Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ滞在記④ 神様の国の話✡

絵文字名を入力してください ご機嫌いかがですか? 何だかお天気が続かず、すっきりしないし、湿気で足元がうそ寒い気がする湘南です曇2
日向夏だから、今朝は爽やかな日向夏と、ダージリンヒマラヤンで朝食してみましたみかん
あまり知られていない日向夏ですが、ゆずと甘夏を掛け合わせたような上品で繊細な果実ですミカンの木

 さて、滞在記も早、四回目です。毎回遊び呆けているようですが、今回の旅の本来の目的は、カナダの親代わりとも言える、M家(モモママとパパじゃないのよ)の小母さんが、急逝され、小父さんがあまりに嘆き、寂しいと連呼するもので、サロンの休みをやりくりして、少しでも慰めになれば・・そして、小母さんのお参りを・・・と海越えてやって来たのです

 だから、今日はちょっとマジメなお話・・・。
辛気臭いかもしれないけど、私なりに一生懸命勉強し、理解してきたことなので、皆さんにも是非にお伝えして、知っておいていただきたいのです。

 私の友人には、かなり優れたヒーラーやカウンセラー、サイキックがいます
だから、ここでエラそーな事は書にくいですが(小心者滝泣)、彼女達に私自身が教えられ、身に付けてきた事ですし、宗教研究も15年で、自分が理解を深めてきたこととして、私の最大の能力はティーチング=人にモノを解り易く教える事!!と自負しているので、プロのセミナー講師としての腕の見せ所を発揮したいと思いますっ←(言い過ぎか・・・)←(小心者)

そもそもこの旅も、セラピストの端くれとして、何とか大切な人達に、親しい人との別れによって生じる悲しみや喪失感を緩和したげたいっおじぞうさん
鼻息と供にそう決意して来た・・・つもり(小心者)

 前述の様に、お仲間は超一流の特殊能力者なので、大変書きにくいことこの上ないが(小心者)

私の超自然的なもの(目に見えないもの)を察知したり、その他の事についての直観力は、人よりちょっと敏感・・・程度である。

以前よりは、ずい分鍛えられてきたが、それだからこそ、オーラソーマやタロット、カバラ、アストロロジー、レイキなど学びの力を借りなければとてもカウンセリングなんか出来ないのである。

でも、そういうものに興味なり、認知なりがある人ならともかく、一般的に馴染みのないものであるから、そういうものに無縁な友人や知人において、その人の大切な人が亡くなった時には、いつも途方に暮れてしまう風船と空

 今回の様に年配の男性である場合は、それが特に顕著だが、全くこの手の話が通じない場合が多い
下手をすると、カルトと間違えられてしまう

今まで、お話を伺ったクライアントさんの中には、お母様をなくされてから気力をなくしたサラリーマンの方や、末期癌のご主人を看病し亡くなるまでをお相手した50代の女性などいらっしゃいましたが、何方もご自分の意思で、カウンセリングを受けに来た方々ですので、受け入れ態勢が整っていたわけです。

けれど、そうでない一般の方に・・・というのは、大変難しい事で、下手にこの手の話をすれば、良くてアヤシイ女、悪くてカルトの信者(教祖?!)と思われるのがオチなのですうーん

 宗教(カルト等を除く)や信仰がある人はまだしも。大切な人を亡くしてその中で悲しみにだけ囚われたり、多くの人がそうであるように、死が「忌むべき事」「不幸」であるとか、「終わり」であると信じて疑わない人々に、本当の魂の行方、死と言う意味を、どうしたら伝え理解し、心に安寧をもたらすことができるのかとジレンマに陥るのであるがっくり

 今回の始まりは、第一報を、小父さんからの国際電話で聞いた時に、小父さんが「かわいそうに死んでしまって・・・」「かわいそうにな・・・」可哀想を連呼するのがとても気になったことからです。

 死ぬ事=可哀想 と思っていれば、そりゃぁ、残されたものは悲嘆に暮れる他ありません。
その他に、身内の不幸という一般的な表現もそれだし。
自分の親族などの、そういう話をする時 「嫌な話でゴメンね・・・」と気遣ったりすることもそれ。

 違うのですよjumee☆wing2b死は忌み嫌うものでも、不幸でも、可哀想なことでもないのです。

 ただ、目に見えなくなる、触れられなくなるのは寂しいけど、側にいなくなるわけでも、消えてなくなるわけでもないのです

 しかし・・・!かくいう小父さんもそうだが、悲嘆にくれている人の心は固く扉を閉ざしていることが多く、何を語っても、耳で聞いても、心が聴いてくれないことを何度か経験している。

つまり、相手は、それは単なる慰め=方便で、本当の事=真理もしくは真実とは思っていないのである。

無理に他人の心をこじ開けることは出来ない以上、どうしようもなくて、無力感を感じるばかりである。

私の友人達や、テレビでお馴染みの、スピリチュアルカウンセラー・江原啓之氏のように、交霊や降霊または、霊視やチャネリングなど、その亡くなった人と話が出来たり、呼び出すことが出来たなら、話は違ったであろうけれど、私程度の能力では、受け入れ態勢のある人ならともかく、心閉ざした人には無理であるのだ。
そして、やっぱりアヤシイ女として認識されがちであるガックリ

 だから、皆さんには、この後に書く事で、今のうちに、「死」というものをきちんと理解しておいていただきたいと、大切な人が亡くなった時に悲嘆に暮れることなく、大切な人だからこそちゃんと送れるように。
そして、誰しも必ず来るものだから、自分にも「より良い死」を迎えられるために、このお話をしたいと思います・・・・

『偶然は必然』

 小父さんたちご夫婦との縁は、私が生まれるずっと以前から当家との間で繋がれていました。
家は、京都は西陣で、そろそろ100年になろうかという呉服屋ですが、
グランドおじいちゃんは、滋賀県の能州川(のとがわ)という所の、
金六という商人で、ジイちゃん、中々のヤリ手だったようで、清水寺の御山の斜面にある、大谷本廟のお墓は、時の将軍様からの拝領地だそうでんねん。

 「ヘッヘッヘッ、お代官様もお人が悪い」とかゆーて、山吹色の菓子ドル袋( ゚3゚)ノ(白-薄い背景用) †SbWebs†を渡してたんかいなー困った(そないやのに、なんで、今の我が家は何にも財産残ってへんのんなー、ナンデ御先祖さん
 
 しかし、近江商人といえば、日本のユダヤ人と言われる存在・・・兄弟で唯一、商人になったワタシにもそのDNAが・・・たぬき

 話が反れました
で、私が高校生までは、地方の呉服屋の跡取りさんたちが、住み込みで修行に来ていましたほうき
 通いの番頭さんや、着付けの先生などもいて、時代劇でよく見るような、お店(おたな)ですな晴れ着
最盛期には日本全国から来ていて、結構な大所帯だったようです。

母がお嫁に来た頃に、滋賀県の繫がりで、花嫁修業を兼ねて働きに来ていた(女の人はそうだったみたい)のが、小母さんで、内儀であった祖母は目を掛けていたと聞いています。

そして、ウチで働いている時に、同じ滋賀県人で当時すでに日系一世としてカナダに渡っていた小父さんとの結婚話が持ち上がり、母いわく、悩むあまりに体格の良かった小母さんは半分くらいになった・・・とか←(究極のダイエット)
そりゃ、そうでしょう。今ならともかく50年以上も前の話です。海を渡ることが今とは桁違いに途方も無い話だったでしょう海と空

 そして、小母さんは海を渡ってお嫁に行ったのです

しかし、その後も我が家との縁は切れることなく、祖母も両親もカナダの小母さん夫婦を訪ねたり、交流が続いていたようですが、私達子供は全く知りゃあしませんでした

なのに、選りにもよって、アメリカだっておフランスだって、イタリアーナだってあったのに、偶然に私達姉妹もカナダに渡る事になったのですかなだ

 ネェさんのカナダサバイバル回想録は、又のお楽しみとして、偶然滋賀県で、偶然カナダで、と偶然が続きますが、私達が偶然と呼ぶことは、本当は偶然ではないのです。

 私たちの霊魂が、今の肉体を持って、今の世に生まれてくるずっとずっと前の輪廻の中で、縁が続く者同士が、学び合うためや、また、その魂(私もしくは貴方)が、経験し学ぶべき必要があるからこそ起こることなのです

不幸と思うことも、その経験の中で必要な学びがあるからこそ起こるのです。
私たちの身の上に起きる、どんなことも(例え、肩がぶつかるような些細なことでも)神様によって、緻密にプログラミングされた、完璧なる学びの課程なのだと知っていただきたいと思いますてんし
それを知っているならば、困難に対した時、貴方はそこで何を学ぶべきかを考え行動することでしょう。
そうすれば、貴方は今よりもっと多くのものを学び、手に入れ、より豊かな人生を歩むようになるでしょう
信じてください。だって、私自身がそうですから。このことを理解して、失敗も多くありながらも、以前より私はずっとハッピーな人生を送っていますから

 イヤイヤ、お伝えしたい情報量が多すぎて、話が反れがちです!

 そして、偶然が必然と言うことの証明のような出来事は、色々と起こります。

今回の渡航は、なぜだか自分でも理解できないのですが、ゴールデンウイークに掛かる日程を組んでしまいました。

会社員ではない私にとっては、祝祭日などナンセンス
おまけに、もう一月ほど待てば、サーチャージも撤廃されるのでエアーチケットも格段に安くなると分かっているのに・・ですWhyアタシぽっ

 ずっと、自分でも理解できなくて欲求不満になっていましたが、渡航一週間前に小父さんと電話で話して、答えが得られました

フライト当日の4月某日は、小母さんの誕生日だったのです

私の友人達のような、特殊能力者で無い限り、亡くなった方は生きている人と会話することが儘なりません。
なので、こういう形でメッセージもしくは、サインを送ってくることはよくあります
「来てください」そう、小母さんに呼ばれていると確信しましたし、「来て、小父さんを慰めて、私の気持ちを伝えて欲しい」そう言われている気がして、お役目なんだと、私は理解しました

 そして、その証の様に、それまで寒気と雨だったバンクーバーは、私たちが滞在した一週間だけ快晴に恵まれ、帰国日にまた崩れ始めるという、まるでアポローンが守護してくれたような話サンサン

 これまた、ブーフルエンザも、あと1~2週間遅かったら、あの騒ぎですから渡航を取り止めていたかも知れませんでした

 全ては必然 行くべきときに行き、いるべきところに居り、やるべきことをやっている・・・。

オーラソーマの創始者、故ヴィッキー・ウオールはこういっています。
「貴方が今いる場所(仕事などの現状)が一番正しい」
言い換えれば 偶然ではなく必然ということです(オーラの泉で太一君が連呼してるね)

 そういう必然に導かれ、4月某日
懐かしい路をたどって、私は小父さんの家に向かいました。
券売機 スカイトレインのおじさんカナディアン
小父さんの家には、スカイトレインというモノレールのような電車とバスを使って行きます
スカイトレインは運転も駅も無人。 抜き打ちで、係りが乗車券をキチンと持っているかチェックに来ます
持ってないと、べらぼうな罰金取られますのでご用心
スカイトレイン② スカイトレイン
20年前を思い出して、ちょっとおセンチになります涙
できるだけ、自分達の力で生活するようにしていた私達でしたが、クリスマスやサンクスギビングディ、他にもおばさんはよくご飯に呼んでくれ、こうしてスカイトレインとバスを乗り継いで行ったものです。
トレイン内 スカイトレイン・エドモント駅
スカイトレインの駅はどこもローカルで、目の前にはバスのロータリーがある
今日はモモ邸からだから、当時の乗換駅ではないけれど、違うところで働いていた姉と待ち合わせしたのも覚えている。

パーチのうち
今日は駅まで小父さんが迎えに来てくれたくるま
20年前と何も変わらないお家。小母さんがいることが当たり前に思っていたお家
いつでも会えると、当然の様に思っていたけど、20年も経ったら人は齢をとるんですよね。
だから、私だってオバサンになったんだ。

でも、頭の中のカナダは、いつもあの時のままで、誰かが先に神様のところに帰ってしまうなんて考えなかった風船

 アホだねワタシ・・・・空

 いつも小母さんのご飯は美味しかった何を食べさせてもらったかも、昨日の事の様に覚えています。
お金がない私達に、帰り際にはわかめの混ぜご飯の、大きなおにぎりを持たせてくれました
何で、もっと早く会いに来なかったのか・・・後悔したって詮無いことなのに、ついそう思ってしまいます。

 
沢山伝えたい事があるけれど、色々思い出されることもあって、今回は本題まで行き着けませんでしたが、次回に続きを書きたいと思います。

 私の伝えるスピリチュアルな事は、日本の神道、または、古神道に拠るところがほとんどですが、カナダのネイティブ、ハイダ族のことなども織り交ぜて次回は書こうと思っています。
辛気臭い!とか、諸先輩方からは、ダメ出しもあろうかと思いますが、お付き合いくだされば幸せです。

                感謝
 




テーマ : スピリチュアル・ライフ - ジャンル : ライフ

<< 暫くお待ち下さい    m(__)m | ホーム | カナダ滞在記其の③✧ヴィクトリアンロマンス >>


コメント

Oyajiです、ウーン、このコラム何か共感します。と言うのも今回身内が亡くなる二日程前に病床で急に両親の写真を家から持って来て欲しいと言い出して古いセピア色の写真を持って来て見せた後に言った言葉が「もう直ぐ会えるね」、その後暫くして付き添いの義妹に「00さんありがとう」このフレーズが聞き取れた最後の言葉でした。その後の回復もなく二日後、静かに帰らぬ人となったのです。こんなのって実際有るのですねー。
人間何時かは没っして行くのです。せめて命ある今を有意義に過ごしたいと感じたoyajiでした。

そーなのですよパパさん。
この後に続くお話を是非・・・と思います。
皆さんには、きちんと死生観を持って生きていただきたいとおもうワタクシです。

プロフィールの写真変えたのです。
お宅のお嬢さんも写ってますe-265

まほちゃんv-22つらい事を一生懸命に
メッセンジャーとしてのお役目を果たすがごとく
綴ってくれて、なんだか心があったまりますv-238
プロフィールの写真は
そんなカナダでのとても優しいお顔ね
本来の、あなたなのねv-22
つづき楽しみにしていますv-238




きゃーーーーー!
みちこさんe-51会いタイヨーーーーe-405
コメントしてくれて嬉いっすe-319
辛い・・・とは思ってないんですが、いつも、人を助けるには力が足らなくて地団太を踏むんですe-265
ま、次にはもちっとマシになってと思い、毎回チャレンジするのさねe-282
次回もがんばりまーーーすe-76

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。