Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋するオヤジ達♥

 Amore~♪Amore~

 狂い咲くflorence今週も、目いっぱいオヤジ達に萌える事が出来てSweetなflorenceネェさんです

 ドキュメント番組に、映画に、オヤジ萌え大豊作
神様とてもウットリです・・・でも、できましたら、画面の向こうのヴァーチャル・オヤジばかりでなく、どうか私の手元に、生の「萌え」オヤジをお遣わしください・・・・アーメン

 と、なんだか物狂いなムードで始まった今週記事ですが、気の重い確定申告と、ヴァレンタインの手作りスイーツ作業にへとへとになったために、今週のお休み、ネェさんは全ての予定をキャンセルし、お家に籠る事にしました
ホットチョコレートなどをマイセンかなんかのトールマグでいただきつつ、録画しておくは良いが、忙しくてついつい・・・保存してある事に安心してついつい・・・見ないで溜まる一方だったテレビ番組などをじっくり楽しむことにしたのです

 まずは、二週間ほど前にBSハイビジョンでやってたガウディの特集。
アントニオ・ガウディ・・言わずと知れた、バルセロナのサグラダファミリアの設計者です。
恋するガウディネェさんが萌えないのは、このルックスと、天才なのに鈍くさそうなムード・・・

 彼の建築については、学生時代から色々と見たり読んだりしているので、今更・・・なのだが、今回は案内役が、ネェさんの萌えスタメンのパンチェッタ・ジロラモ氏なのと、タイトルが「失恋建築家 ガウディ」という、
ちょっと気を魅かれるものだったから録画しておいたのだ。

 結構、知らない人も多いみたいだけど、ジロさんて、ただのチャラいイタリアの伊達男じゃないのよ。
彼はArchitecture=建築士なんですよ。(だって、ネェさんの基本はインテリオヤジ萌えですから)
 スペインとイタリアは陸路、電車でいくらも掛らないから、ジロさんは若い時から何度も、憧れのガウディ(の建築)に会いに足を運んでいるのだそう

 あ、余談ですが、ウチの「大工の源さん」ことgenも建築士です。
Architec・genなんざんすよ(←何故か“どや?!”的な、ほとんどオカンの心境)
 こっちは、伊達男というより、「娘道成寺」の美しい僧、安珍か、玄奘三蔵かといったストイックな風情(ホメ殺し)

 もとい、テーマはバルセロナ中に残る、ガウディの建築に「恋」が繁栄され、その才能の原動力となり得たか・・・。
んで、ナビゲーターが恋のマエストロ?!(現実にそうかどうかは付き合ってみないと解らない)ジロさん。

 ガウディは生涯で3人の女性に恋をしましたが、この売れっ子建築家は、名声にそぐわずモテなかった全てプラトニックなまま、失恋している

何という事でしょう(ビフォーアフター風)。あの黒川紀章でさえ若尾あや子をGetしているというのに次郎白戸

 真面目一辺倒、口下手でタイミングもムードもなんも無いなオトコだったからというのが番組評ですが。
私は、単にセックスアピールの欠如だと思います。
 
しかし、恋には常に悩む一方だったガウディが実際、建築にそれを反映させたかと言うと、確証はないけれど、
彼が最後に手掛けた個人宅「カサ・ミラ」(ミラ邸)の正面の一番高いところには、マリア像を設置するつもりでいたことからそれが推察できる。
 当時、スペインの内政上の問題で、宗教施設が襲撃破壊されている現状から、施主はこれを拒否、諦めきれないガウディは、自ら薔薇の花(マリアの象徴、キリスト教において特別な意味をもつ)を彫り上げ、マリア像の代わりに建物の一番高いところに据え、それは今も残る。
愛の薔薇を抱く家 カサ・ヴィセンスカサ・ミラ


 この頃のガウディは、たったひと夏だけ、お茶を飲む程度の付き合いだったフランス人の人妻へ、二年間も持ち続けていた想いを、自身の心の中に咲く薔薇のごとく昇華させた時期でもある。
ヨーロッパ人にとって、マリアとは母の象徴であり、全女性の頂点にある理想の女=マドンナなのである、それを鑑みれば、答えは言うまでもない
 ガウディその人自身には萌えないけど、こんな風に自分の事を芸術と言う形にまで昇華してくれるなんて女冥利に尽きるってものです
 しかし、実際には論じるまでもなく、芸術って、どのものも、原動力は恋もしくは愛しかないのだと思うのです。(だから、ネェさん萌える)

 歌などは、世の東西、古今を問わず、皆、愛の告白だし、讃美歌やお経でさえ、神仏に捧げる愛である。
だから、皆の衆。芸術に親しんで、Love注入すべし

 ダ・ヴィンチの「モナリザ」や「洗礼者ヨハネ」は、同性愛者だった巨匠の最愛の弟子がモデルと推察されるし(この二つ顔が似てるでしょ←巨匠の好み)
 ネェさんの萌えの殿堂、ミケランジェロの「ダビデ」も、これまた同性愛者ミケちゃん(こう言うと二丁目的)の理想のカタチ(だから、通常、少年で表されるダビデをマッチョな美青年に彫り上げたのさ)
洗礼者ヨハネ
ヨハネ ダビデダビデ

 なーんて、萌え連想を楽しんだんだけど、ジロさんが少年みたいに瞳輝かせて、もう、何回ここに来たかってことを自慢しているのが素敵だったし、
何より、彼の中に垣間見える建築士としての世界がキラキラ輝くのを感じたのが素晴らしかった
 男が一番輝いて見えるのは、その人だけが持つ世界がある人
そして、それは、多分仕事であるでしょうし、それに没入している時でしょう
そんな男が、恋や愛を仕事の原動力に変える時に、生まれるものが「芸術」なのでしょうね(うっとり
 恋するオヤジって素敵

 だから、女子たちその原動力たりえる、惚れさせるオンナでないとイカンのよ

 キャリアウーマンとか言われ、仕事の上では間違いなく「猛獣」な私ですが、どう転んでも私には太刀打ちできないような仕事をする殿方を見ると、男性の偉大さを感じ、尊敬&恋心を抱いてしまうのです。

 やっぱり、猛獣眞帆ちゃんを小猫のようにじゃらす、デキる男がイイよね

 そんな事をつくづく思う今日この頃ですが、スピリチュアルメッセージは、心とリンクするものです。
今週観に行った映画「トスカーナの贋作」でイタリア人のオバちゃんが言ったセリフに納得


トスカーナの贋作

「男は仕事してるか、浮気してるか。それしかない。だから、仕事で忙しくて構ってくれないなら、それはイイ旦那さんだよ」

 う~~~~~~~~~~~~~~~~ん深いっ
男性には異論があるかもしれませんが、これって真理かも

映画自体は現地で骨董店を営むフランス人シングルマザー役(???な設定)のジュリエット・ビノシュが、英国人作家で、贋作について書いた自著本の講演に来た男役、ウイリアム・シメル(この人俳優じゃなく英オペラ歌手)に憧れを抱いており、知人を介して紹介されたこの二人が、トスカーナのルチニャーノという恋の聖地といわれる結婚式のメッカな村へ、彼が帰国する、夜の九時までをリミットにデートに出かけるわけ。

そこで入ったカフェで、夫婦と間違われ、それをきっかけに疑似夫婦を演じる(くどいほど演じ続ける)という、
同世代なネェさんからは、果してイイ大人がこんなことするか???的疑問の残るもので、トスカーナという割には景色全然映らないし、Romanticかと言えば、最初、彼の評論文についての激しいディベートに始まり、次第に疑似夫婦として、作り事の子供の事や旦那の無関心まで、神経に触る口論ばかり繰り返していて、好戦的なムードにうんざりする。

女はどんどん疑似世界を現実化しようとし、男は現実を堅持しようと抗うも引きずられ・・・。
英・仏・伊の三言語が入り乱れるのも必要性を感じない。

あと、「ショコラ」の時にあんなに魅力的だった、J・ビノシュが、オバはんになって太って、がっかりだった
とはいえ、妙な感慨の残る映画ではあったのだけど・・・。

しかし、私的には、
「二人でいる時に、めんどくさい理屈こねるんじゃないわっ!辛気臭い話もするんじゃないわよっアンタ、オトコに嫌われたいのせっかくデートしてるんだから恋するバカオンナになって、もっとイチャイチャしなさいよっ!」

と、叫びたくなった。(議論や理論や理屈、哲学が好きな割に、デートには一切持ち込みたくない主義なワタシ)
だって、画像のイメージを裏切って、お互い意識してるのに、キスも無ければエッチもしない。ほとんど触れさえしない。
なのに、倦怠期の夫婦ムードを醸し出し・・・(がっかりだよ!by桜塚やっくん)
ま、男と女は求めるものの違いですれ違って行くってのがテーマは解るけどね。
そんなもん今更わかってっから、こんな捏ねまわさなくって、トスカーナで、ひと時・・・タメ息付くような中年カップルのRomanceで良かったんでねーですか的な、これがゲージツと言われても良く分かりません的映画であった(それなりに楽しんだけどね)。

ま、いつも書いてることですが、この二人、同じ夫婦ごっこするにしても、ラブラブ熟年夫婦を楽しむことも選択できたわけです。
 そうしたら、この男は、9時に帰らなかったかも?帰ったとしても、また会いに来たかも・・・。(ま、ね。大人の男ってそんなに甘くないけどさ。少なくとも素敵な日を過ごせたじゃん)
 物事のプラス面を選択するか、マイナス面を選択するかはその人の自由。運が良いか悪いかは、神様が決めるのじゃなく、自分が決めるのさ!

 有る本に、男と女は、火星人と金星人くらい違うと書いてあったが、ホントにそうね。
 この映画のフランス女のように、お父ちゃん(将来結婚したら)を、何で構ってくれないの!?と責めたり、彼の仕事についてしつこく議論したりすることはよそう
これは実にウザい!
この映画見てる間中、私が感じてたイライラを男は感じるもんなんだ・・・と学習したのでした。ナームー

 できるなら、ただ、「あなた素敵よ」とひたすら目をハートにしていられるとイイなぁ・・・

 あら、なんだか、話が微妙にズレきたけど、ズレついでに・・・・

もしかしたら、この人なら、家庭で議論を吹っ掛けても嫌われないかも
マイケル・サンデル
「ハーバード白熱教室」(見た事ある?)の、政治哲学者 Professorマイケル・サンデル。
昨日はビートたけしの番組に出てたね。

私、去年は、このハーバード白熱教室にハマって、この授業に参加したいと思ってました。
授業内容が実に興味深く、彼の進行の巧みさがスゴイ!!

彼は、白人男性としては、ルックス的に魅力のある方ではありませんし(失礼!教授)、
神経質そうな瞳と、太陽やスポーツとは無縁そうな、蝋燭の灯りだけの古城が似合いそうな健康的とは言えない風情・・・
おまけに哲学者で、ディベートの授業と言うと冷たく偏屈。理屈づくしで、無機質な感じがしますよね。

 でもね、授業を聴いていると、彼がとても熱い情熱をもっていて、その根底に「愛」があると気付かされるんです
 彼のする議論は、論破が目的ではなく、いかに人間が良く生きるかを見出すことが目的なのです

 ほんで、ネェさん、そんなルックスでさえ彼にも萌え~た訳です。

 デキる男が、仕事にLove注入する時、女のココロは動くんですわな
その時、ネェさんの目にハゲは映らないのでした

 ネェさんの未来のハズバンド!貴方がデキる男ならば、私は四の五の言わず、美味しい料理と快適な家庭、いつも綺麗にして、ちょびっとエロい妻でいる事を誓います家庭内バカ女宣言です!
 だから、はやく迎えに来てね~~~~~~~~~~~~~~~~




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

<< ちょっとお休み | ホーム | 優しいコトバの贈り物♥ >>


コメント

ちょい悪おやじのイメージしかありませんでした(笑)ジロラモさん・・・。素敵だなぁ☆
そして映画のセリフに「あ~深い」とうなっちゃいました!!私もあなた素敵よv-238とひたすら目をハートにみつめていたいなぁ。。。

ふいに男の人の仕事姿を見てしまって、しかもその仕事っぷりが素敵だったりすると、ドキっというかキュんってなります。

ついこの間そんな出来事がありまして。。。そんなあとの今回のブログの内容だったのでびっくりです。
「男が仕事にLove注入する時、女のココロは動く」
でした。


ふふふ・・・・kiyo&Kおりe-280

女子たるもの、胸キュンしなきゃ生きてる意味ないじゃんねぇe-266
Kおりちゃんの詳細は今度きっちり尋問するとして、kiyokiyoアンタ、目をハートマークって今現在でしょーがe-264

 若いってイイねe-355熟女頑張るe-467

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。