Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週は臨時休業となりました

 申し訳ありません

 スマホの操作ミスで、たまたま かかっちゃったgenとの電話で、チベット話で盛り上がってしまい、就寝時間になってしまったので、今週はお休みです。

 来週には更新しますので、是非、遊びに来てくださいね

    みんなが心安らかで、温かい気持ちの毎日でありますように・・・

  宵の空に輝く〝エヴァンジェリーン〟(princessと魔法のキスに出てくる一番星の事)に祈りを込めて



スポンサーサイト

✡Angel gathering✡

 こんにちわんこ

 ちょっと近頃、新たなチャレンジがいくつかあって、少々忙しく、更新をさぼっちゃったネェさんです。
書きたい事は色々あれど、時間がおへんねん
小学生の時、一日はあんなに長かったのに、47歳の一日は何故こんなに短いんでしょうか???

 それはそうと、巷はヴァレンタインですね

 去年はイタリアのオジサンと盛り上がっていたネェさんも、今年はカンケーないナイと、Myチョコだけ買って、genへの義理チョコも、各方面への義理も仕分けてシカトしていたら・・・
DSC_0198.jpg近頃バイク事故に遭われたケンタロウ。プロデュースのMyチョコ
DSC_0200.jpg

 パーリー・房子ネェさんから、see'sのチョコが
DSC_0202.jpgショコラティエが作ったチョコは大好きだけど、マジダイエット中のため、毎朝、朝食後に1個だけと決めてチビチビ食べる
ありがとです
DSC_0203.jpg

 昨日、帰宅時にたまたまつけた番組で、フランス人ショコラティエが、「食事は生きるためのものだけど、お菓子はちょっと違う。疲れている時でも、宝石みたいなチョコを一粒口に入れると人は微笑む。だから僕はショコラティエ(チョコ職人)になったんだ」と言っていた。

 ヴァレンタインにチョコで大騒ぎするのは日本人だけだけど、欧米では大切な人に良くチョコレートを贈る
古代マヤでは、カカオにチリ(トウガラシ)を入れた飲み物は媚薬だった。
 そう思うと、やっぱりチョコには愛の要素が含まれているのかもしれない

 と、いいつつ、チョコもアイも今日の本題ではないので、本題です!


 皆さんは、自分のシックスセンス、つまり、霊感(霊感というと、オカルトちっくなイメージを持つ人が少なくありませんが、霊が見えるとかそういうんじゃありません)、
もっと分かりやすく言うと、直観とか、超感覚など、五感を超えた感覚もしくは能力を信じていますか?

 または、それらがあると思っていますか?

 多分、多くの善男善女の、控え目な皆さんは、「ナイ!」とお答えになる事でしょう。


 私も、オーラソーマやレイキ、タロットなど色々、学んできましたが、逆説的に、自分には特別な能力がないから、それが無くても出来るツールを学ぼうという発想でした。


 しかし、今年に入って、ここ最近特に、そうではない事に、徐々に確信が感じられるようになってきました。

とはいえ、もちろん、超と付く様な能力があるわけではないので、ヴィジョンやオーラが見えたりはしません(残念ながら)
 しかし、いままで、自分なんかが→この、『なんかが』っていうとこが問題なんですが、
その、自分なんかがキャッチすることは、視覚であれ聴覚であれ、感応であれ、思い込みや錯覚でしかないと、少しばかりグレたようなスネたような気持ちで否定していました。

 人には錯覚じゃないんだよ。 とか、言いながらその実、自分も『そう思いたい!』レベルだったのです。

 でも、今年に入ってから、私は、この10年未だかつてなかった意志で、神様や天使のサインを受け取りたいと思って、ワークに励むようになりました。

 セドナのナターヤという、チェロキーの末裔のサイキックに、私の本性は朱い尾を持ったホーク(鷹)と言われていて、確かに私は飾り物など鳥や羽根が大好きで空が自分のホントのお家だから良く目が行くのか、
このブログにも良く載せているように、写真を撮れば空や雲ばっかり撮っていました
(Fなみとgenが影響を受けて空を激写するように・・・)

ハートやドラゴン、前回記事のフェニックス、モンサンミッシェルではでっかい十字架などなど、数え切れない神聖な姿の雲を見上げて参りました

 しかし、ネェさんはそれらに感じ入りつつも腹のどっかで、でも、私なんかには「啓示」などではなく、たまたまそう見えただけなんだろうという考えが拭いきれなかったのも事実です。

 しかし、11月のアセンションあたりから、確信の糸口が見え始め、2月に入ってから、それらは確実に自分にもたらされたメッセージだと断言できるようになりました。
NEC_2438.jpgアセンション当日に振り掛った問題に対しての啓示以外に否定のしようもないフェニックスが確信の第一歩だった=これも鳥


 アファメーションしてから、神様と天使は様々な形で、「錯覚ではないよ~」というサインをいくつも出してくれました。
空だけでなく、それはありとあらゆる手段で
NEC_2434.jpg

NEC_2372.jpg

DSC_0170.jpg それはもう、天使と羽根が断トツで多く現れる

 このように、私(鳥)には、空または雲という形をとる事が多いですが、メッセージのキャッチ方法は人によって様々。
その人に一番分かりやすい形で来るそうですから、少し注意してみてはどうでしょうか?

 今、熟読中の本には、誰でも鍛え修錬すれば、多かれ少なかれ能力の開花はあるのだそうです。(私もそれを信じて練習するようになったのです)

 キーワードは「疑わない事」と、本は繰り返し教えています

 そういう私も、やっと入り口を入ったという段階に違いなく、まだまだ努力が必要。
ただし、ユリ・ゲラーになりたいわけじゃなく、能力開発が目的ではありません。自分磨きのために、信頼できる直観力が必要と思っているだけです。

 いつもすぐにブレる自分。自分の感情の強さに引きずられる自分。そんな自分に勝ちたいし、勝とうと思っている。そんな中でのチャレンジのひとつです。

 皆さんには皆さんの守護天使や神様や、ご先祖がいます。必ず等しく存在します。
私は、彼らを直接感じたい、対話したいと強く願いました。

自分を守ってくれている存在とアクセスできたら、それは素晴らしい事と思いませんか?
そう思う人は是非やってみて


テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。