Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〝最後と最初〟  Florence からのお知らせ

20160401_185104.jpg
 先週はイースターでしたね  皆様ご機嫌いかが? Florenceです

 イエスも復活し、日本では各地から桜の便りとともに、卒業、入学、入社や転勤と春の訪れとともに、世の中も変化の時を迎えているようです

春は再生、復活の時とも言えますね

 この春、私も一度0になって、新しい出発をすることを決意しました

Florenceは、京都に拠点を移し、活動を一本化いたします

 それに伴い、湘南工房は4月、大和サロンは5月をもちましてクローズとなります

 想えば、24歳で実家を離れてカナダへ単身渡り、その後に関東に来て、企業時代の転勤などで、何年か京都に帰っていた時期を除けば、東京・神奈川での生活は20年にもなります
独立して、サロンを経営しては14年 私なりに努力を重ね、苦労を重ね、積み上げ築いた関東での生活であり、私の全てですが、
それに対して、距離をとって見詰める目が生まれたのが去年の晩秋ごろ、その後、父が亡くなったことも決断させる一因であったかと思います


私は長年ものつくりを生業に生きていきたいと望んできましたが、家賃、生活費、貧乏は嫌、等々の理由から脱却できずに、三十代半ばまでは企業で、それからはエステサロンの経営者として生きることを選択してきました
(ここ数年は、キャンドルのギャラリーサロンとしてセッションなどにも使用してはきましたが、あくまでメインはエステ業務でした)
出来る仕事であっても、好きな仕事ではなく、いつも不満がありましたが、結局はこれも自分が選択していたにすぎません

しかし、本当の幸せを手に入れたい!満足のいく毎日を送りたい!その一念で何年も暗中模索しつつ、前に進んできました
ここ数年はキャンドルに心の全てを傾け、ほとんどの時間を費やして、本当に満足のいくものを作りたいと精進して、やっと世に送り出せる素地が出来上がったと感じています

しかし、長年、私の生活を支えてきたエステサロンを閉じると決め、いよいよ望みを現実化しようとなると、ワクワクドキドキとばかりにはいきません(そうならいいのですが)

変化するということは、未知なるものに向かって進むということであり、それには不安がセットでついてくるものなので、
ホップ・ステップ・スキップ!ザッツ イージー(=゚ω゚)ノ
とはいかず、
すっぱり、ゼロリセットを決断するには紆余曲折様々な葛藤がありました

しかし、本当にどんづまりな気持ちになったある日
突然、本当に唐突に、
「神様が全部手放せ!と言うてはるんやわ」
と、口をついて出たのです

自分で喋ったのに、口から出た後に、”ほんまやわ!もう、古いもんははなさんとあかんのやわ”とストンと腑に落ちたんです

それからは、まぁ、不安もあるけど、今日やることを淡々とやれば、前に進むとだけ考えて、本当にどんどん日々の段取りをこなしています

 そうしたら、神戸からわざわざ、ブライダルキャンドルをオーダーしてくれている、かなこさん・たつやさんカップルが、打合せと一部納品のためにサロンに来てくださいました
20160330_213705.jpg
彼らもboulangerie キャンドルがお気に入りのようです(笑)

若いカップルは、車を交代で運転して、交代でシュラフで寝るという旅をして遥々来てくれたわけです

 彼らはFlorenceとしては神奈川のサロンで最後のお客様であり、京都店の最初のお客様となります
それは、たまたまという必然で彼らが関西在住のカップルであったから可能な事で、ちょっとしたミラクルを感じています
神様がちょっと勇気づけをくださったみたいです

しかも、それが、人生の最も聖なる日、幸せな日、婚礼のお仕事であり、
こんな遠くまででも、Florenceのキャンドルを求めて来ていただけることの幸せ、有難さを実感させていただきました
彼らに
”大丈夫だ!進め!”
と言われた気がします
彼らのこの表情が全てを表していると感じます

6月の華燭の典に向けて、全力で制作しようと思っています

 5月からは、西陣に取り合えず制作場所を置き、夏ごろの店舗のオープンを予定しています

随時ブログやFacebookでお知らせしてまいります
どうぞ、皆様、応援の程を宜しくお願いいたします

今後とも末永くご縁が続くことを願いつつ、精進をしてまいりますので、京都へぜひお運びくださいね

お教室はプライベートクラスは存属し、横浜市内で定期的に開催いたします
3名様以上のグループであれば、ご用命くだされば開催可能ですのでこちらも宜しくお願いいたします

お問い合わせはコメント欄、ホームページからお願いいたします

皆様に感謝しつつ、引っ越し作業にまい進いたします

<< 引き出しを空にしたら | ホーム | 旅の仲間Ⅱ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。