Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御かげ道中記◇

 皆さんご機嫌いかが?連休はいかがでしたか
 私は今年ほどゴールデンウイークが終わった事を惜しく感じた年は無いかもしれません

 なんだか言葉では表現できませんが、こんな感覚の休日を過ごした例はありませんでしたから、自分でも不思議な感覚です

 全く自然。全く脳みそが停止・・・そんなカンジ@無我の境地?!(違うか

 浮かんできたイメージのままに、あるいは誰かが言うがままに、行きたいところ、行こうと言われるところを網羅したというところでしょうか

 まずは実家に帰宅した足で、徒歩すぐの、私の主神様である全国の天神様の総本山「北野天満宮」へ行き、日頃の御守りにお礼&道真公に考えを申し述べに行くことから私のお休みDay`sは始まった

「天神様。あのですねぇ・・・・コショコショコショ
2011051011580000.jpg御門に上げられた御歌は、まさに今の私達へのメッセージ
心に従い正しいことをしていれば、祈らなくても神様は守って下さるということを歌われている。

2011051012000000.jpgいついかなる時に来ても、家に帰った様な安心感。「ただいま~」

2011051012000001.jpgまさに門前の茶屋で、名物の粟餅をお父ちゃんのお土産に買う
うっとこの(家の)大好物どすねん(あと、今宮さんのあぶり餅



 毎日必要以上に垂れ流される、震災・原発関連のニュースと計画停電(全く計画ではないが)による人災ともいえる経済の落ち込みで、
我ながら検討を讃えてやっても良いくらい踏ん張っているものの、それこそ押し寄せる波のようなネガティブのアタックに晒されていっぱいいっぱいだった小規模経営者のワタシ

 でも、五月の新緑が車窓を流れる、我の人生と伴に歩んできた新幹線ひかり号の中で、こんなことが浮かんできました。

 己を俯瞰(客観的にみる事)し、執着を手放すというのは、泳ぎの練習に似ている。

今持っている物(財産)や、過去、来てもいない未来にさえ執着し、シャカリキ(※釈迦力=本来はお釈迦様の力のごとく強力と言う意味なのですが・・・)
もしくは、死に物狂いで握りしめしがみついてしまう。

 しかし、そうすればそうするほど気持ちは掻き乱れ、不安や怒り、絶望までもで心が蓋がれてしまい、この宇宙に用意されている無限の可能性を自ら立ち切ってしまうのだ。

 私は全くのカナヅチと言う訳ではないが、ほうほうの体で25メートル行く感じ・・・

 溺れる事を恐れるあまり、要らぬ力みが入るから、自然の法則で有るところの浮力を自ら妨げているのだ。

 「怒り、恐怖(全てのネガティブは怒りから来る)の手放し」は、これと同じ事なんだと思う。

 もし、今の財産を失くしたらどうしよう。
もし、このまま続くはずだった生活が無くなったらどうしよう。

 その「もし」という鬼を心に飼う事で、恐怖は増幅され続け、己も鬼になる・・・・。

 手放すという事は簡単ではない。

 この世は恐怖や不安や怒りを感じないではいられない。
 
 人は執着とエゴにまみれているものだから・・・

 恐れを失くすというのは、それは難しいことだけれど、それを感じた時には、力みを解く事を思い出そう・・・少なくとも、力を抜く努力はしよう。
そう思って、徳永英明歌唱「ハナミズキ」を聞きつつ、ちょっと、肩の力が抜けました

 降り立った京都は、全く空気が違って、人々が軽やかに生活していて、何だか解放されたカンジ。
関東圏の人々が放つエナジーとの違いを実感した

 さてそれからのネェさんの行く先は、それは爽やかな神仏の加護に満ち満ちていた・・・・



 翌日は霊験あらたか、奈良の旅と三輪の御山に・・・

長谷寺はgenの家名の縁の御寺。
側に流れる初瀬川から来ているのだと本人談。
2011050923120001.jpggenアンタ・・・ここで、リオのジーザスとわいや、イケてるけどな・・・そのアデダス

2011050923150001.jpg人相鑑定の藤木道元ちゃん似(テレビで道元ちゃんと呼んでくれと・・・)の和尚さんが、397・398・399!ほれ、上った~!と三百九十九段の登廊を上るのを励まして下さる
2011050923160000.jpg

eleven.jpg御本尊、十一面観世音菩薩相対した時、見透かされている気がしました・・・

2011050923160001.jpg和菓子の飴でできたような見事な牡丹が咲き乱れる浄土
2011050923140000.jpg

 メインイベントは三輪の御山
2011050923190001.jpgpearly房子に御神水をがぶ飲みせよとの指令を受け、2リットルペット買って、リュックに入れてたら、く・・首が・・・gen持ってくれてありがとう
2011050923190000.jpg 2011050923170000.jpg
ここで誰しも連想するであろうは、黄色い髪のあのお方・・・・


 早起きして、おにぎり作って、名物のヨモギ餅を買ったり、晩御飯には京都で一番好きなお好み焼きのこーらい亭でダイエットも忘れて暴れ食いしたり

 辛気臭いネガティブを一ミリも思い出すことなく、文字通り早朝からとっぷり夜になるまで、楽しんでgenと遊んだ一日

 いや~満足

いつも、「ここ行きたい~~~~~!」と言えば全て段取り、マークを見つけりゃ「オシッコは?!」(←介護老人?)、重いと言えば荷物持ち(←女王様?)感謝してるよ
また、遊んでや~~~♪

今日の一日はgenの御かげ
 南無 阿弥陀仏
 byエエ出汁でまっせ、婆乙女(浜乙女)←このG/W一番のギャグ


 そして、ネェさんの黄金週はまだまだ続く・・・・


          




テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

<< 御かげ道中記◇其の二 | ホーム | 「結」 >>


コメント

genさん、男前ねっ!

良い休暇を過ごされたのですね~。
我がファミリアはGW前半は富士五湖一周、唯一家族のみでオフの休日は芦ノ湖一周のチャリンコ旅を致しました。
芦ノ湖畔の「箱根神社」は、参拝の方々がたくさんいらしてびっくりしましたが、熱心にお参りする方々に並んで日頃のご恩に感謝してきました。
いいな~京都。いつかガイドツアーよろしくお願いします!

しらさんe-415

いつもありがとうございます。
うっとこのgen気に入っていただけましたか?

 しかし、うらやましいなぁ・・・イイ旦那と家族e-239

 今のように、人々にとって、目に見えない大きな変化のうねりが来ている時には、一人の危うさを感じます。

 近頃、人が手を繋ぐ、「結」の必要性を痛感。
その一番初めにして、基礎が家族なんだね。

 結婚したいっすe-482

 京都ツアー!まかしなさいっ!!genも参加させますわっ☆

 しらさん、また、会おうねーーーーーーーーー!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。