Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ滞在記其の⑦ 最終回の巻

こんにちわ!とても長くなってしまった滞在記ですが、最終回です。

そして、旅の終わりといえば、全日本人に呪縛のように課せられた義務がありまんがなピカチュウ16
全くお土産を買わないで帰国すると、日本では軽犯罪に当たり、顰蹙(ひんしゅく)という制裁を受けます・・・・(←あながち冗談とも言えない辺りが哀しいd001

 てなわけで、今日は、モモママとダウンタウンへお買い物です買い物

しかし、ちょっとその前に寄り道・・・フェリーで対岸のノース・バンクーバーへ
IMG_1394_convert_20090708174352.jpg
IMG_1399_convert_20090708174618.jpg

対岸から見たダウンタウン パン・パシフィックホテルなど街のランドマークが見える
IMG_1396_convert_20090708173845.jpg

オリンピックに向けて、あちこちで工事が行われている・・・鉄骨のリフトがキリンみたいせがれママ
IMG_1397_convert_20090708174111.jpg

 そして、さてさて お土産ショッピングjumee☆foryou1









続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : カナダ - ジャンル : 海外情報

カナダ滞在記⑥

 皆さん、先日は長い記事を読んで下さって有り難うぴかちゅ
ちょっと、マジメなお話で辛気臭かった

 ともあれ、カナダでの事は、力足らずながら、概ね良かったと思うのだけれど、いつも事後にこれで良かったのかなと考えます。

あの手の事を勉強したての頃は、良いことは皆に伝えて、皆がハッピーになればいいと思っていましたが、ただ伝えれば良い訳ではないのだな・・・・という、苦かったり、しょっぱかったり、すっぱかったりする経験が続き、とてもとても、私のスキルでは扱いきれないことかもしれないなぁ・・・・ぴかちゅ

と、思う、今日この頃・・・・さとと-青い傘

 少しくらい、誰かの役に立ってればいいんだけどなぁ・・・・・カエル
セツなし・・・・・雨

 まぁ、考えても始まらん
気を取り直して、カナダの旅に戻りましょう。

 とにもかくにも、神様の国と、魂のお話は伝えきれなかったにしても、母と私の訪問を小父さんはとても喜んでくれました。
この日は一日中小父さんの車で市内を回ったりしたのですが、小父さんが熱心にお喋りするので(勿論、私ら親子がどんだけ喋るかは言うまでもありまへん)あんまり景色も見てない気がするけど・・・ピカチュウ1

 でも、合えて、この日のコースにUBC(州立大学)のインディアンアートセンターをリクエストしたのは、前回来たときに小母さんも一緒に行ったこともありますが、ネィティブたちのトーテムや、展示品を通して、彼らが自然の精霊と同じく、先祖の霊(亡くなった近しい人も同様)がいつも伴にあると理解していた話を、小父さんに知って欲しかったからです。

 ネイティブ達の暮らしは、生きている人間と亡くなった人の魂に、区別がありません。
肉体があっても無くても、その魂に何の違いもないという考えであり、それが当たり前のこととして、亡くなった人の魂も同じように家族とともに存在しているという理解なのです
 ネイティブ達は、魂にしても、精霊にしても、目に見えざる存在を深く理解し感じていた人達なのです。
 日本でも、沖縄に残る「ユタ」(いわゆる神の代弁者もしくは霊能者。青森のイタコも同じ)の文化や、北海道のアイヌは、基本的にこれと同じ思想です

 前回、画像を載せた鳥居やトーテムを見ながら、このことをお話しすると、小父さんの心が少しだけ動いたように感じたのは、気のせいでしょうかね・・・・さとと-羽
IMG_1364_convert_20090629195114.jpg
インディアンアートセンターのミュゼアムショップ。ハイダ族のアーティスティックで素敵な小物や彫り物が買える(しかし、かなり割高。安いのはギャスタウン)

そして、ディナーまでの時間に小父さんの親友で、当時、私の姉がアルバイトしていた日本食料品店(とはいえここでは、ちょっと有名な会社、Fujiyaに立ち寄り、社長のMr・ヒライを訪問し、この後のディナーにお誘いすることに・・・・


続きを読む »

テーマ : カナダ - ジャンル : 海外情報

カナダ滞在記⑤✧神様の国のお話✧

 みなさん、大変長らくお待たせいたしました(待っててくれたよね?!)
本日、電気屋さんが来て、無事復旧いたしましたあんぱんまん
しかし、某量販店の技術者さん、
約束の時間に連絡ナシで、二時間も来なかったため、出張料等全てチャラに
 しかし、一回で回復せず、夜にもう一回来てもらい、それでも原因が掴めないため、長年親しんだインターネットエクスプローラから、ファイアフォックスに換える事で何とかなりました狐にも小判
・・・が。技術者さんたち、二人掛で??????をいっぱいかもし出していた・・・・レアなケースだったようです

 で!前回の続きですが、極楽の話を書くからではありませんが、ブログ更新不能の間に、鎌倉は極楽寺付近に散策に行ってきましたflower2

 実は、姉が来ていて、彼女の友人夫婦から、姉はお婿候補に鶴岡八幡宮の御神職を紹介されたのでした
土曜日に私のサロンでバイトして、夕方に焼肉&ビール宴会に出かけてった姉焼肉
「どうだった?!」
と聞いたら、「奇跡だっ」という。

 私達みたいなツルタグリ(イミは過去の記事でご確認ください)が、お見合い(一応)する場合、相手がオジサンであることは当然なので、ハゲ、デブ、ブサイク の要素がひとつも入っていなかったら、完全に奇跡です

 しかし、私と違って丑年の姉はフットワークが重い
『フム』と思った私は、タイミングを読み、一日空けて趣味と実益の神社詣でを兼ねて、鶴岡さんに訪ねていこう!!と提案したのです

 姉の友人夫婦はヤル気満々なので、早速、御神職に連絡をつけてくれ、アポ取りもつつがなく・・・(職場に突然行くのは失礼ですからな)。
 神社の客間に通され、お茶を頂きました

ご神職のお姿はコチラ~鳥居
スーパー仁くんこの後、アフターファイブの御神職と藤沢の美味しいイタリアンで、ツルタグリ40‘s姉妹は盛り上がったのでした・・・ルネッサーンス

 てなわけで、夜にカロリーを摂取するからには・・・と鎌倉を4時間にわたり歩きまくったのでした

アジサイ  あじさい

紫陽花 由比ガ浜ビュー
成就寺の紫陽花と由比ガ浜の絶景砂浜

 極楽へ行けるのかな・・・仏
極楽寺駅 

駅員室は、千と千尋の神隠しなムード・・・
千と千尋の駅員室
 
 こうしてみると、梅雨も風情あるものamagasa
家のお庭にはこんなお客さんも・・・お庭のお客さんF☆Cultivation・傘(赤)Zaaa!☆雨つぶ☆Zaaa!

・・・・てな訳で、神様、極楽 とネタを振ってから、いよいよ先日の続き・・・・12453187436.gif








続きを読む »

テーマ : スピリチュアル・ライフ - ジャンル : ライフ

暫くお待ち下さい    m(__)m

みなさん、ごきげんよう。

梅雨寒ですが、こちらもお寒い状況(;-_-+

PCのトラブルか、プロバイダか…。
ブログの管理ページにログイン出来ないので、記事が書けないの( ̄□ ̄;)!!


携帯で打てるキャパではないので、復旧まで、少々お待ち下さいm(__)m

どうやら、PCに問題のよう(`へ´)日曜日に電気屋さんが来ます。
出張費がべらぼうで、姉さん暴れちゃうよ(;-_-+

来週には更新したいです!みなさん、待ってやってね(T_T)/~

まほ

カナダ滞在記④ 神様の国の話✡

絵文字名を入力してください ご機嫌いかがですか? 何だかお天気が続かず、すっきりしないし、湿気で足元がうそ寒い気がする湘南です曇2
日向夏だから、今朝は爽やかな日向夏と、ダージリンヒマラヤンで朝食してみましたみかん
あまり知られていない日向夏ですが、ゆずと甘夏を掛け合わせたような上品で繊細な果実ですミカンの木

 さて、滞在記も早、四回目です。毎回遊び呆けているようですが、今回の旅の本来の目的は、カナダの親代わりとも言える、M家(モモママとパパじゃないのよ)の小母さんが、急逝され、小父さんがあまりに嘆き、寂しいと連呼するもので、サロンの休みをやりくりして、少しでも慰めになれば・・そして、小母さんのお参りを・・・と海越えてやって来たのです

 だから、今日はちょっとマジメなお話・・・。
辛気臭いかもしれないけど、私なりに一生懸命勉強し、理解してきたことなので、皆さんにも是非にお伝えして、知っておいていただきたいのです。

 私の友人には、かなり優れたヒーラーやカウンセラー、サイキックがいます
だから、ここでエラそーな事は書にくいですが(小心者滝泣)、彼女達に私自身が教えられ、身に付けてきた事ですし、宗教研究も15年で、自分が理解を深めてきたこととして、私の最大の能力はティーチング=人にモノを解り易く教える事!!と自負しているので、プロのセミナー講師としての腕の見せ所を発揮したいと思いますっ←(言い過ぎか・・・)←(小心者)

そもそもこの旅も、セラピストの端くれとして、何とか大切な人達に、親しい人との別れによって生じる悲しみや喪失感を緩和したげたいっおじぞうさん
鼻息と供にそう決意して来た・・・つもり(小心者)

 前述の様に、お仲間は超一流の特殊能力者なので、大変書きにくいことこの上ないが(小心者)

私の超自然的なもの(目に見えないもの)を察知したり、その他の事についての直観力は、人よりちょっと敏感・・・程度である。

以前よりは、ずい分鍛えられてきたが、それだからこそ、オーラソーマやタロット、カバラ、アストロロジー、レイキなど学びの力を借りなければとてもカウンセリングなんか出来ないのである。

でも、そういうものに興味なり、認知なりがある人ならともかく、一般的に馴染みのないものであるから、そういうものに無縁な友人や知人において、その人の大切な人が亡くなった時には、いつも途方に暮れてしまう風船と空

 今回の様に年配の男性である場合は、それが特に顕著だが、全くこの手の話が通じない場合が多い
下手をすると、カルトと間違えられてしまう

今まで、お話を伺ったクライアントさんの中には、お母様をなくされてから気力をなくしたサラリーマンの方や、末期癌のご主人を看病し亡くなるまでをお相手した50代の女性などいらっしゃいましたが、何方もご自分の意思で、カウンセリングを受けに来た方々ですので、受け入れ態勢が整っていたわけです。

けれど、そうでない一般の方に・・・というのは、大変難しい事で、下手にこの手の話をすれば、良くてアヤシイ女、悪くてカルトの信者(教祖?!)と思われるのがオチなのですうーん

 宗教(カルト等を除く)や信仰がある人はまだしも。大切な人を亡くしてその中で悲しみにだけ囚われたり、多くの人がそうであるように、死が「忌むべき事」「不幸」であるとか、「終わり」であると信じて疑わない人々に、本当の魂の行方、死と言う意味を、どうしたら伝え理解し、心に安寧をもたらすことができるのかとジレンマに陥るのであるがっくり

 今回の始まりは、第一報を、小父さんからの国際電話で聞いた時に、小父さんが「かわいそうに死んでしまって・・・」「かわいそうにな・・・」可哀想を連呼するのがとても気になったことからです。

 死ぬ事=可哀想 と思っていれば、そりゃぁ、残されたものは悲嘆に暮れる他ありません。
その他に、身内の不幸という一般的な表現もそれだし。
自分の親族などの、そういう話をする時 「嫌な話でゴメンね・・・」と気遣ったりすることもそれ。

 違うのですよjumee☆wing2b死は忌み嫌うものでも、不幸でも、可哀想なことでもないのです。

 ただ、目に見えなくなる、触れられなくなるのは寂しいけど、側にいなくなるわけでも、消えてなくなるわけでもないのです

 しかし・・・!かくいう小父さんもそうだが、悲嘆にくれている人の心は固く扉を閉ざしていることが多く、何を語っても、耳で聞いても、心が聴いてくれないことを何度か経験している。

つまり、相手は、それは単なる慰め=方便で、本当の事=真理もしくは真実とは思っていないのである。

無理に他人の心をこじ開けることは出来ない以上、どうしようもなくて、無力感を感じるばかりである。

私の友人達や、テレビでお馴染みの、スピリチュアルカウンセラー・江原啓之氏のように、交霊や降霊または、霊視やチャネリングなど、その亡くなった人と話が出来たり、呼び出すことが出来たなら、話は違ったであろうけれど、私程度の能力では、受け入れ態勢のある人ならともかく、心閉ざした人には無理であるのだ。
そして、やっぱりアヤシイ女として認識されがちであるガックリ

 だから、皆さんには、この後に書く事で、今のうちに、「死」というものをきちんと理解しておいていただきたいと、大切な人が亡くなった時に悲嘆に暮れることなく、大切な人だからこそちゃんと送れるように。
そして、誰しも必ず来るものだから、自分にも「より良い死」を迎えられるために、このお話をしたいと思います・・・・

続きを読む »

テーマ : スピリチュアル・ライフ - ジャンル : ライフ

カナダ滞在記其の③✧ヴィクトリアンロマンス

そろそろ梅雨ですかネェ・・・天パには受難のシーズンですさとと-青い傘


カナダのお土産を仲良しさんにあげるのもさることながら、今週は色々とお返しをいただくウイークでした

出雲に行ったという大工の源さんからは、赤米ごはん
赤米  見たんか gen.! スサノオの命も絶賛?!
聞いたんか、gen!
しかし、このセンス嫌いじゃありません絵文字名を入力してください

ちなみに、赤米を食べていたと思われるのは卑弥呼です。

そして、北の大地が生んだ美白の女王(?!)whosaさんからは、アスパラざんすブロッコリー
アスパラ 白アスパラ 生の白アスパラは珍しい

てことで、お土産富豪と化してハッピーです

つーことで、カナダ滞在記の続きをどーぞー

続きを読む »

テーマ : カナダ - ジャンル : 海外情報

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。