Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☀天照行☀其の一

 皆さんご機嫌麗しゅう

 一昨日、京都府の元伊勢と呼ばれる場所の旅から戻ってきました
そうご先達は、Paerly❁roseの山田眞佑里先生&宇宙人・quitaことquitaヒデ先生です

 今回の出発は、ネェさん発祥の地、京の都からですので、Kおりちゃんんと二人で一足早く新幹線に乗って山代の国(京都の事)一宮(いちのみや=第一の神社)賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)、通称・上賀茂神社で御挨拶することから始めました
DSC_2401.jpg
Paerlyroseのお約束、今回も台風接近なんでかな~しかし、雨に濡れる白砂の参道と新緑は美しく、どんな時でも我が京の地は素晴らしいです
DSC_2397.jpg
この時期は、「夏越しの神事」(なごしのしんじ)一切の罪を祓うという、浄化の行事で、全国の神社には茅の輪がこしらえられ、人々は左→右→左と8の字を書くようにここをくぐるが、上賀茂神社のものはとくに有名で、
風そよぐ ならの小川の夕ぐれは みそぎぞ夏のしるしなりける
と、藤原 家隆によって百人一首にも詠まれている

DSC_2398.jpg
賀茂神社は陰陽道の賀茂氏ゆかりの神社である。賀茂忠行は、かの安倍清明の師である。
この立砂は、この神社の神体山である「神山」をかたどったもので、ひもろぎ=神様が降りられる時の憑代であり、陰と陽を表している

DSC_2404.jpg
御神饌修業するにはソウルフードで腹ごしらえ奉納しても良いくらい美しい「こーらい亭」のお好み焼き
こーらい亭
お好みあるところにこの男あり!gen参戦

 新妻Kおりとgenとで、宴会は大いに盛り上がり、大天使ワラエル(笑える)降臨で幸先の良いスタート

 ところで、いつも修業の旅の前には空に御印が出るネェさん
前回の高千穂は、アメノウズメノ命と二体の龍でしたが、今回は・・・・
DSC_2364.jpg
 海老?エビ???えび~~~~~~~~~~~~っっっ

週末の帰宅時に小田急線の中で「え”っっっ」と目玉が、西川きよし師匠に
10分後下車してから、だいぶバラけていまった画像でも、かなりエビ
 元は右前方はもっと髭や尖った感じ、左後方は尻尾感がリアルだったんどす~~~~~っ

 しかし、意味が分からん!!!何のメッセージ
先日の伊勢で、オフシーズンで海老食べられなかったから
それとも、結納が近いとか(誰とやねん!)
そや!それやきっと、近いうちにダーリンが現れスピード婚そうに違いないということで・・・・
DSC_2396.jpg
医食同源(ちゃうやろ)お昼に、麩屋町(ふやちょう)の権太呂はんで、〝天とじうどん〟も食べてきましたビバ!海老天


  さて、この旅は、夏至、6月21日に始まる。
 第一日目は、丹波の国(亀岡市)一宮 「出雲大神宮」 からのスタートである。
DSC_2415.jpg
 言わずと知れた大国主命を御祭りした神社である。

えっ?! それって、出雲大社 でしょ?? 島根県じゃないの?! と、思われる方も多いかと思います。

 実は、島根の出雲大社は江戸の頃までは、「杵築大社」と称しており、亀岡のこの一帯には、今でも出雲という地名が現存している。
「丹波の国風土記」によると、『元明天皇和銅年中、大国主命一柱のみを杵築の地に返す。すなわち、現、出雲これなり』とあり、つまり、大国主様のみを杵築の地へお帰りいただいたんだね。
現・出雲はそれから〝出雲〟と名乗るようになったということらしい。
このことから、島根の出雲大社よりも古くから大国主様のお社であったと考えられているのである。

 そもそも、「元伊勢」とは、
 元は、宮中に御祭りしてあった 天照大神様であるが、時の崇神天皇に、「別に大宮地を求めて鎮め祀れ」という御教えありて、皇女豊鋤入姫命に御神霊を託され、
その後、垂仁天皇の皇女倭姫命にその任が引き継がれ、五十鈴川のほとりに降り立ちて、この地を見出され、現在の伊勢の内宮に鎮座されるまで、おおよそ90年の長の年月。
それまでの間に、一時、御遷幸された土地・社の事である。

 簡単に言えば、長い間探していた本宅が決まるまでおいでになったお家ってところでしょうか

 で、その天照様が「陽」を司る神様であられるのに対して、大国主様は「陰」(陰と言ってもネガティブな事ではありません)そのバランスでこの世が成り立っていることから、この神社にも赴いた訳でございます
 という、訳で、お伊勢さんと同じ御参りの仕方であるからして、お次は 外宮 にあたる、「豊受大神社」でおます

 伊勢に比べて更にさらに古い、元伊勢の社はどこも観光客など寄りつくべくもないような鬱蒼とした山中にある。
撮影時に明度を上げているので明るく写っているが、この日も結構な雨
急坂なだけでなく、一人ではちょっと行けないような、狐狸かトトロでも出てきそうな・・・

DSC_2424.jpg

 ただ木組みしただけの鳥居に、この社がいかに古よりのものかが伺える
DSC_2426.jpg

 拝殿の屋根の右側に、赤い光のアーチが見えますか?!
DSC_2430.jpg

 こちらでは更にハッキリと・・・
神様がおいでの御印なら嬉しいなぁ・・・・
DSC_2434.jpg

 「龍燈の杉」
 節分の夜に龍神様が灯火を献ずると伝えられる御神木
DSC_2432.jpg
 龍神様に御灯明とは、龍神女のキャンドル屋にはグッとくる
 
 さて、この頃にはすっかり俗世を忘れ去った一行は、浄化の雨に打たれながら、quitaヒデ号で内宮へ向かう

 quitaヒデ先生は、ご神職でもある
 本来、神の前に出づる時には、俗にまみれた我らは浄化が必要
「大祓詞」(おおはらへのことば)
 祝詞(のりと)の合同練習が車中おこなわれた

DSC_2419.jpg
祓へ給へ清め給へと白す事を 天つ神国つ神 八百万の神等共に聞し食せと白す・・・・。
DSC_2625.jpg
 皆、つっかえつっかえ覚束なかった言葉が、回数を増すごとに上手に・・・。
quitaヒデ先生からいただいたこの巻物(?!)で、これから毎日練習です

 そうこうしつつ、内宮「皇大神社」門前に到着。
人っ子一人いない、里山の村落
DSC_2438.jpg

DSC_2452.jpg
そぼつ雨に濡れる古き社と、ご神職の白い直衣が気持ちを改めさせる。
DSC_2453.jpg
旅行に行く時には、小さな瓶のコンテナ・キャンドルを持って行く。これは、10年以上前に、南仏のレイラインを旅した時に、田舎町の小さなホテルの朝食で出たジャムの瓶。高さ3~4センチの小さなもの。
苔むす御神木の根元で神様に捧げる光

 この後、私達は、峠を昇り氷室嶽の遥拝所に赴いたが、ここは禁則地つまり神域である。写真を撮ることは許されているが、ここに載せることはやめておくことにした。
今日はこの御神体山の頂上に日が沈む、
一年で一番、太陽が高く昇る夏至の日にこそここに来る意味があると、眞佑里さんは言う
例え雨で、太陽は見えずともそこにあるのだ

 もし、皆さんがその御山を見たいと思うなら、是非、自ら足を運ばれてはいかがだろうか

 そうして、傘をさしつつもほとんどひとっ風呂浴びたような水も滴るナントヤラ状態で、谷を下り、
「天岩戸神社へ」
DSC_2468.jpg

DSC_2478.jpg
深い谷の〝淵〟

DSC_2473.jpg
お社はちょっと昇れる人が限られるような崖の上。
鎖を伝って昇ってゆく新妻Kおりの頭上、お社の辺りにまたも赤い光のアーチ

DSC_2474.jpg
神様が御出でいただいている光に違いない

 もちろん、ネェさんも昇りましたがな セドナのボルテックスに比べたら楽勝ですわ
DSC_2479.jpg
もう、濡れるとか、汚れるとかどーでもよろし。こんな可憐な谷に咲く花に見送られ、朝、京都を出てから、P・M6:00をまわり本日の行、終了
DSC_2480.jpg
 皆さん一日お疲れさまでした
 天橋立のお宿に到着。お迎えの御菓子は、赤福ならぬ〝知恵の餅〟ここは、〝三人寄れば文殊の知恵〟の文殊堂の門前だからですな

 quitaヒデ先生の走り屋並みのドライビングと眞佑里さんの神通力で夕食の時間ギリギリにお宿に滑り込んだ私達は、なんとか食いっぱぐれを回避

 夜のひと時はいつもどおり、皆で時をともにしましたが、今回は本当に急に決まった旅でしたし、「こうでなければいけない」と思う自分の思考パターンを手放す事にして、Florenceとして大がかりなキャンドルイベントはせず。
しかし、皆の夜をを優しい光で満たすことだけはしたかったので、
オーラソーマに基づく、私の魂を形成するファクターのボトル「サンライズ・サンセット」と「サンボトル・サンライト」(なんと二つとも太陽のボトル!!)と同じバランスのグラスキャンドルを二つ。
サンライズ・サンセットB4sunbottle.jpg

 そして、この旅が決まって直ぐ、降りてきたイメージに従い、旅を導く「御使いの鳩」を製作しました

ほぼ、本物のポッポ大
DSC_2602.jpg

DSC_2601.jpg

DSC_2593.jpg

 何故、鳩かは分かりませんが。白い孔雀鳩と赤い菊の花のイメージが来たんです

 石膏で原形の鳩を作り、そこから型枠を抜いて製作した完全オリジナルですねん
DSC_2169.jpg
DSC_2170.jpg
DSC_2171.jpg

 そして、夜は更け、温泉に浸かり、一同、明日の行に鋭気を養ったのでした

             その二に続く・・・・


テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

<< ☀夏座敷☀ | ホーム | ✡ドウマン セイマン♯ >>


コメント

お疲れ様でした!
最後の最後まで盛りだくさんのいい旅でしたねv-456

権太呂さん+こーらい亭 最高でしたv-344ありがとうございます。

私の荷物の準備の悪さに家族も巻き込んで大変お世話になりました
e-259




新旧交代

 イヤイヤ、こちらこそ!

私の相次ぐ新幹線時間ミス予約ミスに怒ることなく付き合ってくれてありがとうe-259

 いつしかKおりがひと皮もふたかわも剥けていてネェさん感心しました。

 私もボケが回ってきたようなので、今後は付いて行くからよろしくね~e-224

 最後の鳳泉の中華も絶品やったやろe-257

 まだまだ、隠し玉はあるで~~~~!!
京都は旨いもんがてんこもりっe-427

あら〜♪
今回も神様たくさん出てますね〜赤い光で!(たぶん、神様ですよ〜、信じる者は救われる!)
それに、ほんとにエビなんですね!
皆さん、楽しそうでよろし♪

エビはまだ続く・・・

 メグランちゃん

 なぜ、海老なのか今でも不明。で、せいぜい食すことにした。
 今日はウチのにゃんこのゴハンに、干しエビをトッピングし、明日のおかずは海老フライv-306

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。