Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウイークは里帰り

季節外れの台風の影響か、暗雲垂れ込め風雨に荒れるG/w最終日ですね

お久しぶりです
皆さんはG/wどう過ごされましたか

ゴールデンウイークといえば、日本人の正しい過ごし方は、やはり里帰りではないでしょうか
それなので、ねぇさんも里帰りしてまいりました・・・・エエ、ちょいと海を渡って・・・カナダまで

「えっ、ねぇさんの実家は京都では」とツッコミを入れた方も多いはず。

イヤイヤ、月遅れの4月バカではありません

ねぇさんは、トエンティーイヤーズアゴー、カナダはバンクーバーに出稼ぎして、ちこっと住んでいましたんですぜカナダ

そんで、現地にいる身内が亡くなったので、お墓参りを兼ねて、久方ぶりに心のマイホームカントリーに里帰ったって訳です

いや、しかし、年に一回は海外旅行することを目標に働くワタシ・・・ですが、一般人の祝祭日に渡航するのは初めて。
さぞや・・・と思いきや、連休の中日を縫っての日程のせいか、発着ともに成田APはガラガラで、ちょっと拍子抜け

しかし、一転、カナダのイミュグレーションは(オリンピックとは関係なく)大混雑(ただ単に到着機が立て込んだだけ)、全てにおいてユルイ・・・もとい大らかなカナディアンのフレキシビリティという文字とは無縁な仕事ぶりのせいで、入国に二時間掛かるというアホかなスタート・・・・加えて帰国時には、例のフル(正しくは新型インフルエンザやろ)のせいで、機内で検疫・・・だもんで
現場をご覧下さい
IMG_1524_convert_20090506171532.jpg成田には15分早く着くも降りられず・・・・涙

「シートベルトのサインが消えましても、お席を立たれずシートベルトもそのままでお待ちくださいませ」
とCAのアナウンス

IMG_1526_convert_20090506165920.jpg程なくしてサーモカメラで乗客の体温を撮影形式で測定しに、厚生労働省の検査員モノモノしい様子で・・・・

IMG_1527_convert_20090506170932.jpg青いダースベイダーみたいじゃん
ほとんどノーリアクションのカナダ政府に対して、日本政府は過剰な反応という批判もあるようだが、事こういう事態に関しては、このくらいやっても良いのではないかと思うのですよ(ちょっと面白かったし←不謹慎)
1918のスペイン風邪の経験から、激症インフルエンザのパンデミック(世界流行)が懸念されている昨今。用心を重ねて損はない

ただ、機内、私の真後ろの席の大阪人と思しき20代カップルの♀、インフルエンザ対策のつもりなんだろうが、密室である機内にも拘らず、自分で持ち込んだマスクにエッセンシャルオイル(アロマオイル)を使用し、辺りにかなり強い香りをばら撒いていた

聞こえてくる会話から、これでインフルエンザが予防できると信じているらしいのだ困った
ねぇさん、一応セラピスト・・・アロマ・ハーブについても一通りのおベンキョーはしてまんねんけどな
香りから判断して、ラベンダーとユーカリタプス

ラベンダーは主に睡眠誘導などに使われるもので精油の中ではもっとも優しいもの。軽いやけどの時に使用は可能ですが、強力な薬効成分を持っているわけではありません。
ユーカリの方は風邪の初期症状に使用可能ではありますが、いづれにしても双方の製油には、インフルエンザウイルスを撃退するような強力な殺菌力はありません。

何より、ラベンダーは一応は可能ですが、精油は直接吸引したり肌に塗布することは厳禁です
世界的なブームのアロマ(精油)ですが、一般に思われているより使用が簡単ではないですから、皆さんも注意して適切にご使用くださいね。

ともあれ、何にしても、病気及び病原菌に対しては、きちんとした情報を得て、正しい対策を取る必要があるのですが、何時の時にもこのような事はありがちですね
そして、公共の場でのマナーと配慮も忘れないでもらいたいものです
サーズの時の中国人観光客といい、何か、インフルエンザに絡んで色んな「っえーーーー」と驚く人が出てきますよね・・・
自分さえ良ければ・・・・そんな行動を取っていないか、又、取らないように自分に再確認です

機内の検閲に時間が掛かるのもまた、しかり。疲れてるし、早く帰りたいのは皆同じだけど、少しの辛抱はしないとね。国内中の人に感染のリスクを背負わせたらアカンもんね

カナダの入国には、ちょっと暴れてやりたくなったけど怪獣(てか、みんなモンクブーブー言ってたけどね
これだって、しょうがない・・・じゃんねぇ

前に並んでた、カナダのお父ちゃんと英会話の練習しつつ過ごしましたが、お迎えに来てくれていた、モモママ&パパにはお待たせしてしまって、恐縮でした

と、ことで、今回から何回かに分けて、カナダ滞在記を書いていくつもりですニコ

どーぞ、読んでやってクダサイなっ



テーマ : 心のつぶやき - ジャンル : 心と身体

<< カナダ滞在記 其の① | ホーム | 復活近し✧✧ >>


コメント

無事にお帰り。なによりでございます。

検索班として、調べてみましたら、こんな商品がありました。
http://news.livedoor.com/article/detail/3414202/
アロマオイルでインフルエンザ対策。
この商品の効果の程はわかりませんが、機内でのアロマオイルは最悪ですな。

出た!!genの検索マニア!
このサイトにある「ニーム」とは樹木のことで、インド等で小枝の先を噛みほぐして、歯ブラシとして、伝統的に使用されているもの。

この商品云々ではないけれど、新型といわれるウィルスは、未解明なものを差しており、どんな予防及び治療・薬品が有効かが解らないからこそ恐れられているのであって、そこからすると根本的に理論が破綻している気がするね・・・・。

アロマセラピストでもあるワタクシが言っちまうと身も蓋も無いけど、現時点で、アロマで新型ウィルス対策は無理でしょうな・・・。

ご無事でお帰り?

お疲れ様でした。フルーにも負けず無事帰国できたこと良かったです。滞在中は手の行き届かない事も多々有りましたが、お母様にも喜んで頂いたみたいで何よりでした。又、半年、一年頑張って次の旅行に向って計画を立てていることでしょう。くれぐれも体調を整えて頑張ってくださいね。又お会いできるのを楽しみにしています。沢山のお土産有難う。ではでは。

お疲れ様v-237
タイムリーな旅行でしたね。

カナダ滞在記を楽しみにしています。

e-266momoパパさんかなママさんかな?
いづれにせよ大変お世話になりました。
おんぶに抱っこに肩車な歓待を受け、今は竜宮から帰った浦島な気分ですv-446

今週もがっつり働けるくらいには元気ですが、保健所からのチェックが入る「ヒモ付き」の身です。

同時期にアメリカのセドナに行っていた長崎の友人などは、毎日、保健所から電話があるそうです。

週に2回って、藤沢市が怠慢なのかi-198

いつも、夢など見ないで爆睡な私ですが、昨日はまだお宅にいる夢を見ました(なんだそりゃ)

感謝 百回!!!!!!!


みちこさんも、今度どこか一緒にお出かけしましょうねーーーーーー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。