Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☩90年の時を経て☩

 次々に台風が発生し、各地で長雨が続いていますね
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます

京都工房も、雨にも負けず鋭意準備中
あと二週間ほどでオープンです(´◉◞౪◟◉)

店舗・工房自体はほぼ整ったのですが、商品の製作が追いついてないにも関わらず、体力が限界を迎えています

今までの私なら、
”商品がないと、お客さん来はっても何の店かわからへんやん!!!!”

とばかりに、何が何でもっっっっっヽ(#`_つ´)ノと、無理に無理を重ねて、製作したのでしょうが、今回はできるようにやろうかな・・・

工房を開けながら、ぼつぼつ作っていってもいいかな

と思っています

一昨年、セドナでⅯ・Morningstarさんに、”ワーカホリックになってはいけません 身体を壊しますよ” と言われたのもあるし
焦って作ったものは良くないし

潤沢な資金がある訳でも余裕がある訳でもないけど、何とかなるさで、できるだけゆったりした気持ちでやっていこうと思います

てなわけで、先日の台風の日はお休みにしたのですが、
したはずなんですが、

オープンに先駆けて、ウチの祭礼顧問のキタヒデ先生が、工房を御祓いに来てくださるにあたり、御列席いただく皆様をおもてなしする器をどうするかと考えていて、
母も私達が生れる前から使ってきたお正月用のお椀が古すぎてもうどうしょうもないというので、購入するといっても、像彦さんあたりの漆塗りはお高いし予算は無し
でも、安物もいやだしなーーーーーーーーーー

で、”探そう!!”

と、納戸へ

埃にまみれた結果

あった!!!!!!!!

DSC_1157.jpg
 よくわからんが、つまり朱色のお椀と書いてある

箱をご覧になっても分かる通り、三回洗わないときれいになりませんでした( ;∀;)
_20160923_133532.jpg
蓋が十あるのにお椀は七つ、多分欠損したんだろうな


DSC_1159.jpg
包んであった紙は、どうやら当時の仕切り書や伝票類

良く読めないけど、明治四十・・・年と読める

つまり、このお椀を包んで仕舞ったのが明治四十年代、つまり明治の終わり頃
それ以前から使用していたもののよう

他にお皿を見つけたけど、これらも明治三年とか書いてある
DSC_1172_20160923152121164.jpg

つまり、(ばっかりだな)函館→近江→京都と、移動の多かった昭和初期頃までの一族が最後にこれらを梱包した時期から、今日、私が発掘するまで90年~100年と判明

でも、ちょっとした時に使う食器であり、決して高直なものではない

だから、使いましょー、使いまっしよー!!

 オカン、よろこんどります

こんなんも出てきたけど、これは京好みというより、加賀ものみたいだなー
派手すぎて・・・・・
DSC_1171_convert_20160923150413.jpg

とりあえす、こんなことしてたら休む間もなく一日が終了
台風も去ってました

あー、疲れた

ともかく、直来は、この赤い器を家から持ち込むことで済みます

お正月のお料理も、今年はこの御先祖様も使った食器で・・・・
ちょっと楽しみです






<< ブログお引越しです | ホーム | ヨネヤ金六商会㋵ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。