Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フローレンスさん*生まれたままの自分に還る

 今朝、早く起きてカーテンを開けると、窓辺に吊るした“サンキャッチャー”が、キラキラ朝日を映して、花嫁のSomething blueをイメージした、ネェさんの寝室に、オーロラの水玉模様を投げかけました

 Christmas寒波とかで、寒い朝
階下に降りると、畑には霜が降りています
そのせいか、猫達も今朝は姿を見せません。

 でも、私は、こんな凛とした冬の朝が好きです
IMG_2548_convert_20101221000051.jpg

 この冬は、どうやら私にとって特別な冬のようです。
 この20日の満月の前日から、満月の夜、そして、冬至にかけて、私の中で、もの凄く、多分、人生において最も大きな変革が起こっているように感じています。
 もしかしたら、それは、「変革ではなく」「Ricover」まっさらな自分本来のに戻ることかもしれませんが・・・。

 冬。そして冬至というのは、全ての始まりです。
全てが枯れ果て、凍てついたように見えても、ここからまた新たに日は昇り、木々は芽吹く・・・・。
(詳しくはウィキペディアでどうぞ)
これは私の哲学でもありますが、「死」は新たな「生」への道。終わりは始まり・・・。
しかし、学問として、それを理解はしつつも、実を以て感じたことなどありませんでした。

 知人のスピリチュアリスト達が、何年も前から、満月だ、冬至だといって、今が~の時期!!と言っているのも、実際、私には「何の事?別に、な~んもナイけど???」って感じでした。
 
 しかし、この冬の冬至と満月は、私に大きなうねりをもたらしています。

 それからというもの、私は、「本当は何を求めて生きているのか」という真実を。

ハイブリッド化し、鎧を付けて、アマゾネスのように戦いに明け暮れて生きてきたこの20年に、無理やり自分に刷り込んだものではなく、自分のものなのに、なかなか見えない「自分の本当のHeartを、とてもとても真摯に見詰め、感じる時間になっています。

 それには、色々な事が起こったのですが、当初は Emotionalになって、ジタバタしたり、泣いたり、叫んだり→(?!)したのですが、どうやらChristmasの天使がセコンドに付いているようで 私を扇いだり、水を飲ませたり、喝を入れたりしてくれた結果、とても不思議な、急に憑きものがストンと落ちる・・・というか、否、そういう、一切合財取り払われるのじゃないな・・・・

 何かね、必要なものだけが残って、不純物だけがスルッと抜ける・・・とでもいうような感覚を、何とクリスマスイヴの夜に経験し、それ以来、初めての感覚を味わい続けています

 打ち寄せる波の、海の泡のように、いろんな気付きや思いがどんどん打ち寄せて来て、すぐにはじけてはまたやってくるような状態ですが、考えるのではなく、感じる事のエクササイズかなぁ・・・・これって・・・

 何だか、ネェさん、昇天しちゃったんじゃない?!
って思われて、理解不能で読んでます?皆さん?

  では、私が気が付いて、私の仲間であるみんなとシェアしたい事は・・・・
    

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 知ること - ジャンル : 心と身体

港町のフローレンスさん*

 昨夜の湘南は厚い雲がどんより垂れ下がり、せっかくの流星群は見られなくって残念
ここの所、天気も気候も安定しませんねぇ

 しかし、ワリと天気にはツイてるネェさん。お出かけの時は管理の確率で好天
先週もhulala貴美子が、オーラソーマのコンサルテーションにやって来たついでに、二人で横浜に繰り出しました
貴美子コンサル tree.jpg


 時間的に遅かったので、シーバスで海から山下公園に行き、中華街でご飯を食べただけでしたが、
いやー!やっぱりいいわ!横浜って
ホテル・ニューグランド



 東京に住んでいた時から、横浜に来ると、心身ともに解放されるっていうか・・・ぼ~っと一人で歩いてるだけでも幸せ感じる街です

 昨今、清正の井戸だとか、パワースポットと言われる場所のブームですが、全く有名でなくても、例えば自宅のお気に入りの場所とかでも、貴方が心の底から安心し、気持ちいいと感じる場所が“サンクチュアリ=聖域”なのだと思うのだけれどねぇ・・・・。

 いくら、霊験あらたかな場所でも、いくら奇跡の水でも、ズラ~~~~~っと何百人も人が(しかも欲望満点で)並んで手を突っ込んで、写メ撮ってったら、気も淀むし、ソウルシスター房子いわく、神様もどこかへ避難あそばしてしまうんだとか・・・そりゃそうね神様もやってらんねぇ~~~~

 私が無条件でリラックスできる街には、港町が多いかもしれません。とか、水辺・・・ほんで、山もあるところ。
20ン年前に住んでいたバンクーバーもそうですし実家に帰った時には、母と神戸まで良く足を運びます。
 神戸には若かりし日、三宮のスポーツジムにジャズダンスも教えに行ってました
何か縁があるのでしょうかねぇ・・・好きなものや場所は、失われし前世の記憶の欠片というけれど・・・。

 しかし、なんだかんだ言っても、一番の楽しみは食い気
中華街へGO

続きを読む »

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

アート・ボヘミアン

 今日は12月らしい冬の朝
お久しぶりお元気でしたか?

 て、ことで、月いちブログってのも、ちょっと放置しすぎだな・・・て、事で、今後はまた、出来るだけ毎週、記事をアップしたいと思いますので、どうぞ読んでやってね

 しかし、ネェさん。ここのところ忙しすぎた・・・というか、和えて忙しくなくてはいけないような、新しい事を(例えばキャンドル)早く早く進めなければいけないような、そんな気持ちに急かされるように、ここ何カ月かを過ごしていました
 
 それが、何か・・・というと、これを信じるか信じないかは個々人によりますが、
地球を取り巻く波動が変化し、新しい波動に切り替わる時期だからだそうです(by房子←ウチのサロンでスピリチュアルカウンセリングやってます!!)
しかし、その話は、長くなるのでまた、違う機会にするとして。

 私が間違っていたのは、「急ぐ」ことと「焦る」事は違う、と言う事でした
 結果は、様々な面倒な事、トラブルが起こり、ネェさん、実際に背中の筋肉がこむら返りを起こし歩行困難にもなり、満身創痍・・・ココロのダメージが、もろに体現された格好で、ココロは冷凍庫の底に放置されたシャケの切り身のごとく、カッチカチやぞ(byザブングル)の上に、霜が大量に付着して重――――イ、散々な様子でした

 そして、マイソウルシスター・こと、ヒーリング・ファシリテーター 山田房子「喝!」を入れていただきました(合掌
※ヒーリングファシリテーターとは、魂の立会人・・・とでも言いましょうか、スピリチュアルカウンセリングするだけでなく、その魂を癒す(修業)過程を立ち会って導く人・・・というような意味です。

 なので、自分を追い詰めて、傷だらけにして、グレてひきこもったココロを癒してあげるべく、ネェさん只今、アート・ボヘミアン中

 癒しは、人それぞれの方法がありますが、芸術はネェさんの命の泉

 でも、やはり、今のマイブームは光・灯り・煌き・・・

 まず、房子師匠に付き合っていただいて、毎年やっているのは知ってても行った事のなかった、「江の島キャンドル」に・・・
もう、12~3年も湘南に住んでいますが、夜の江ノ島は初めてです
江の島キャンドルロボットみたいだった旧展望台(灯台)に代わって建てられたこれは、その姿から「江の島キャンドル」という愛称で呼ばれている。

キャンドルリバー

キャンドルリバー②5000個のキャンドルリバー


キャンドルグラデーション② 私としては、キャンドルそのものが揺らぐ姿が見たいものだが、屋外ではこういうガラスのランタンに入れ、蓋を付けないと風雨の問題があるのでしょうなぁ・・・(でも、ちょっと無粋・・・)

ウオーミングハート やっぱりハートは一番人気。写真撮る人で周りはいっぱい

光る径ほの碧い未知との遭遇のような道を進んで・・・・


キャンドルナイト私の知ってる江の島は、ちょっとうらぶれた、昭和の香り漂う観光地だったのに、知らないうちにオシャレなcaféが・・・・意外に知らない地元民
江の島流儀目に付いたお知らせメモ。オールシーズン、営業終了時間が日没・・・ファジーな営業形態・・・ここはジャマイカかどっかか

岸の灯り 向こうに私の住んでる陸の灯りが・・・。来年はカレシと来たいなぁ・・・

 夜の灯りと、水って大好きです。
私はお風呂は毎日、キャンドルで楽しみます。
白い色のバスソルトを使うと炎がセピアに染めてとてもラグジュアリーなムードを楽しめます

 そして、先週、今週のネェさんと言えば・・・



続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。