Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宣言!脱・デブ☆

 一週間冷たい雨に悩まされ、やっとお天気回復か・・・!と思ったのに、何だか真冬の寒さ
本日など息抜きのガーデニングもちょっと難儀なくらい寒いです

 ネェさんもナカナカ不調から脱却できなかったのですが、良い鍼灸の先生にめぐり合うことができて、二週間以上を要して、ほぼ回復でしょうか

 ところで、苗の植え替えなどしていると、どうしても折れてしまったり千切れてしまったりする葉っぱや花が出てしまうのですが、それが、やわらかくて若い、これから育つはずのものだと、ごみと一緒に捨ててしまうことが忍びなくて、私はいつもショットグラスやクリ―マーの小瓶などに水を入れて、時には一輪で、時にはアレンジで、ミニュチュア・フラワーボールを作ります

 大きくてゴージャズなフラワーアレンジも良いですが、私はこんな「牛乳瓶にタンポポ」的な雰囲気が好きです。
私が通っていた小学校は、かのノートルダム寺院ゆかりのミッションスクールで、京都の北山にありました。
学校の裏手には修道院があって、森の小道のようなお花を摘めるところがありました
私立学校で自宅からもかなり距離のあるところだったため、通学は両親かお店の従業員さんが送り迎えをしてくれていたのですが、誰が来るにしても仕事の合間を縫ってくるもので、私は待つ間に良くお花を摘んでいました。
ネェさん、猛獣化する前の、浅田真央ちゃんのごとく可憐だったころの話です

 冗談ではなく、小学生くらいまでの私は、変わらずピ―チクパーチク良く喋ってはいましたが(当時おフランス語に凝っていた母がピアフ(小雀)と呼んでいた)今からは想像がつかないほど気が小さくてチマチマ一人で遊ぶのが好きな、あんまり取り柄のない子でした
・・・・のにバブル期にはボディコン・スーツで毎晩、六本木で遊んだり(この頃、植物といえば、飲み屋のオニィちゃんからプレゼントされる花束を差した)、企業で管理職になったり、女店主になったりですっかりそんな感覚を忘れていた時間が長く、年季の入った雌ライオン生活をしてきましたが、神奈川に引っ越し、中でも今のお家に引っ越してからのここ数年は、ハーブなどの勉強を始めたこともあり、残念ながら、可憐に戻ることはできませんが、すっかり、田舎や草花やアナログなことが好きだった、本来の自分に戻りつつあるように思います。

 CAZ0USHA.jpg 先々週のお庭いじりの時に折れてしまったベビー・リーフ達は、40年前に両親がスイスで買ってきた木彫りのマリア様にお供え・・・・
天狗のうちわのような葉はルピナス、ひょろりと長いのはイングリッシュ・ラベンダー、その右横の葉と蕾はビオラ・パンジー、手前のはベルフラワー現寸はクレジット・カードより小さい。

CAW8BHN1.jpg 壁にはイングリッシュ・ラベンダーと伸びすぎて剪定したローズマリー。
ハチドリのガラスの飾りは、モモパパに連れてってもらったヴィクトリアで購入



 私は贅沢なものも好きではあるのですが、日本のおばあちゃんや、ヨーロッパの家庭が昔からしてきたような国境なき日常的なものも好きで、時間を見つけて色々、自分でも作ってみたりします。

 缶とかビンとか包装紙や箱も好きで、かわいいものは取っておいて作り変えたりもします。
CA4E1IRA.jpg 大きい箱は、ポルトガルでタイルを買ったときに包んであった、大航海時代の地図チックな包装紙を、オカンが送ってくれた「もなか」が四つ入っていた箱に張り付け、上からニス加工した
ポイントは住所と店名の入った金色のシール
 小さいのはジュエリーを買った時の紙箱を、レトロな天使の包装紙で化粧直し
何にも手を加えなくても、とってもカワイイものもある
whosaさんのN・Y土産はこんなカワイイおリンゴちゃんの箱に入った、トレンドなパティシェが作ったチョコだった
でも、中に入ってたのは、なぜかオレンジピールのチョコだった

 ヒントは子供のころに母から聞いた、彼女が子供のころ、飴の包み紙をマッチ箱に貼り付け、何段か重ねて小さい箪笥を作ったという話から。

 ここ近年は、こんな様子で、ディスカバリー・自分!な傾向が続いているように思います。
とはいっても、過去に逆戻りするのではなく、本来の自分に帰る・・・ということでしょうか。

 ストレスも色々あるし、お店も不況のあおりを受けて、心配にもなる・・・でも、今やるべきことは、そんなことに捕らわれているのではなく、自分でさえ奥深くにしまいこみすぎて忘れていた、自分自身の本質を取り戻す事だと感じるのです。
・・・・で、それがどうして、脱デブ宣言なのか・・・・・

続きを読む »

スポンサーサイト

心にともしび、商売にサーチライト?!

こんにちわ

今日はアインシュタインの生誕日なんだそうです

・・・だから、どうしたということもないのですがね
本日はキャンペーンの新サービスの準備のためお店はクローズの作業日でした。

 ほんで、朝が少しゆっくり
お取り寄せの冷凍ピザ・クワトロフロマッジョを焼き、モモパパのお土産のカナダ産オーガニックハニ―を、てろリンとかけていただきます
クワトロフロマッジョ 日本人はあまりやりませんが、チーズとはちみつはナイスカップル
カマンベールにかけても、ミモレットにディップしてもトレ・ボンです


 ところで、モモパパどうしてんのかなーーーーーーーーーーーーーー
私より若くてキレイなおねぇちゃんのブログでも見つけて心変わりしたのかしら

 そりゃ、45歳は立派なオバはんですけどもさ

そう!そのオバはんを証明するかのように、ネェさんの肩は、10日経った今も完全完治に至らず、ナンかするとイテテ・・・
朝は体の痛みで目覚めるという色気のなさベッドの中はイタリア産のローズゼラニウムのピローミストすら、シップのフェルビナク臭にかき消され、介護老人のよう

FなみKおりサンともどもよく遊んでいる、介護職のエグザイル・Kよみチャンに訪問介護に来てもらおうかな

 ところで皆さん。体の不調は魂の澱(少しづつ降り積もっていく沈殿物)なのだということを知っていますか?

 病気の「気」は気功でいう「気」

 「病は気から・・・」ということわざは、「気の持ちよう」ということでなく、不安や恐怖といったネガティブな想念=思念 が気功で言う「気」 つまり、体の中を廻っているエナジーを弱め、乱し、良くないエネルギーを体に蓄積させることを表しています

 私のように、毎日、不特定多数の他人に会い、しかも身体に触れる仕事をしていると、それが迷信ではないことを実感します

 この春は、いつも以上にそれを感じざるを得なくて、私自身が世の中に渦を巻いているネガティブな波動に持って行かれそうになっていて、この肩の痛みもその現象の一つと言えるのかもしれません

続きを読む »

新P・C届くも、なかなか復帰ならず!!

皆々様、長らくのお休みでしたがお元気でしたか?

旧PCが瀕死の間に、仔にゃんこ騒動やバンクーバーオリンピックと、書きたいことが満載にありました。
しかし、先週やっとこさっとこ、ノジマ電機のさかなクンこと伊東販売員(ねぇさんオキニ♪)が値下げのタイミングを見計らって納品してくれたものの、セットアップの段階でミスがあり先週は記事書けず

 
やっと今週と思ったら、ねぇさんの左肩甲骨が筋肉疲労のためロックオンされ、固まって寝返りも打てず
今朝、氷雨が顔に向かって打ち付ける中、整形外科まで行ってきましたとも!!!!

て、ことで、今週はここまで。
ノジマ電機のさかなクンの画像でお楽しみください。(しかし、シャメにはことのほか普通の写りで、ちとツマらんしかも、あの魚魚魚っ!ちっくなしゃべりとちょこちょこしい動作をお伝えできないのは惜しい!)

伊東販売員 しかし、彼は親切で愉快なヤツである

もうひとつ

「ケンミンショー」で見た、熊本県民の県民食、中にポテトサラダを詰めて揚げた竹輪がどうしても食べたくて作ってみた(ほとんど右手一本の作業)
サラダちくわ 旨くないわけないっしょ

レシピ:

 ポテトサラダは出来合いでもホームメードでも可

 竹輪が細い場合は片側を切って詰める

 カタクリ粉と小麦粉1:1に青のりを加え、水で溶いたものを衣とする

 少ない油でも十分に揚がります

 レモンを絞っていただくとなおよろし


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。