Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨコハマ✧ノスタルジー

私と供にいろんな国に行ったパスポートが切れたので、新しく申請に行ってきました。
パスポートセンターは、山下町は大桟橋のあたり、シルクセンターのお隣にあります舵

神奈川県民になって、早10年か・・・・イヤイヤ、早いもんで
東京の10年と合わせれば、ネェさんが関東に降り立って(天女イヤ、地球侵略者か
20年になるのかー顔文字

こっちに住んでからも、山手や元町・中華街には良く行くけれど、このシルクセンター側まで足を伸ばすことはほとんど無かったので、とっても懐かしく、色々昔のことが思い出されます
春の風がいい気持ちだし、時間も早かったので、ノスタルジーに浸りながら、少し歩いてみることにしました

パスポートセンターを出ると交差点のすぐ先に開港記念広場があります
開港記念広場ここの噴水はすり鉢状になった独特のもので、すぐ先には海岸通教会があります

ちゃんとここに足を運ぶのは26年ぶりにもなりますじー
何で、こんなに来なかったのか不思議なくらい!

通りを挟んで向こうには、当時と同じレストランが、何も変わらずにあります
丁度、遅めのお昼といった時間タイムトラベルをしてみようと、18歳の夏に旅行に来て一番に入ったお店に行ってみることにしました


スカンディアとその下に杉の木はあるデンマークの国旗がテントになっている北欧料理の老舗「スカンディア」・・・ここに入るつもりが、当時の私、入り口を間違え、下の階にある「杉の木」というパエリアのお店に入ってしまうという失態を・・・
スカンディアは主にディナー主体のフォーマルなレストランなので、今回も杉の木に入り、当時と同じ物を注文しました 
26年ぶりのチーズのせカツby杉の木チーズのせカツです杉の木 杉の木の店内はスペインワインのボトルが梁に沿ってズラリ


店を間違え、更にパエリアが売り物の店でミラノ風のカツレツを注文するという、小娘な自分のセンスが分からない
上品なソースの欧風カツレツは品の良い味わいなのですが、当時は美味しく頂いた筈なのに、完食すると胸焼け気味な自分に、長い年月を実感・・・・がっくり

お店がサービスで出してくれた、フレッシュオレンジジュースで胃をなだめつつ、ちょっと外を眺めて思い出に浸ってみたりする空くも

美大生になったばかりの頃、横浜はまだ遠い場所で、簡単に来られるところではありませんでした靴
しかし、その頃私は、「風物語inヨコハマ薔薇」という、正本ノンさんという作家さんの少女小説が大好きで、その舞台になった山手~山下町そして、ここ、海岸通教会と開港記念広場に憧れて、バイトもせずに親にお金を出してもらって、何んとホテルニューグランドなんぞに宿を取り、友人と二人でやってきたのですよ(バカ娘とバカ親です)
その時に、入ったのがこの杉の木・・・。

そのすぐ後に、お手紙を差し上げたのがきっかけで、作者のノンさんと親しくさせてもらうようになり、贅沢な事に、彼女と一緒にお話の舞台を訪ねて回ったりしましたjumee☆wing2b
その中でも、特にロマンチックなのがこの「海岸通教会」
お話の中では、白薔薇の教会として登場します薔薇(白)(当時は前庭に植えてありきれいに咲いていたけれど、今は薔薇は無かったかな)海岸教会    海岸通教会ここは日本で最初に建てられた、プロテスタント(新教)の教会です。

今はお互いの状況も変わり、ほとんどお目にかかる機会もなくなってしまいましたが、ノンさんは、十代から二十代の私にとても大きな影響を与えた女性です
上智大学を卒業した才女にして、とても洒落の効いたお茶目な女性で、彼女の作品は少女向けの小説でありながら、その情緒性や独特の世界観は、作中にある「初夏の甘やかな夜気」のようです梅の花( ゚3゚)ノ02(背景付き-黒)
もしかしたら、彼女が育った北海道の土壌が育んだものなのでしょうか。

今でも、彼女は私にとって特別な女性です
先ほど書いたとおり、当時の私はどっかのセレブタレントばりの世間知らずな浅はかバカ娘だったので、今から思えば、申し訳なさ過ぎて、合わす顔も無いくらいですが
ノンさんは、ヨコハマで遊んだり、ディズニーランドへ連れてってくれたりと可愛がって頂き、海外に行かれた際には、必ずお土産を頂きました

初めて、お目にかかった時に頂いた、ピーチソープはもとより、イギリスの小さな青いピルケース、バリかどこかのニャンコのバングル、マジョルカ島のパールのピアス、タヒチのアミーゴブレス、それから、山手のTOYS CLUBで一緒にお買い物した時の、ペイント缶も、ずっとずっと大事にしています
勿論、彼女の本は、私のバイブルです
作中の「瞬」という1/26日生れの青年は、今でも理想の人(欣也やピアーズのことは置いとけ!)

ここ近年の私は、宗教学だとか、セラピーだとかのマニアックかつしかつめらしい本ばかりしか読んでないし、すっかり中小企業の経営者と化してタヌキオヤジ化していますが、この本にある、ロマンチックな世界観はタヌキの奥底に今でも大事に保管してあるんだよ鍵宝箱

ちなみに、ハッキリ自慢ですが、その後のノンさんは、大人の女性向の小説に転向。
私も何度か当時のマイ恋愛をネタに、主人公のモデルなんかになっちゃってます(ま、あんまり宜しくないオンナな場合もあるんですがね困った
光栄なことです

ひとつ、彼女の書いていたことでとても印象的なことがあります。
彼女が通っていた上智の付属教会の神父様は、マカオかどこかの方で、大のプレスリーファンだったそうです(小泉か!)
彼はこんなお説教をしたそうです。
「アイウオンチュー・アイニードユー・アイラブユー♪」
プレスリーのユウメイナウタデス(外人風に)デモ、カレハマチガッテイマス。
アイウオンチュー(貴方が欲しい)・アイニードユー(貴方が必要だ)・アイラブユー(だから、愛している)
ではなく、貴方を愛しているから→貴方が必要で→貴方が欲しい
デ、ナケレバホントウノアイデハナイ十字架( ゚3゚)ノ(明るい背景用)

ものすごい、インパクトです大事な恋愛教訓ですな

ともあれ、その後も、カナダに渡った時にも、ビンボーな私にお小遣いを下さったり、帰国後、ライターの仕事を紹介してくださったのも彼女なのに、何のお返しもしていないままになっています涙

そんな、事を考えると、私にはいつも支えてくれる大事な女性がいたのだな・・・と改めて気付きました。
このブログにも時々コメントをくれるwhosaさんこと、マイソウルメイトFもそうです
このお二人の共通点は道産子
そして、才女
そして、私が世話をかけているという事ガックリ
この場を借りて、本当に、マジに、冗談ではなく、お詫びいたします福助
そして、心からお礼を申し上げます有り難うグレてないで、しっかり精進してご恩に報いられるように頑張りますいそげ

そう考えると、彼女達だけじゃなく、大工の源さんや、みち子さん、カナダのモモママ&パパを始め、このブログに来てくれる皆さん、そして、サロンのお客様たち。
みーーーーーんな、こんな私を応援してくれてるんですねぇピカチュウ5
大感激です泣き笑い
大感謝

少し前に書いた、マンマ・ミーアのコラムもそうですが、こういう忘れていた自分を思い出すことが近頃多くなっているのは、本来の自分に軌道を修正するためなのでしょうか?

実際の今は、分かっていても上手く出来ないことや、自分の手綱がナカナカ上手く引けなくて、イライラしたりして、毎日、サルの様に後悔しては反省ばっかりjumee☆monkey1
亀の歩みじゃイカンのですけどねぇかめ
でも、亀も鍛えればアスリートに

ともかく、明日はもっと頑張ります

P・S
杉の木から、面白いものを発見!!
ヴィコタク(多分、エコとヴァイシクルの造語)という自転車タクシー車道側を見て!
ヴィコタク?

開港記念館でやってた私好みの展覧会
展覧会     開港記念館

開港記念館の中庭にある「たまぐす」の樹
たまぐす

この樹の側で、黒船のペリーは鎖国を解かせ、日米和親条約にサインした。

関東大震災で燃えたが、残った株から新たな芽が吹き、今に至る。
歴史の生き証人(証木)ですな






テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

<< 工事中につき少々お待ち下さい | ホーム | お父さんがやってきた!!! >>


コメント

横浜walk

ワタクシも含めて老老男女、今日桜吹雪の中、山手の洋館めぐりを~今まで何度か行ってますが桜の時期は初めてでした~膝が痛い、腰が痛いと言いながら皆んな楽しそう~後は中華街で大盛り上がり~
横浜っていいよね!!

おーーーーー!MINEさん!
何と言う速さ!まだ、編集作業してるんですよv-356
今日を楽しまれた様子、何よりです。
いつも、感謝です e-415

今の横浜桜が満開?

真帆さんの青春時代を垣間見たブログでした。
何をしても夢のような年代の一ページをこの横浜に
も残してきたのですね。キット楽しかった思い出だけが
フラッシュバックしてきたことでしょう。
すばらしい出会いが真帆さん自身を成長させている様で
羨ましいです。これからも楽しいブログお願いね。

うけけi-278おはずかしやi-235
桜は昨日の夜の風で一気に葉桜e-235
今日の夏日で八重桜が急な開花i-267
何だか地球の危機を感じる・・・・。

バンクーバーも桜がありましたよね。
私が住んでたビドウェル通りにも並木があったなi-179
もう咲いてますか?

ダグウッドはもっと後でしたっけ?

うひひ!もうすぐ行くよーーーーんe-266

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なつかし~い!!
30数年前から、<スカンディア>へ
生意気にも、あの扉に、ビビリながら
若かりし頃のまだ友人だった
現主人と通ってました。
結婚後も、ちょくちょくね。

ここ数年ご無沙汰してて
つい先日、久しぶりに
元町を散歩の帰りに
スカンディアで食事してきたばかりです。

この店のオーナーの女性も
凛とした素敵な方で
まだまだお元気になさっていて
うれしく思ったばかりです。

私も横浜には
たくさんの思い出があります。
びっくりです!!

みちこさん
今度、神奈川に来るときに私に連絡無しなんて許されませんぜe-61

私も当時は小娘で、何となくウエイターさんの態度が丁寧ながらも「小娘が!」的な・・・。

今や、ニューグランドでもスカンディアでも、それはそれは「マダム」な扱いを受けますが、失われた若さも感じるわ~e-265

みち子さん今度、ご一緒しましょうe-266

この輪タク。日本では京都が最初なんですよ。
2002年から走ってます。京都の細い道で結構邪魔なんですけどね。

料金調べました。
初乗り - 0.5kmまでが大人¥300(小人¥200)
超過料金 - 0.1kmごとに大人¥50(小人¥30)
だそうです。う~ん。微妙な値段。
観光地の人力車よりははるかに安いけど。

京都ではベロタクシーと呼んでおります。

源さん、相変わらずリサーチマニア・・・検索くんとミドルネームをつけたら?

ふーん、でも、京都の実家に帰っても、こんなん見たことないけどナー。

ちなみにネェさんの実家は、西陣のど真ん中。北野天満宮もべり近。
バリバリの観光地ですが、源さんのオタクは・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。