Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ滞在記其の③✧ヴィクトリアンロマンス

そろそろ梅雨ですかネェ・・・天パには受難のシーズンですさとと-青い傘


カナダのお土産を仲良しさんにあげるのもさることながら、今週は色々とお返しをいただくウイークでした

出雲に行ったという大工の源さんからは、赤米ごはん
赤米  見たんか gen.! スサノオの命も絶賛?!
聞いたんか、gen!
しかし、このセンス嫌いじゃありません絵文字名を入力してください

ちなみに、赤米を食べていたと思われるのは卑弥呼です。

そして、北の大地が生んだ美白の女王(?!)whosaさんからは、アスパラざんすブロッコリー
アスパラ 白アスパラ 生の白アスパラは珍しい

てことで、お土産富豪と化してハッピーです

つーことで、カナダ滞在記の続きをどーぞー

さて、4月某日。
本日も快晴今日はモモパパのドライブでヴィクトリアへ参ります

実は、カナダ西部の観光の目玉とも言えるヴィクトリアですが、ワタクシ、過去にバンクーバーの住人であったにも関らず、いつも雨に見舞われ、一度も行くことが叶わなかったいわくつきの地。

今回は観光旅行ではないけれど、ここだけはと決めてきたのよね

バンクーバーからビクトリアへは、フェリーを使います
今日はモモパパカーだけど、徒歩の人も乗れるし、市内からはグレイラインのツアーバスも出ています
フェリーターミナル  ターミナルの売店ターミナルには土産物屋やカフェなどもあるトリ
ここでも、可愛いスイーツ発見カップケーキ
スウィーツ  スィーツ
こっちのりんごアメです。
日本と同じ赤い飴でコーティングしたのもあるけど、こういうチョコにマーブルやスプレーのチョコにまたチョコみたいな、激烈・爆カロリーなものが昔から存在してますアップロードファイル


朝早く出発した私達のために、モモママがお茶とサンドイッチ&おにぎりを持たせてくれたので、ここで腹ごしらえ
売店中 


そして出発
feri-bnai.jpg フェリーに乗って約40分くらいかな

ヴィクトリア上陸 ヴィクトリアに上陸。目指すはブッチャート・ガーデンさとと-鉢植え青さとと-鉢植えピンク

ブッチャートガーデン二十年の雪辱を果たし、来たよ「ブッチャートガーデン」泣く

散策開始 高い所から、庭を見下ろすように降りて行く造りになっているのは、ここが元は石灰岩の採石場だったから・・・・。

ブリティッシュコロンビア州を代表する観光スポットである、このブッチャートガーデンは、国や州の所有と思われがちだが、驚くことに個人所有の庭園である。
そう、ブッチャートさんのお庭ななのさとと-青い鳥

B・C州は石灰岩が産出されるところで、ブッチャートさんはそれによるポートランドセメント製造のパイオニアで、大経営者でもありました

しかし、採石した跡地の惨状に心を痛めた婦人が、自宅の庭の造園計画に、採石跡地も含めたことが、この大庭園の始まりです。
そして、夫妻が国の内外から収集した植物によって、今では世界的に有名な沈床庭園(サンケンガーデン)が造られ、その後も絶え間なく拡張が成され、ローズガーデン、イタリア庭園、そして、日本庭園と、今日の姿を創りましたさとと-ピンクの鳥

徹底したメンテナンスと、完璧に計算された植物の配置、配色、構成、デザインには、ネコの額の(猫たちのレストランと化している)庭でガーデニングにいそしむ身としては、唸るばかり・・・汗

個人の趣味から始まった庭だと、パンフレットには書いてあったが、ケタ違いのオカネモチの趣味ってこんなんなんだーーーーーーーーーーーーーー(←ムッとしてどーする)

薀蓄はこのくらいにして、画像でお楽しみくださいさとと-黄色い鳥

ガーデン② ガーデン お花①
真ん中の画像の噴水のモチーフは、Sturgeonという、ここらの川に生息するピラルクみたいな原始的なサカナ(デカイ+ブキミ)

柳 ウイロウ 私は柳の木が大好きです。日本に良くある細いのではなく大木。
そこに、手作りのブランコなんかが吊ってあるカントリーライフとか、ペンキ塗りの洋館・・・憧れちゃいます

ジュラシック! シダのデカさはジュラシックパーク並み・・・

ファウンテン 水の織り成す一瞬の造形は、天使のよう・・・芸術だ

しかし、うーーーーんもうちょっとお花のアップとかカラフルな写真を撮るべきだった

わたしって、可愛い色のお花も大好きだけど、やはり、緑とか水やガラスの透明とか、白なんかが好みで、ウチのサロンも、エステでありながらピンクなどが無い・・・マホガニーウッドの茶と白と緑が基調蜜葉のクローバー

クラブハウスが見えてきましたので、ランチを・・・
ガーデン③  

本来ヴィクトリアと言えば、英国式のアフタヌーンティーですが、ランチにしてもお茶にしても帯に短しタスキに流しで評判が悪い
紅茶フェチの私としては、ちょっと気にもなるが、よく考えれば、この国において、繊細なお菓子や渋み無くクリアかつまろやかに薫り高く淹れられたお茶が望めるか・・・・・(敗北)
美味しい午後のお茶は、日本でマリアージュのサロンに行こう・・・・(惨敗)
ということで、ガーデンの中でいただくことに・・・
ガーデンサラダ ダイエッターの定番はサラダ
そして、マッシュルームスープを・・・スプーン
サラダの上に赤く見えるのは、ラズベリーのソースしかし、すごく鮮やかなマジェンタだから、ドラゴンフルーツが入ってる可能性もあるねーーー
この原色のソース、白いインドレースのブラウスに飛びやがった怒

そして、ガーデンを後にして、ヴィクトリア市内へ・・・
ダウンタウン 市庁舎 バンクーバーもヴィクトリアも海の町
丸いドーム屋根は市庁舎
カナディアンスタンダード?よ~く見てみて!市庁舎の入り口と、ガードマン=この体形、カナディアンスタンダードだぜよ

エンプレスホテル エンプレスホテル・エントランス エンプレスホテル
その名のとおり、女帝ホテル・・・・イギリス移民が多いカナダ。
ヴィクトリア女王にちなんだこの島の命名と供に、このホテルも・・・
前の広場に女王の銅像もありますが、何かディズニーチックな現代作のもので・・・・・
アフタヌーンティー そして、アフタヌーンティーといえばここのティールームですがね・・・・ティーカップ

キャプテンクック この辺りはちょっとホテルニューグランドと山下公園チック。
氷川丸辺りの位置にキャプテンクックの像

白人にとって彼は英雄かもしれませんが、カナダを始めとする彼が訪れた未開の地のネイティブにとってはただの侵略者・・・歴史は多面的に見る必要がある(卒論は太平洋地域のヒストリーだったのだ!)
空 風が吹いて雲が流れている空
航海日和

人力車・・・ 京都・嵯峨野は人力車、ここはチャリタク・・・

働くお馬さん お花のプレート 馬車もあるプレートも可愛いお花なのマーガレット



コスプレ 乗車受付のお姉さんはコスプレ

その後はモモパパカーでドライブ
ヴィクトリアンドライブ ヴィクトリアンドライブ.② ゴルフ場もあるよーん

そして、そろそろ、モモママ待つお家へ帰る・・・フェリーに乗船
お家へ ポカホンタス この陸地なんか、ポカホンタスが居そうジャン←(また妄想) しばし、船上を楽しむ

BCフェリー B・Cフェリーは、バンクーバーの周囲に点在する島を結ぶ交通手段なんだな船

て、コトで、満足のうちにすっかり観光三昧の一日は暮れてゆくのでした・・・・夕日

            トウービーコンティニュー

P・S
アスパラはその後どうなったかと言うと・・・・
北の国からサラダ フレッシュなうちは素材のままで・・・北海道に敬意を表し、ホエー豚のロースハムとのサラダに・・・※ホエーとは乳清=ヨーグルトの上澄みの水分
他にフルーツトマト、イエローパプリカと甘みのある野菜でまとめてみました
約320キロカロリー。晩御飯はこれで済ます


アスパラのその後&赤米の行方・・・・北の味覚を・・・昨日はサラダにしたアスパラ。
今夜は腕を振るってみたほーちょう

白アスパラは、穂先を残して皮を剥き、酢を加えたお湯でゆでた後、ゴマのペーストを添えました。
白はウドに大変似ているので、調理の感覚もほぼ同じに考えると良いかと・・・・。

グリーンは豚の薄切り肉で巻いて、衣を着けて揚げました。
短くカットした方が調理し易いのは山々ですが、産直物なので和えてダイナミックに味わうべく一本丸ままに揚げて、かぶりついてみました

かぼすを絞り、塩+山椒と塩+カレーでいただきました(ビバ!私の料理上手

<詳しいレシピ紹介>
①アスパラは良く洗い、固いすその方をカットする
②水気を取り、豚ロースの極薄切り(しゃぶしゃぶ用など)をバイヤス状に巻きつける
③塩コショウし、薄力粉1:片栗粉1を水で溶いた衣にくぐらせる
④180度の油で揚げる
⑤カボス・レモン・ライムなどの柑橘類を添え カレー粉を混ぜた塩や山椒を混ぜた塩でいただく。
※おろしポン酢や柚子胡椒も相性が良い


大工の源さんがくれた赤米は上部に写っているご飯です
白米に対して10%程度と発芽玄米を5%ほどブレンドしました。
五穀米に加えても良いでしょうな
ちなみに、私は白米はほとんどいただきません。100玄米か、十六穀米です
特に夕食はコメ自体を食すことが少ないダイエッター

本日、コメを食すために、ラテンダンスエクササイズに汗を流しました・・・・とさ































テーマ : カナダ - ジャンル : 海外情報

<< カナダ滞在記④ 神様の国の話✡ | ホーム | カナダ滞在記其の② >>


コメント

ありがとう。

ひさしぶり(二週間)に帰って来ました。何とひそかにフルーにも負けず日本上陸を果たしていたのです。しかし空港では機内で30分も軟禁され、病院に着いたら疑いの眼差しでドクターにやんわりとマスクを強要させられあの湿気に悩まされ身内に最後のお別れに4,5日のお付き合い、私的には全てを終わらせ涼しいバンクーバーを思い空港を降り立ったら何とこの一週間は連日25度から30度とか、アジー、でも湿気は無いので日陰は涼しいのです。又真帆さんのブログのファンとして読ませて頂きます。これからもっと暑くなりそうな日本仕事とブログ、ガンバッテ下さい。モモちゃんも元気ですよ。それとお世話に成ったお礼も一言ここで。

ミッションはシークレット

無事のお帰り何よりe-168

そうなんだな。実は密にパパさんと密会したネェさんでしたe-224

愛妻家のモモパパは、すでに日本滞在中のモモママが気兼ねなく旅を楽しめるように、極秘帰国e-464
ウチのサロンでは「良きダンナサマ」として、名を馳せている。

だから、密会の現場はブログらなかったのさe-287
ミッション完了e-374

こう書くと、またモモパパはテレまくるだろう(ウケケ)

きゃーやめてー。僕のヘタヘタな字を公表しないで!!!
古代米。今では全国あちこちで作っているみたいなのですが、やっぱり出雲ですよねえ。
国領さん。いつも思うけど、写真がお上手。構図が整っているんですよね。さすが美大卒。

フフフ・・・e-450照れよるなe-267
genの字は、上手いとは言わんが、ポップアートっぽい。
いわゆる、ヘタウマってヤツ。

あのメモは、PCの明朝文字では表現しきれないのダヨe-264
赤米にはポリフェノールもたっぷり、発芽玄米とあわせればギャバも摂取できます!
メタボ系におススメ!

またまた出現、皆さん色んな食材ご存知で。古代米なんて雲の上の方だけが食するのかと思ってました。(無知丸出し?)矢張り知る人ぞ知るですか。なんせ今までせいぜい五穀米位しか知らなかったのに十六穀米も有るなんて、ましてや古代米なんて、流石です。探した方も凄いけどそれに負けない貴女もすごい。次は出来れば楽して痩せる方法もご存知なきや?探してくだされ。

モモパパ。ママが腹回りにクレームつけてましたぜi-242
楽は出来ませんが、栄養学を熟知していれば、そこそこ食べながら、きちんとやせる方法はあります。

かくいう私は一年で3~4キロ落ちました。
目標はトータル8キロなので、まだ道半ば・・・。

詳しい方法は、ママにレクチャーしておきますe-68
モモ家の食生活の現状なら、あんまり辛くないかも。
問題はビールだv-275

しかし、パパったら、今、日本で雑穀米はブームなんでっせe-438

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。