Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ滞在記 其の①

ヤッホー皆さん、元気でっか

いつものことですが、海外に出かけた後の一週間は、ねぇさんいつも浦島太郎かめ

仕事はこなしつつも、魂だけまだ現地にある感じ・・・・「幽体離脱ーーーーー!」(byタッチ)jumee☆wing1b

いやはや・・・・苦笑い

しかし、今回の里帰りは、心の旅だった気がします。

急死した小母さんのお参りが主目的だったこともありますが、若い日に最良の時を過ごした場所で、いかに私が沢山の人々の愛情を受けてきたのかをしみじみと感じました。
二十年の時は、若かった者には成長を。成熟した者にはより深い年月の熟成をもたらし、子の成長や、親の愛、他者への慈しみ。そして、変りゆく街の中に、ひっそりと私を待っていてくれたもの・・・・。
昔、開拓者達がこの地の川底から見つけ出した、砂の中でキラキラ輝く金のような大切なものを沢山発見したと思っています金

さて、では旅日記の始まり始まり~
「あ・皆様~、本日はエアカナダ004便バンクーバー行きにご搭乗いただきまして~、誠にぃありがとうございますぅ
電車のアナウンスもそうだが、飛行機は飛行機で、何でこんなようわからん節回し(CAは妙な英語鉛りで不必要に早口で挑戦的。鼻に掛かる具合は武田鉄也を髣髴とさせる)で喋るんだろな

4/27 19:40突然の雷雨に見舞われた成田を40分遅れで、やっとこさっとこ飛行機は飛び立った それから6時間・・・・ケチったお陰で、映画のモニターは度々ブラックアウト、ほな、本でも読むかいな・・・と思えばリーディングライトすら点灯しない車検切れのような機体に辛抱しつつ窓の空がほの明るく兆してくる夜明け夜明け②夜明け③

空の、雲の上にいる時。いつも天国に近い場所にいる気がする
こう言うと、縁起でもないと言う人がいるけど、私の感覚としては何かとても幸福な気分空rainbow

こういう感じって、ディズニー映画「ファンタジア」の夜の女神がアポロンに天を明け渡すシーンを思い出しちゃうんですよさとと-ぶどう

一面白い雲海なんかだと、天使が歩いてるような気がして、免税品の機内販売カタログの香水の男性モデルみたいなオトコマエのミカエルか、旅と癒しの天使ラファエルなんかが、窓の外からひょっこり、「やぁ!」なんて覗きそうな・・・てな妄想まで・・・苦笑い(いや~ん!ねぇさんタラ乙女ちっくうぅうう)

なんて、一人でココロの中で『ぎゃーーーーーーっ!!!!』とか『ギャハハ!!』と騒いでいるうちに・・・・
山脈
すっかり夜は明けて眼下には海のフジツボみたいな雪を頂いた山脈が・・・yukiyama01陸影
そして、見えるかなーーー
陸地の出っ張ってるとこに、黄色い山状の盛り上がりが見えるの・・・これ、サルファーつまり硫黄です。
マッチの頭になったり、ニキビの薬にも使います
サルファーマウンテンという山もあり、カナダは硫黄を産出しています
これが見えるといつもカナダに帰ってきたぞーーーーー!!と言う気になるんだニャ
バンクーバーAP
そして・・・・・

「あ・みなさばー(皆様)当機は、定時より40分遅ればしてェ~、バンクーバー国際空港に到着いたしばしたぁ~ どなたさば(何方様)も~安全な旅をお祈りしておりますぅごきげんよう、さようならぁ

機体はヨレヨレだったが、ここのところヨーロッパばかり行っていたので、とても短いフライトに感じた。
前回がポルトガルで、今回に匹敵する最悪の機体とトランジット入れると20時間近い旅程だったもんで、楽勝だ

と思いきや・・・前述の通り入国に二時間
ナニが起こるかわからん・・・・

しかし、ロビーでモモママが薔薇の花を手に、満面の笑みで手を振ってくれていたのを見たハッピーわかるっかなーーー

モモパパは二時間の間、空港のファサードをグルグル回って耐えていてくれた。感謝くるま


Mハウス②そして、来たよ。モモハウス
モモのお散歩ストリート

郊外にあるここに、いつも私は泊めてもらっている
車の前で、その空間だけ日本と化し、お辞儀しあっているのは、モモママとウチのオカン今回は小母さんのお参りだから、オカン連れです。
豪邸大豪邸
日本人には考えられないウチだようまそ~

お出迎えモモちゃん
お出迎えはモモちゃん「久しぶりーーーーーjumee☆faceA151」ペロペロ!ぺロリン!大歓迎!!!!
前回来た時は、まだアカンボだった哺乳瓶
ここんちの子おりこうさんでカワイイ
定宿懐かしのゲストルーム薔薇何室もある部屋につきバスルームも個別についてるのさホテルより快適

八重桜が満開のバンクーバーは、このお宅でこれから一週間過ごします

マシンガンのように喋り捲るねぇさん親子にパパさん体調に注意の上お付き合いくださいマシ福助

次週に続く・・・・・bear




テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

<< スイッチホームステイ | ホーム | ゴールデンウイークは里帰り >>


コメント

クスグッタクてコメント出来ません。

フフフe-460パパさんかしらんe-3 
連載はまだまだ続くe-337もっともっとくすぐってやるんだもんねーーーーe-277

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。