Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☀光に生きる☾

 5月20日、湘南の夜空は鈍より雲って、時折風が唸ります
気温も低く、明日は雨のようです

 今朝は金冠日蝕でしたが、皆さんはご覧になりましたか?

 私は、前回記事のgenのコメントの返事にも書いた通り、部分は見たもののリングは見る事ができませんでした

 前回の皆既日食とか、流星群とかはさほど気にもならず、見逃した所で何とも思わなかったのに、なぜか今回だけ、自分でも訳解らないくらい、見逃しに落ち込んだ私

 な~んかね、素晴らしい宇宙のエナジーを私だけ受け取れなかったように思ってしまったんです

 しかし、何事も必然的に起こるという法則に従うなら、意味がある筈です。
DSC_0618.jpg日蝕の日のとても意味ありげな雲私には女神のように見えた。
天照大御神様?


DSC_0622.jpg三柱の神様に感じられた不思議な雲


とりあえず、近所の伊勢山皇大神宮に赴き、天照大御神様に、
「金冠が見られなくてとてもショックを受けています。なぜ、私は見る事が出来なかったのか教えてください」と、伺ってきました。
帰宅後、神様カードに聞いてみたら

 最初にお出ましになったのが産土様、この方はまだ、どなたかハッキリしていないので、メッセージも解らないから、もう一枚引くと「金山毘古神」伊勢に向かう車中でもおいでになったお方ですが、
この神様。比較的良くおいで下さるものの、私には今一つ、明確にメッセージが理解しづらいと思っている事も確かなのです。(かなやまびこ様ごめんなさい

 だから、お二方の神様には失礼ながら、もう一度、「解らないから、もっと解るように教えてください」とお願いして、新たにカードをひきました。

 お出ましになったのが、「高御産巣日神/神産巣日神 たかみむすひのかみ/かむむすひのかみ」という二神で、陰と陽または、形あるものと無いもの、もしくは、天と地を象徴する神様です

まさに、太陽と月が一体となるこの日にふさわしいお方です

 お二方は「産巣=むすひ」の名の通り、生み出し、生成する力そのものの神様

 形あるものを知り、形のないものを信じなさいというのが御言葉です。
固定観念や恐れの詰まった箱から飛び出せとも・・・。

 その時には、分かった気もするけれど、分からない気もする・・・みたいな感じでした

 それ以来、今日は何もかもがうまく回らず、気持ちも立て直せず、ちょっとイライラ・ネガネガに陥りかけたのですが、
そこで、否!と自分に問いかけ喝入れた
いつものように、闇に取り込まれるパターンにハマるのか取り込まれかけてるゾ

 Absolutely useless!! 

 しかし、瞬時に気持ちを切り替えるという訳にはいかず、半日以上を費やしてのブサイクな形ではあるが、何とか、気持ちを立て直し、悪しきパターンを回避できたのではないかと思う

 そして、思った。

 これは天照大御神様からのワークである

 金色の光の輪を見なければ、この日蝕と新月における宇宙のパワーを得られない見逃した私はパワーを得られなかった。

 この思考は、私の古いパターンそのものである事に気がつきました

 今日までの私は、有名な聖地でのスピリチュアルワークだとか、セッションだとか、時にはストーンや。そんなようなものが拠所になりすぎてはいなかったか?!
それを逃すと自分には聖なるパワーや、ハピネスは来ないように思っていたか、あるいは、それを見たり、体験したり、所持することだけで安心していたのではないか

 もちろん、それらが無意味だったとは思わないし、其々に素晴らしく、私の人生での大切な時間であったことも間違いは無い。
 しかし、それらを否定するという事ではなく例え、そこに行かなくても。それを見なくても、持っていなくても。

 全ては私の中にある。あるいは、私次第なのである。

 そう二柱の産巣日神様の御言葉、
固定観念や恐れの詰まった箱から飛び出せ

 全ての事は、己のみで良い。つまりは、完全な自己完結であるものではなかろうか。

 と、いう考えに至りました

 見ても、見なくても(見たかったけど)太陽と月のエネルギーは、この地球全ての人に降り注いでいる
だから、ちゃんとそれを受け止める事が大事なんだよ、うん、きっと

 神さまうんと気をつけて、ちゃんと光の道を歩きます!cid_03@110906_120834@______N01B@docomo_ne.gif
そしたら、御褒美に、2030年6月1日に北海道で、金環日蝕見せてもらえるかな~
DSC_0625.jpg物質の中にも、本当に特別な意味を持つものもある。いつもは細部にまでこだわり、身に付けるものなど絶対に人任せにする事のない私が、パーリー・ローズの房子姉さんに、完全にお任せで作成してもらった、光の道を歩むためのブレスレット
100%ビジュアルもエナジーも完璧ほとんど愛していますほぼ24時間身に付けているか、すぐそばに置いている。流石です!房子姉さん


P・S
 翌日。気温14度 風雨強く、夜の様。
フリースとストーブ再登場明日は27度の夏日らしい・・・どうなってんの

 DSC_0623.jpg

 皆さんご自愛くださいませ


 
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

赤福・カツ丼・伊勢たくあん

 御免くださいませ

ゴールデンウイーク後半もお金を使わずカロリー使ってナカナカ満足なネェさんです

 皆さま方は、どんな連休でしたかいな

 断捨利でスッキリしたネェさんは、計画していた「お伊勢参りを楽しみに、ひかり号(小田原はローカルだからのぞみは停まりません)に乗って京都に帰りました

 でもな~~、天気がイマイチ心配なんだよな~~~~
 週間予報も外れっぱなしだし、今日も雨

 シヤイヤ富士山のサル隊長のお言葉を忘れちゃイカン

合言葉は「どんな天気もイイ天気」デシタ

 てなことで、家族リクエストの帰省土産である、藤沢の家の近所のうなぎ屋の蒲焼き(今年は値上がりして高級品だが、ココは隠れた名店で絶品)を食って景気付け(?!)し、翌日に備え、早めの就寝

 当日、朝はどんより天気で気温も低めなものの、何とか雨はまぬがれた
渋滞を予想して早めの出発です
DSC_0442_convert_20120513180544.jpg
今日は姉の聞きこんできたなコースなので、車です
メンバーは、ネェさん姉妹とやっぱりgen


 いつものローカル線の旅もいいけど、やっぱ、車の旅は楽しいな~~~~
アタイはペーパーだから乗っかってるだけで楽ちんだし、荷物も気にしなくていーし(いろんなもん持ってっちゃえる)コンビニに寄って朝ごはんやオヤツ買うのもスキサービスエリアもナンかワクワクするよねぇ
でも、ウチのねぇちゃんと一緒の時は、基本、持参のおにぎりしか食べる事を許されない

 遠出をしたときのみ、その地の名物をナニカ一品のみは食べる事を許されるのである
タラタラ歩くことも許されない!cid_05@110906_120911@______N01B@docomo_ne.gif

 全ては節約とカロリーの無駄な摂取の阻止&最大限のカロリー消費のためである!cid_02@110906_120825@______N01B@docomo_ne.gif

 我が姉ながら、トレーニングマニアで風情もヘッタクレも無いが、後7キロ痩せない限り、文句を言う権利は妹にはナイ((+_+))

 そんだもんで、ネェさんとしても、無駄なカロリーの接種は避けつつ、一路、伊勢へ

 車中、私が持参した、日本神道の神様カード ㊟オラクルカードというカテゴリーのカードで、神様や、アセンデッドマスター、天使や動物のものなど種類は様々ある。自分が繋がりやすい存在がテーマなものであるほど、メッセージの精度は高くなると感じます。
それをそれぞれに引いてもらったところ、
genが天照大神(あまてらすおおみかみ) お姉ちゃんが 月読命(つくよみのみこと)
お見事!伊勢の大神とその御兄弟

 いつもはイマイチ信じてない、姉もgenもこれにはビックリ
 すっかり心酔しちゃったみたいで、
「コレ、どこで買うたらええの
と、二人とも異口同音
翌日には二人とも買っていたという素早さでしたがな

 自分で言っちゃうけど、アタイって、有りがたい事に、日本の神様には可愛がっていただいているようで、
オーラソーマの武藤悦子先生が主宰されているディヴァ・ライトで講師をさせていただいたセミナーも、化粧(けわい)と神事についてだったし、
パーリーローズとの初の共同企画も富士登山ワークだったし、

 イエス様についても、聖書の世界も色々勉強したけど、(イエス様も天使も大好きですが)
まんまんちゃんあんしといない」※神様仏様に手を合わせてきなさいの意
といわれて育った京都人としては、やはり、最後に落ち着くところは日本の八百万の神なのですな

 だもので、このカードは、私にはエンジェルカードなどの他に比べて格段に正確な御言葉と神様が降りて来てくださいます

 ちなみに、その日、ネェさんにおいで下さったのは、金山毘古神(かなやまひこのかみ)
 この方は包丁や刀を司られる神様で、五感を使って日常を楽しみなさいというメッセージ
 
 だから、今日は、スピリチュアルワークもいいけど、お昼ごはん(今日はおにぎり持参じゃないから)や、ドライブや、観光をベタに楽しむ事にしました。

 だから、お宮の中では一切、写真を撮らずに五感で感じる事を優先したのです。
お伊勢さんは以前にもここで紹介しましたし、どんなかなと思われるなら実際に行って、その目で見て来てはいかがでしょう

 そんなこんなで、予想では大荒れの天気と伝えられた、東海地方でありながら、ネェさん一行が到着する頃には、モーセの十戒のごとく、サァ――――――ッと雲は晴れ、カードで予告されたように、天照大神様がお出ましになり、ドピーカン

 暑いくらいの陽気となると、観光客があちこちにある、赤福の旗が立つ緋毛氈に腰掛け食しているのが赤福氷
aka_koori_pic_01.jpgこの中に固くならないように工夫された赤福が潜り込んでいるらしい


 行く前から、さんざんgenが騒いでいたブツで、この日も、あのオトコは一日中このことばっかり言っていた。
「そんなゆーにゃったら、たべたらえーやんか!」※そんなに言うならさっさと食えの意

 と、ウザいので言い放ってやると、宇治氷がベースなのが気にくわない¥500(画像イメージより格段に小さい)は高いというので却下となりました。

 もちろん、ほぼ全ての観光客がお土産として購入する赤福餅も、おねぇちゃんの「いらん!」の一言で却下

 そうこうしながら、外宮㊟豊宇気毘売命は、天照大神が手助けをしてもらうために招いたいわばゲストなので、お参りは外宮から先に・・・と言われている→内宮→月読宮とさくさくお参りを続けていると、
いつもは、こってりした京都弁の姉が、手水舎で手を清めている時、柄杓を手鏡のように持って、
「おもしろいものがみえるよ」と、標準語の妙なテンションで・・・・

 ナンかコワれたかな・・・・と思いつつ、柄杓を見てみると、
DSC_0446.jpg奥に、うにょろっと、黒いカタツムリがツノつきだして・・・

 あーあー、ナルホドねこれで汲んだ水で、口すすいじゃったのね(ぎゃ~~~~~っはっはっ
にょろにょろ嫌いなお姉ちゃん、衝撃大き過ぎでリアクションが固まったってかギャハハ
その後、口をつぐんで何も言わないあたり、トラウマ確定だにゃ

 しかして、少し離れた場所にある月読宮は、ゴールデンウイークでも静かで、かなりヒーリングなお宮でした。
前回、友人と来て以来、姉のお気に入りポイントのようで、月読さん、月読さん、とかなりフィーチャーしていました。
ちなみに、月読命は、言わずと知れた月の神様で、男性性と女性性を併せ持ったお方です

 そして、フィーチャーにはもう一つ、大切なポイントが
DSC_0444.jpg
おにぎり持ってきてない今日、唯一許されたお昼ですよっ
ここも、前回に姉が発見してきた超穴場

 あまり観光客も入らない国道沿いの綺麗でも無い飯屋ですが、これがどうして。
DSC_0443.jpg伊勢カツ丼でございます

 質の良いロース肉に細引きのパン粉でサラッと揚げられたとんかつは、特製たまり醤油にくぐらせてあり、これまた上質のご飯にスライスオニオンを乗せ、たまり醤油をかけた上にカツがON!卵とじなどはしておらず、そのシンプルさがナイス!
あっさりさっぱり、素晴らしくウマい逸品
今日は、到着時からお昼はこのカツ丼を目指していた私達。大満足

 お姉ちゃん、デンデンムシ事件、払拭できたかいな(キシシ

 ゴールデンウイークなどの休日には、やはり、伊勢は祈りの場より、観光スポットと化してしまい、あの、鳥居をくぐるなり感じる、ピンと張りつめたような清廉な気はかき消され望むべくもないけれど、

 そして、相変わらず修業足らずのネェさんは、神前であるという認識が無く、行儀の悪い人々に、イカンと思いつつ、ハイジのロッテンマイヤーさんみたいな気分になるのだけど、

 きっと、大神様は、そんな私達をお許し下さってるのかな・・・と感じたネェさんでした
そして、帰路の車中、真正面に、出ました出ました今回も大八島(おおやしま)!日本列島でございます
DSC_0453.jpgいやっ!日本の地図や!私が指さすと、一同「ほんまや~~~~」

 旅行追記

 伊勢については、私以上にマニアックな姉情報その二
伊勢たくあん
DSC_0602.jpg酸味の強い古漬けの苦手な私なので、これは鰹節で漬けたアッサリタイプ

私も知りませんでしたが、伊勢名物は赤福ばかりでなく、それより古くから名物として親しまれた御漬物だそうで、本来はぬか漬けがトラディショナルだそうです。漬けもの好きな姉が購入。
低カロリーゆえに、私にも購入許可が出ました
  
 今回は時間の都合で、瀧原宮にお参りが出来なかったので、また行きますとも、私達!といいつつ、お決まりのお好み焼きディナーでその夜を閉めた私達でした

 P・S
 どうしてもかき氷が頭から離れなかったgenは、帰路のサービスエリアでもおいしいソフトかかき氷を探し求め、京都のギリ手前のサービスエリアにミニストップがあるから、そこでハロハロをGETすることに命をかけましたが、ハロハロは販売していませんでした(ギャハハ)赤福氷の祟りである








 

 

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

Listen to the heart ✫Hansel’s shiny stone✵心の声を聞く 

 こんにちわ
ゴールデンウイーク皆さん、何してますか?

 ネェさんちの庭にはイチゴの花が咲き、姫宇津木の白い花が、小さな滝のように美しいです。
DSC_0439.jpg

DSC_0436.jpg白い花は私の一番好きな物。今年は寒かったせいか宇津木の花つきが悪く淋しい

 ネェさんも日曜からホリデー

今日までの前半は大・断捨利に励み、ナイスバディで六本木をブイブイ言わしてた時のブランド服やGAP時代の服、sex&the cityのキャリー並みに持っているハイヒールを、連芳張りに仕分け、
 人に差し上げたり、リサイクルできないものは、今朝の資源ごみでバイバイしました

 断捨利は時々するのですが、スイートなデートの思い出があったり、若くて美しかった時の自分へのノスタルジィで、何度も仕分けを逃れてきたツワモノ達を今回は決断してサヨナラしました。
過去の物が捨てられないのは、自分の古い思考(行動)パターンを変えられない事と同じ事だから、思い出はココロのデータバンクに仕舞って、超お高かった洋服達に御別れを言いました

 ゴミステーションの前で、「長い事ありがとう」と感謝を述べて

 先々週には、講師時代の資料や、若い時に書いた小説の原稿などもがっつり捨て去り、ゴールデンウイーク明けには布団類を大型ごみの収集に申し込んであります

 思えば、私はずっとずっと過去と決別できずに、というより、現在と現実、もっと言えば自分自身に向き合えず、古い自分の思考パターンと決別する勇気を持てずに来たのだなと、しみじみ感じます。

 しかし、心の声に耳を澄まして、脳みそががなりたてている言い訳をシャットアウトしたら、断捨利でも、ワークでも、自分が今すべき事の指令は、正しく心(ガイドスピリット)が発信していると解ります

 だから、もし、貴方が、ふと何かをしようと感じた時には、何かかにか理由をつけて、後回しにしたり、黙殺したりしないで実行してみる事を選択してみてはいかがでしょう。

 ポイントは、ふと感じるところを採用すること。
 注意点は、でも、だって~とあとから脳みそで考える言い訳は断捨利すること。

 前回も書きましたが、心の声は、貴方を光に導くヘンゼルの白い石です

 でも、暗い森の中では、白い石は微かに光るのみ、心の声も囁きのように直ぐにかき消えます。だから、よーく耳を澄まして、ようく目を凝らして、心に意識を向けてください

 そうじゃないと、五月蠅い脳みそのお喋りに紛れて、キャッチする事はできませんから。

 ところで、現実は心を映し出している。ということを再確認する事がありました。

 お馴染み、フローレンス一味のFなみKおりちゃんから、ハワイ(鳥取ではなく、アメリカ)のビーチで白サンゴのハートを見つけたと聞き、とても魅かれたネェさんは、お願いして、セドナで命がけのクライミングをしつつ見つけた、ハート石と交換しました

DSC_0433.jpg完璧なハート型でしかも大好きな白!!私の宝物になっています

 このハート型の鉱物もしくは有機物。私のブログにはよく登場しますが、そんなに簡単に見つかるものではありません。

 一昨年、屋久島に行くという兄に、見つけて来てくれるように頼みましたが、川で頑張ったらしいものの、せいぜいこの程度
DSC_0442.jpg

 富士山は火山岩で柔かく削れやすいので、その性質から結構誰でも見つけやすいのですが、それでも、完璧なフォルムとなるとなかなか簡単ではありません。
2011090611240000.jpg

 特に、セドナのレッドサンズロックはハート型を形成するには固い石です。
しかし、綺麗な形のものが無い訳ではなく、手に入れて持ち帰る人も大勢います。

 でも、セドナで初めて、ハート型の石を探すという体験をした時の私には、本当に、半泣きになるほど見つける事ができませんでした

 小さい時から、貝殻を拾ったり、お花を摘んだりする事が得意で、細かい物も人一倍見逃さない、妖精の触角を持ってる私がです。

 友人達がとっても素敵な石を見つける中、本当に見つけられなくって泣きそうでした

 だって、ヴァーシング・ケイブというハートの形をした洞窟の所で、ハート石を見つけた人は、愛を手に入れる事ができるのですから。
IMG_2133_convert_20100525131557.jpgヴァーシング・ケイヴ


なんとか、それっぽいものは見つけたけれど、それは、すごくすごく未熟でいびつなハートでした

 でも、この長い旅行が終わる最後の最後まで、私はハートの石を探したのです。

 そして、本当に、今日で最後と言う日。

 ニューエイジ・ミュージックのミュージシャンであるジョンが、ヒミツの場所だからと、特別な時にしか行かない、シャーマンズ・ケイヴに連れて行ってくれた時に、しかも帰り道でやっと見つけたのがこれ。
DSC_0441.jpg

 男性的な白灰色の石は、至る所赤い石ばかりのセドナでは珍しいもの。
ジョンが「ココロ~♪」(彼の中ではハート型はココロという日本語に訳されるらしい)とはしゃいで、ハート型っぽい(大してハート形じゃなかった)石をつついていたその足元で見つけた。

レッドサンズロックの小さい方のハートは、画像では見えないが、この形に砕けてからまだ時間が経っていないのか、下に向いている断面が鋭角的で、まだまだ自分に向き合えず尖っていたその時の私そのものだったんだと、今は思える。

 未熟な形や、尖ったハートは、その時の私の心の現われ。
 
 ハートの石は探す人の心が見つけ出すものなのだと感じています。
 
 そう言う意味では、ハワイでKおりちゃんは、愛に満たされていたのでしょうね。いいなぁ

 でも、私の白灰色の方の石も、大きくて、優しそうな形でしょ。この石みたいなパートナーが現れるに違いないと私は信じてるんです
 その前に、尖った自分をまろやかにしとかなくちゃだけど

 そしてね、次にセドナに行ったら、私はきっと綺麗な形の赤いハート石を見つけられます必ず

 あれから、時が経ち、このブログでもご紹介しているように、私にも沢山の綺麗な形のハートが訪れるようになりました。
そんな自分は、ちょっとナイスと思ってる

 連休に、どこかに遊びに行ったら、貴方もハートの石を探してみては?

 石じゃなくっても、お花でも、葉っぱでも、自然の中には貴方だけの「愛」がこっそり待っています。

 そして、空を見たら、ハートの雲が見えるかも

 心に、じっと耳を澄ましたらね


テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。