Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇スプラッシュマウンテン!!◇

 残暑・・・節電inのキャンドル作成にはキビシイ

 だって、山から降りてきたら、気温はともかく、巷には秋のムード漂いウチのサロンもカボチャ祭りのお飾りしなくちゃ・・・
んだら、キャンドル作んなきゃ!cid_05@110906_120911@______N01B@docomo_ne.gif

 棚卸もあるし、秋フェアと商売もおろそかにできない・・・・じっとしてはいられないが、焦りは禁物・・・。

 仲秋の名月だしともかく満月を堪能しようではないか

IMG_0090_convert_20110914124319.jpg上ってすぐのまだ大きくて黄色い月

2011091411410000.jpgお月見

 てな、ことで、ピカピカのお月さまを夜遅くまで堪能したら・・・・

そう、富士山報告ザンス

 8/31早朝 天候 曇り時々雨

 久々登場のキムヒデ神職のお祓いを朝食後受け、神妙な気持ちで宿舎を出る。(自分も祓ってもらってるから写真は撮れない)

 台風12号が接近する中、去年に続き、今年も「スワン」改め「さる隊長」のもと、一同誰も出発を疑うことなく出発

 まずは浅間神社で、御山に入らせていただく事、それから、みんなの無事を此の花咲哉姫に御挨拶&お願いする
富士・修業登山 2011+076_convert_20110914122909

富士・修業登山 2011+027_convert_20110914114346
富士・修業登山 2011+023_convert_20110914115509

富士・修業登山 2011+032_convert_20110914114534 登山開始 緑は雨露に濡れ色を濃くしている

富士・修業登山 2011+033_convert_20110914115235自然は驚くような造形を見せる

富士・修業登山 2011+041_convert_20110914120333登山開始から一時間。比較的穏やかだった天候も徐々に雨粒が大きくなり始め、視界を閉ざし始める。この後、全員雨天時の装備を整える事となる(緑のシャツはFなみKおり)

富士・修業登山 2011+049_convert_20110914121433それでもお花達はキラキラ潤って綺麗

富士・修業登山 2011+036_convert_20110914120015どんなクリスマスデコレーションも叶わない。天然のクリスタル

富士・修業登山 2011+044_convert_20110914121205キノコも嬉しそう

 昨年は一週間以上降雨が無いカラカラの富士山だったから、今年の富士はミスティーな味わいで。マイナスイオンもたっぷり。
みんな、レアなミステック富士を満喫します。晴天だけが味わいちゃいまっせ~

富士・修業登山 2011+050_convert_20110914121619 今年もバニラの香りの野イチゴを食べられたホントに元気が出るんだよね~

富士・修業登山 2011+048_convert_20110914121309森林限界を超えると風雨が強くなり、一同 「暴風・東海道五十三次状態」ですが、画像のイメージに反して、皆、某浦安にあるネズミの国のアトラクション並みにキャーキャー騒いで楽しんでるって、アタイ達おかっし~なぁ~

 段々、雨脚が強くなって、時期的にほとんどの茶店も締まって休憩も立ったままとかなんだけど、そん時食べるお菓子がやたら旨い! 交換っこした、もらいお菓子もまた格別

 今回のオヤツランキング
1松ケンCMでお馴染み三幸製菓の旨口しょうゆ黒豆煎餅
 2昭和の日本のお菓子ギンビス・アスパラガス
3なでしこ澤選手でメジャーになった、熊本フジバンビ 黒糖ドーナツ棒
4ダイエット中、下界で食す事は許されないガルボキューブ
5去年もランクイン オヤジからも大絶賛!ブルボン味好み(今年はわさび味)

 さてさて、そんなオヤツタイムにも盛り上がりながら、一同 標高3200メートル七合目「見晴し館」に無事到着
富士・修業登山 2011+059_convert_20110914121856ネェさんはまだまだ元気です!cid_06@110906_120920@______N01B@docomo_ne.gif
 

富士・修業登山 2011+056_convert_20110914121745もはや誰か判別不能ですが、左が房子ネェさん 私の横のオレンジのヒトは、パーリーローズ札幌サロンのしおり嬢

山頂まであと500メートルあまりという地点の気温は8度 レインウエアを着ていても濡れ鼠の私達には、山小屋の御主人が用意してくれたストーブが有難い
濡れた装備も身体も乾かしながら、みんなで談笑。
富士・修業登山 2011+064_convert_20110914122133
富士・修業登山 2011+062_convert_20110914122022晩御飯のカレ―

 この後、台風は予報通り、私達のスケジュールに合わせたようにピークにさしかかり、山小屋での夜は暴風雨の轟音がBGM
後から聞いたら、「このまま三日暗いここに居るのかなぁ~」と、深刻ではなく、かなりのんきに思ってた人もいたらしい

 山小屋の常として、トイレは屋外にあるため、そんな状況でも催した場合は行くしかない
カッパを着て長靴はいてもビショビショだし、
八時に就寝してから、真夜中前にFなみちゃん、Kよみちゃんとツレ○○(といっても、一人づつしか行けないんですが)行った時はピーク中のピークで、行きは暴走シャワーで洗顔状態、帰りは風圧で下界までピューっと飛んでいきそうな具合でしたが、それもナカナカ面白い体験でした

 贅沢大好きなネェさんですが、山に登るようになってから、ゴウニイレバゴウニシタガエ ということを覚えました。

 今回も人間が濡れる事でいかにダメージを受けるかとか、今の便利な生活が特別、または、行き過ぎなのであって、本来の生物・人間としての生活は不便があるくらいで辛抱すべきなのだ。
そうでないと、何ものにも感謝できず、すぐに不満をいうようになってしまうとも・・・・。
 と、つくづく感じました。

 東北で被災した人たちは、真冬の気温の中、津波で潮水をかぶり、逃げた所でも身体を洗ったり乾かしたりする術さえなく、家や家族をも失ったその時の心情のいかなことだったかを少しだけ分かった気がします。
それでも、不満を言わない東北人に頭が下がりますし、自分もそうであれるように鍛えないといけません。

 そして、そんな厳しい事態に見舞われなかった恵まれている私達が、与えられた環境に不平を言うのか、それとも、本当に良い面だけを受け取るのかという事を体感を通して学ぶ機会となりました。

 
 さて、いつも他所では寝付かれないネェさん、また真夜中に一人起き出して来ると、さる隊長がみんなの洋服が乾いているかをチェックしていました。

 濡れたままで体温を奪われると低体温症の危険があり命にかかわるからです。
いつもながら、頭が下がります。

その時に、二人で山頂は流石に風速が半端ではなく、岩(!!)が飛んできたりして危険すぎるから、ここから明日は下山だね。という話をしていました。
台風12号ったら、私達がスキなのか、今に限って静岡県富士山周辺だけがモロ影響うけているという素敵なお天気
でも、ここまで、休憩を減らしペースをアップしても不平をいうどころか、楽しんで登った皆はすごくエライと言ってくださり、ネェさんはすごく嬉しかった

 皆のタフでハッピーなハートにハレルヤだ

 そして、翌朝 八時 どんな暴風でも来いや!cid_02@110906_120825@______N01B@docomo_ne.gifと、気合いを入れて下山を開始するが、あらま、どうでしょう!それまでの大荒れが、私達の出発とともに穏やかに・・・・
さる隊長か房子がモーセの生まれ変わりかも知れない・・・・ミラクル

P9010056_convert_20110914122723.jpg皆、砂走りのスロープもアトラクションのようにこの楽しみよう

P9012561_convert_20110914122513.jpg房子ネェさん渾身の登頂記念横断幕だったけど、御来光と山頂以上の体験をしたから良いよね

 そして、午前11:00頃早くも無事下山。
富士・修業登山 2011+077_convert_20110914115634下山の報告と無事への感謝も忘れません。



2011091412230000.jpg下山の証し、五合目の茶店の絶品、天然木の子パスタ

 2011090611240000.jpg暴風雨にもめげずに今年もコレクション 富士山ハートストーン
去年はただ自分のためにだけ探したハート石でしたが、今年は様々な事情で登れない近しい人たちのために根性で探しました。
この浄化の雨に浸された富士の石で、私達と同じパワーを!
富士・修業登山 2011+042_convert_20110914120858これは登山途中にあったもの漬物石くらいあるので流石に持ち帰るのは無理でした

 ここで全てを紹介しきれるものではありませんが、様々な貴重な体験をしました。

 そして、台風と分かっていても、誰ひとりキャンセルすることなく迷うことなく参加して下さったメンバーの皆さんに敬意と感謝を言いたいと思います。

 そのパワフルさ、ハッピーさに自信を持って行きましょう

 そして、内心は様々な心配や決断があったであろうけれど、私達を安全に導いてくれたさる隊長始め、プリンス、マユゲのガイドチーム、さる嫁はじめ、陰でバックアップしてくださった全ての方々にもにも大きな感謝です

 キムヒデ神職 しおり嬢も おおきに有り難う

 房子ネェさんもお疲れさまでした

 私個人としては、早くも来年、また富士山に登る事が決定です!cid_02@110613_220328@______N01B@docomo_ne.gif

 ここ十年、東京を離れてからの私は、どんどん自然なしには生きていけなくなっています。
去年、さる夫婦と知り合ってからはさらに加速。
価値観もどんどん変わってゆく。
山ではスッピンを見られようが、天パの髪の気がコントのかつらみたいになっていようが、いまでは全く気にならなくなりました

 これから、もっともっと身体を鍛えて、色んな所に行きたいな・・・・とネェさんは思うのです。
自然は、偉大なる教師だから。
富士・修業登山 2011+085_convert_20110914123024下山翌日の御殿場には大きな虹が掛った(お宿の窓からは全体写せず)


 みんなも、私と野生に戻ってみませんか~~~~~~~!cid_08@110906_120935@______N01B@docomo_ne.jpg


後日談

2011091411420000.jpg
今日もさる隊長は元気に走っています Byさる嫁報告
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

❀散華❀

 台風一過・・・と、簡単に言えないような被害を残し、(被災当事者に申し訳も無い事だけれど)地震の記憶が薄れ始めた今の時に、自然は戒めのように再度、その力を見せつけました。

 己が事で無い時、いくら共感していても、やはり同じ思いを共有し続けると言うのは、只の人間にとっては至難の技であるのを痛感します。

 そんな中、先日の記事でも載せた通り、私達はパーリー・房子ネェさんとの、輝かしき企画第一弾
「富士スピリチュアル・ワーク登山」を台風12号の挑戦を真っ向受けても決行してまいりました!cid_02@110906_120825@______N01B@docomo_ne.gif

 その模様を、種々の御事情から参加できなかった皆さまに、そして、伴に修業した御参加の皆さまに、二回に渡ってお届けしたいと思いますイエ~~~!cid_02@110613_220328@______N01B@docomo_ne.gif

 さて、本日は8月30日。登山前日に行った、
キャンドル・ナイトの模様

 当日まで房子ネェさんにもヒミツだったテーマは
「散華」(サンゲ)

これは仏教に基づくものです。

 京都の法然院では、御本尊・阿弥陀如来様の前に、二十五の菩薩を象徴する二十五の生花を文字通り 散華=散らし置いてあります。
HONEN-IN-005.jpg
菩薩とは、如来の手助けをし、人間との橋渡しをして下さる存在です(ちなみにお釈迦さまがシッダールタ王子であった時の姿なので、金銀財宝いっぱい付けているお姿です)。

そして、もはや全ての悟りを開き、至高の存在である「如来」になれるのに、あえて、人間に近しい「菩薩」で在り続け、私達を守り導く有難い存在です

 つまり、散華とは、私達を守る二十五の菩薩様を表す事なのです

 富士山は桜が象徴する、此の花咲哉姫であり、神道の御山ではありますが、理屈ではなく、私にやってきたイメージ=メッセージに従う事としました。
 そうしたら、房子ネェさんが、神仏習合でよろしいとお墨付きをくれたので自信もって行ってみよー

 もとい・・・

 当初、私が、このキャンドルナイトのテーマとして、考えていたのは、ブルースター・ボーディブという、オクタゴン=八芒星の形をした青い聖杯キャンドルを星空のように散らし、マカバ・スターという宇宙で最も安定した形状で、最も神聖な、立体のピラミッドが交差した形の星も配置して、天使の羽根の大きなピラー(柱)キャンドルを中心に置く、宇宙を作るつもりでした。

 それは、メディテーション(瞑想)で、私が一番好きなのが、ブルーグラ―ブ=青い球体 の瞑想だったからです

2011090614220000.jpg スターボーディブ

2011090614190001.jpg エンジェル・ウイング ピラーの習作。この三倍の高さを予定していた

 しかし、八月に入って少ししてから、私に仏教的なイメージが、ワァ~~~~~~~~~っと波のように押し寄せてきたのです。

 敬愛するダライラマ猊下の故郷、チベットの青い空にはためく虹色の布と経の声、如来と菩薩、蓮の花・・・・!cid_59E518674E5C41B7892B07399610E5B9@KokuryoPC.png
 そして、頭の中を、「散華」という言葉がグルグル回り、黒光りする伽藍の板の間に映る、燈明の揺らめきと、蓮の花のイメージ。
 そこから、インドの廟の美しい大理石の水辺に浮かぶ蓮のイメージもやってきました

それから三週間。
休みと言う休みの時間、家に籠って製作。
扇風機一台を頼りに(節電だ!)、汗みずくで、まるで棟方志功画伯のごとく、憑り付かれたようでした
 午前中から食事もとらずに、気が付くと20時ごろ・・・というのがたいていでして
2011090614200000.jpg 猛暑で室温38度ガリガリくんは欠かせないアイテムでした

 蓮の花は以前から作りたかったものですが、直ぐ固まるパラフィンを相手に、一枚づつ小刀で花弁を形成し、造形していくのはなかなか技術でしたし、ある程度のものは出来ても、納得いくものになるまでいくつも作り続けました。
そして、思考錯誤しつつ、いまだ100%納得のものではないにしろ、何とか及第点のものが、文字通り泥のような苦心から生まれた蓮の花でした。
2011090611230000.jpgデリケートなので現場までは手持ちで・・・

 そして、私の冗談から出来た富士山キャンドル
2011090611230001.jpg

 仏教的意味合いとともに、七つのチャクラの色を差すレインボー・ピラー
2011090615010000.jpg美しいグラデーションが腕の見せ所五色に見えるも、ちゃんと七色あります

 florence✿渾身の製作ですが、さて、皆さんに浄土を見たようなエナジーを感じていただけるのでしょうか・・・

 富士・修業登山 2011+002_convert_20110906151227嵐の前の美しい富士山 上空の天使の羽根のような雲が来る天候を知らせている(さる隊長婦人が連れてってくれた特別ポイントから)

富士・修業登山 2011+005_convert_20110906151344まずはお部屋の浄化から

 そして、始まりました キャンドル・メディテーション・ナイト

富士・修業登山 2011+015_convert_20110906152521
富士・修業登山 2011+017_convert_20110906152735

2011090616320000.jpg

2011090616320001.jpg


P8302407_convert_20110906130352.jpgそれぞれに一つ、思い思いに七色から好きな色のグラスキャンドルを点し、アファメーション(誓願)する

P8302410_convert_20110906131434.jpg

P8302361_convert_20110906122229.jpg

P8302382_convert_20110906122600.jpg

P8302405_convert_20110906125803.jpg

P8302406_convert_20110906130045.jpg
 この夜、驚いた事に房子ネェさんが行ったのは、私がイメージしたとおりの、ブルーグラ―ブ・メディテーションでした。
それは、何も話し合わなくても私達の波動がここに一つであるという証しかもしれません

 私が、このキャンドルに込めた想いは、

✡被災し、亡くなった魂が、迷うことなく浄土へ向かうよう、この炎で浄化されるように

✡私達が、他の誰かのために、持てる能力を発揮する存在となるように

✡神仏と一体であるように

 そして、祝福と感謝

 25個もの蓮は作れなかったけれど、散華の菩薩達に守られ、この神聖なる御山に登る事が許されるように・・・・

 さぁ、明日はいよいよ登山開始です

外は小雨が降り出しましたが、この撮影にも協力、ブログには久々登場の、キムヒデ神職が呼び寄せたせいでしょうか。
雲の向こうにおぼろな月明かりの左下、ぺかっ!cid_01@110906_150118@______N01B@docomo_ne.gif
と光るUFO発見!cid_04@110906_150118@______N01B@docomo_ne.gif!cid_03@110906_150118@______N01B@docomo_ne.gif

 うほほっテンション上ってきたがな!cid_04@110906_120857@______N01B@docomo_ne.gif

 次回、登山編 乞うご期待!cid_01@110906_120814@______N01B@docomo_ne.gif






テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。