Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAPPY HALLOWEEN☆

Trick or treat !☆
お菓子くれなきゃ、イタズラするぞぉーーーーーーーーー
の、今日は10月31日
万聖節=ハロウィーンの日です。

私は幼稚園からずーーーーっとキリスト教の学校で育ったもので、こんなに世間がカボチャ色に染まるン十年前から、秋はハロウィーンの季節でした。
しかし、私が子供だった30・・・・いや・・・40年ほど前に、一般では 「はろいん?何じゃソリャ」 な空気で、カボチャといえば、緑で小振りな南京しか手に入らず仮装グッズや、お菓子なども望むべくもなかったものです

今は、ティム・バートン監督のナイトメア ビフォア クリスマス & ディスニーランドのアトラクションでとてもメジャーになりましたね
私の姪と甥は高校生と中学生ですが当時まだ小さかった彼らに、この映画を見せてやったところ、すっかりハマって、今でもジャック・スケリントンの大ファンです

 私もナイトメア ビフォア クリスマスは大好きですが、それよりも何十年も前、ウオルト・ディズニーが存命中に製作された「イカボート先生の怖い森の話」が昔も今も大好きで、毎年この時期になると古い古いビデオテープを見て楽しみます。これは、ジョニー・デップ主演のスリーピー・ホロウのネタモトになったものです

しかし、こないだ、サロンで使うキッチンスポンジを某ダイソーに買いに行った時、ハロウィーンのデコレーション(ひゃっきんにこんなものまで売ってるとは!!!)を物色していた親子が、「ハロウィンて何時なんだろ」「ほんでハロウィンてナニ」って言ってるのが聞こえてきました  いや、実に日本人らしいコメントだな・・・と妙な感心をしてしまいました
日本人て世界でも稀に見る流行好きだと思うのですクリスマスも近いものがありますが、可愛かったり、楽しそうだったり、何かとイケてたりすると、意味なんかはともかくスグ飛びつきますよね
 まぁ、楽しみ上手と言えなくも無いけど・・・

 でも、せっかくだったら少しは意味を知って、映画やお家でのハロウィーンの夜をより楽しんでもらいたいなぁ・・・なんて思うんですよ

 で、ハロウィーンは万聖節というキリスト教のあらゆる聖人を祝う日です
しかし、古くはケルトに由来するもので、アイルランドからの移民が持ち込んだ収穫祭がカトリックに取り入れられたようです
しかし、クリスマスのように欧米ならどこでも祝われるというわけではありません


 仮装の由来は、この時期に悪霊たちが帰ってくると信じられていて、それならばいっそお化けの格好をしていれば、誰が本物かわからないから憑り付かれなくてすむと考えたからのようです
ふた昔ほど前になりますが、私が一時カナダのバンクーバーにいた時には、職場の向かいのモントリオール銀行の支配人の仮装はバットマンでした

 そして、あのカボチャ!ジャックオランターンには伝説があります

 昔々、卑怯で心がけの悪い、しかし、口だけは上手い男がいました。
男は、あることから命を落とし地獄の門までやってきましたが、天国行きか地獄行きかを審判する聖ペテロを騙して、この世に舞い戻りました。
しかし、男は行いを悔い改めることも無く悪人のまま生きたので、再び又死んだとき、罰として天国へも地獄へも行くことを許されず、暗闇の中を永遠に彷徨うことになったのです。
その時に男が悪魔からもらった提灯が、あのカボチャをくりぬいたジャックオランターンというわけ

 みなさーーーん。さっくりとハロウィーンが分かっていただけましたか

 私のサロンも今年はかなり本格的な飾りつけをしました
しかし、それも本日でお仕舞いで、ちょっと寂しいかな
これが終わると巷には早すぎるクリスマスグッズが・・・・

気忙しい季節になりつつあります
Happy Halloweenカボチャ


<< 焼き立て餃子はタクシーで(vv;) | ホーム | 手相は自分で作る・・・・?? >>


コメント

Hello, Wien!?

始めまして。

クリスマスのような輸入文化が嫌いなタワシです。
記事を読んで納得した事があります。
ほどなる!

メキシコでは‘死者の日'と言って、日本のお盆のような習慣があるようです。
お墓に行きピクニック(死者と生者の共食ですね)をするとか。

でもメキシコもアメリカナイズされており、バレンタインもアメリカのようにやるようになりましたね。

ところで、メキシコ人はアメリカ人をグリンゴと言いますが、これは昔越境してメキシコを侵略したアメリカ兵の制服に由来するとか。
緑の服を着ていたので‘Green go’って叫んだのが‘グリンゴ’になりました。
面白いのは形容詞にもなり、‘アメリカ製の’は‘gringo'(男性形)、‘gringa’(女性形)になって今日でも使われています。

余計な事書きましたね。
まあ、話題提供と言う事で。
失礼しました。

では

遅くなりましたが・・・

開設おめでとうございます。
コレコレ。これを待ってたんですよ。会って話すときの国領さんの話題って超オモローv-14やから、ブログしたら楽しいだろうなって思っていました。

でもね、まだまだカターイ。国領さんの魅力がまだ3%も出てないですよ。始めたばかりだから仕方ないけど、これからどんどん国領箪笥の引き出しの中身を見せていってくださいね。楽しみにしてま~す。

ハロウeeeeeンv-39。そんな意味があったとは知りませんでした。勉強になります。メモメモv-216

じゃね。バイ

キタヒデことヒデ坊。コメントおおきに、ありがとサン!メキシコかぁ・・・・なるほど、フムフムなエピソードでんなv-40
また、覗きに来て稀少話おせてください
あ・らーにんグゥ v-218

gen!「バイ」だとv-474
お前はディラン・マッケイな、なだぎ かっv-506
まだまだ一見さんのお客様には見知られてないブログなのに、イメージってもんがあるわいv-254
ふふん!今に見ておれv-319

でも、コメントさんきゅぅv-238

ちなみに、皆さんv-81
メキシコ話の、キタヒデおじさんは、神主さんでーーーすe-459

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。