を封じられるのは、よほどの神様でないと封じ切れるものではないと、怒らせればこの方ほど・・・という素戔嗚尊様を御祭神に御迎えしたのが祇園の八坂様および祇園祭の始まりです

・・・が、本日は、スサノオ様の御話ではなく、尊様が若き日のヤンチャで御姉さまの天照大神様を岩戸へ引きこもらせてしまった、皆さんご存知の、例の事件(笑)にまつわる

世界で初めて行われた、天宇受読命様によるヌーディーかつ過激なダンスパフォーマンスに用いられた御鈴の御話です

 
 先週、私達は、高野山から熊野古道を旅してきました
その際、音涼しき、霊験あらたかな鈴があると聞き、10年ほど前から神楽鈴を手に入れたいと思っていた私は、大変を楽しみにしていました
20130514155628.jpg
神楽鈴

 それは、和歌山県の玉木神社にあり、画像のように私がほしいと思っていた正式な祭礼用よりも、簡易で可愛らしいものでしたが、とても麗しく、かつ、力強い音で毎朝の御勤めや、作業前の工房に、場の浄化をしてくれています
DSC_0328_convert_20160714162513_2016071416360250e.jpg
シンギングボウルにティンシャと、こうしてみると音好きなワタシ

 実は、当初、この神楽鈴がお目当てだったのですが、天河弁財天で思わぬ御鈴と遭遇
それは、「五十鈴」といい
DSC_0183_convert_20160714153253.jpg
「生魂」(いくむすび)  「足魂」(たるむすび)  「玉留魂」(たまずめむすび)

つまり、肉体、精神、魂 の ”三位一体の調和状態”を表した鈴で、宇宙的ともいえる形状をしています

 音も、シャナシャナと、丁度、掌で転がす ”健身球” みたいな、”水琴窟”のような、異次元な響きで、
 なぜだか知らないけれど、私はすっかり虜に・・・

そこで、ちょっと調べてみたらば、
五十鈴とは、「神代鈴」を指すものであるという事

「神代鈴」とは、ちまき(茅もしくは笹で巻いたもの)の矛(両刃の剣)に鈴をつけたもので、アメノウズメノミコトはこれを手に持ち、エキセントリックな舞を披露されたという由
bellydance-amenouzumenomikoto.jpg
この画像はただの朶だけどね

 ここに出てくる矛は、「鉾」であり、祇園祭りの長刀鉾に代表される「鉾」なんですねぇ

そして、得物に植物と鈴を付けた祭礼具ということで、きっとこれは神楽鈴の原型ではないかお察せられます
yuisyo_photo4_isuzubig.jpg
これが天宇受売命がお持ちになったものと同じとされる五十鈴
拝殿の鈴も大きなこの五十鈴が二重に下げられており、ぐるりと回して鳴らすようにとの指示書きがありました


長くなるので、詳しくはまたの機会といたしますが、ここは、弘法大使空海様にも縁の神社だそうで、自分の心が反応するものには、全て神様の息吹があることを実感する次第です

頭で考えるのじゃなく、心の目が向くものが自分に必要なものなんだなと、つくづく思う旅の後日談でした

 長い事、私の鍵束には、桜で有名な「平野神社」の「桜守り」がついていました
これは、その昔、某社で同僚だった方が、似た御守り鈴を付けていらして、禍々しいものを退ける音だと教えてもらった事から、毎年、新しくしては付けていました
DSC_0314_convert_20160714153347.jpg
しかし、春先に古くなり、紐が切れてしまって、古い御札とともに、お返ししていました

今年は、天河さんの五十鈴が私を守ってくれています
出掛ける度に、天の彼方から流れてくるようなこの音に浄化を感じます

 また、近いうちに天河弁財天様を訪れたいと思っています
DSCN0162_convert_20160714175513.jpg

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

 お大師様の御託け(おことづけ)「自覚」

 こんにちわ 今日はお昼頃から断続的に強い雨が続いている京都です 
そんな梅雨の、奇跡のような晴れ間に、高野山・熊野の旅に行ってきました
DSCN0149_convert_20160630114451.jpg


 私のオブザーバーであり、古い友人でもある山田 眞佑里さんと、今や家族同然のパーリー・ローズの仲間達とです🌹

2011年に開催された第一回の富士山ツアーは、光栄にも我がFlorenceとの共催、いわゆるコラボ企画で、以来、今年のセドナ以外は休まず参加していますが、
毎回、様々な気付きや学び、時には失敗もあります

しかし、今回ほど、はっきり、メッセージを受け取り、
自覚というものを理解した旅はありませんでした
「自覚」
本当に書いて字のごとく、”自=己に 覚=目覚める”事を体験しました
私個人にも、Florenceという仕事面でも、 大変重要な意味を持つ旅となりました
御神仏様が意図してこの時を下さったに違いありません

 高野山は初めてではありませんが、個人で行ったのでは決して促されなかった、心の気付きを頂いて参りました

特に、今回、、初めて参加なさって、御神酒と御神饌を携えて、お出でになったある方との出会いは大きく私の目を開かせました
正に、眞佑里さんという存在を介して、紡がれる、縁(えにし)の糸が、七色に輝く絹の織物と成ってゆくようです


 今回の旅は熊野の神社にも沢山伺う予定ですが、先ずは、京都を出発し、高野山に向かいました
到着は夕方となるために、まずは、真田幸村が幽閉されていたという由緒正しき宿坊に入り、休息、翌朝、一同でお参りに
DSC_0124_convert_20160630133153.jpg

高野山において、最も御大師さまのおそばに寄せていただける、聖域中の聖域、奥の院で、私は御燈明に火を点し、手を合わせて
「生まれ出でた京都に戻り、御燈明を作らせていただきます。
どうか、私の灯に、御大師様の息吹を下さい」

と、祈ったところ
ひときは高らかに、とても美しい声で小鳥がさえずり、見上げるとお屋根の梁に、雀より小さく、細い二本足を脚から長い尾をピンと上げ天を仰ぐように謳う小鳥が姿を見せました🐦

 考えるまでもなく、
”ああ、御大師様が答えてくださった”と感じました

しかし、瞬間的に、もしくは直感的に、そう感じているのに、時間が経つと、”私なんかにそんなことがある訳ない” ”そう思いたいと思ってこじ付けているだけ”
と、いつもの ”私なんか”が頭をもたげてきます

今回の旅には、出発前に、17年もの間、いつもいつも私の前に立ちはだかってきた、ある、超えられない感情の壁がまた現れていて、旅は順調のように思われていたけれど、すきあらば顔を出そうと手ぐすね引いて待っているようで、それと相まって、
奥の院で感じた素晴らしい事も、自分が作り出した事ではないのかという思いに引きずられそうになっていました

けれど、いよいよ最後の夜。 
御神酒と御神饌、そして、御塩を持参され、私たちに振舞ってくださったその方が、その意味の重要さから、長い旅の間決してその重い荷を降ろさないでおられたという事実を知って、
そして、ただ一点、ご自分の成すべき事のみを見つめて迷いなく行動されている様を目の当たりにして、突如、自覚したのです

 「私のお役目は、御神仏様の御光を作る職人になることだ!」

と。

いつも、他の人(自分の役目ではない事をしている人)を見て、”私は、あの人のようではない” ”私は疎外されている”とばかり思ってきました
Florenceを立ち上げ、心から愛しているお蝋燭を作りながらも、ともすれば、視点がぶれることがあったのではなかったろうか・・・という自覚も生まれました
それは、己を信頼せず、己の素質を侮り、己の価値を損ね、己の歩みを遅らせる、とても愚かな所業でした

御神仏様の声を聴こうとしない愚行そのものでした

天の御神仏は、ちゃんと私たちを見守り、必要な出会いと縁を下さり、道を照らし、先に進むことを促してくださっていますが、
とかく只の人である私達にはそれがわからず、直接お声を聴くこともできないから、頑張ってるつもりでも違う方向に進んだりしてしまう
そんな時に、前述の御方を通して、御神仏様の御役に立つ、すなわち、自分の使命を果たす(引いてはそれが他社の役に立つ)ということを理屈抜きで、この目で見て、理解した瞬間でした

そして、同時に思ったことは、眞佑里さんも、長い間、ヒーラーとして、それを示していてくれたと思うけれど、友人という出会い方をしたゆえに、あまりに近くに居る人であったがために、例えるなら、自分の家族をきちんと捉えられないように、近視眼で見えていなかった事は、本当に申し訳なかったな・・・・と。心の中で、彼女に「ご免なさい」🙇ともつぶやき、ここに白状いたします💦
大変、大変、ご無礼致しました🙇🙇

 しかし、ここに導いてくれたのは彼女に他なりません

 そのご恩に報いるよう、良い御神仏の職人になろうと決意しています

 そして、さらに驚く後日談として、あまり民放を見ない私ですが、帰宅翌日に何気なく流れていたのが、高野山の特集でした

御大師様は、今も奥の院で生きておいでで、修行僧たちは毎朝毎晩、御大師様の御食事を運ばれる、とか、御衣もお着替えになるとか、様々な事が紹介されていましたが、御坊様が、こうおっしゃったのです
「しかし、高野山において、弘法様に差し上げる最も尊い御供物は、御燈明です

Σ(=゚ω゚)!!!!!

もい、これは、「気のせいなんかとちゃいまんで~ 」という弘法様の粋な計らいとしか言いようもなく・・・
ありがたやありがたや・・・( ;∀;)
_20160630_121801.jpg

そして、そんな、折。
 店舗が決まりました。 二条城にもほど近く、数軒先にはなんと弘法様(゚д゚)!や、産土様の須佐之男命様をお祀りする「神泉苑」がある場所です
ここは、陰陽道に則り、平安京の都を作る上で風水的にも大変重要な地であり、龍神様にもご縁の深い土地であります
DSCN0142_convert_20160630114836.jpg
高野山の伽藍の龍神様のところに靄のように写り込む白いものは、神聖なエネルギー と、同行のK先生の鑑定です

屋号も、Florence hymns candleは、ブライダルのブランドに特化し、
ヨネヤ金六商会
と改めます

これは、豪商だったと伝え聞く、ご先祖様の名前と父が亡くなって、100年を数えながら閉じてしまった呉服屋の屋号です
一族の脈々と流れる歴史を継ぎつつ、
京都の地で、日本人の心に点る灯を作り出してゆこうと思っています

この後の、熊野の社でも、素晴らしいことがありましたが、それは次のブログでご報告いたしますね


オープン予定は秋 乞うご期待です

また、このブログで進捗状況などお知らせいたします

鋭気を養うために、旅中にいただいた御神饌を古代の赤米とともに炊き、家族でいただきました
DSC_0182_convert_20160630114917_20160630115200ee8.jpg
神棚、仏壇にもお供えしました

オーダーキャンドル、出張教室は、現在もお受付しておりますので、コメント欄、メッセンジャー、Facebook等々でご連絡くださいませ

感謝


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。