Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の夏も送り火と供に・・・・・

 ほんの何日か前までは、入道雲がねじり鉢巻で頑張り、湘南の海も繁殖期の動物よろしく(不適切発言)ビーチに若者があふれかえっていたと言うのに、お盆を過ぎると急に日差しに秋の気配が混じりこんでいるのに気付きます

 まだまだ30℃オーバーで暑いのだけれど、お日様が黄金色の気配を帯びるのです。
湘南の我が家の庭では、先週あたりから虫の音が聞こえ始め、ここ2~3日あたりから、朝夕に涼しい風が立ち始めました

 誕生月が秋のせいか、私はちょっと寂びしくなるこの季節が一番好きで、ヨーロッパに旅行に出掛けるのも、このシーズンが多いです

 毎年、お盆に京都の実家で「大文字」正しくは「五山の送り火」を見ると、もう夏がいくらも残っていないことを実感します左大文字
 
 所で、関東の人はほぼ全員、この、お盆の送り火の事を大文字焼きと言うのですが、このセンスの無さ極まりない、かつ、田舎くさい、そして、決定的に誤った言い方には、京都人は我慢なりません

 もんのすごぉーーーーーーーーく、勘にさわるっちゅーか、腹が立つんザンス怒

 大文字焼き などと言うものは、京都には存在しませんのどっせっ
大文字焼き と言うものが存在するとするならば、箱根の山に、どう見ても「」にしか見えない、ぶっサイクな山があるので、きっとアレの事に違いないでしょうイオン
 
 京都人のプライドは、エッフェル塔より高い

て、ことで、本日は「五山の送り火」 京都人の言うところの「大文字」について、知っていただきましょう[XmasOrns]キャンドル(*゜▽゜)ノ †SbWebs†
大文字について、意外な事に、起源や、の字の表す意味など、正確な事は解っていないが、お盆にこの世に戻ってこられた御霊を、またあの世に送る、宗教行事であることは、皆さん理解しておいていただきたい。

 上京区 つまり、西陣のど真ん中、市内もど真ん中にある実家からは、ほとんどの山が見える鳥居型
 私が23歳ころまでは、実家は、店(たな)兼 住居の古い町屋で、子供の頃、大文字は、住み込みで働いているお店の人達と、屋根に登って見たものです月

 瓦がズレると雨漏りがするので、その頃、まだ元気だった祖母からは、瓦の山を踏まないようにと、再三うるさく言われたのも覚えています三日月

 しかし、その町屋も100年に手が届く頃になると、存続の限界を向かえ、現在はビルになっており(本当は古いものを残したいのだが、現実はそうもいっていられない・・・)、父が緑のガーデンに仕立てている屋上では、当日、BBQバーベキューをしながらお客様をおもてなしするが、花火気分で浮かれてばかりではいけないのですあくまでご先祖様の御供養の日である事を忘れてはならないのです。

 ・・・と、言っておきながら、モモ兄を交え、大宴会に盛り上がってしまった事実もありますが

※盛り上がっているBBQ現場写真は、自主規制させていただきますm(__)m

 ともかく、大文字の五山は、
右の大の字
大文字

左の大の字
左大文字

鳥居
鳥居

妙・法
妙・法_convert_20090825210829 法_convert_20090825211106


妙・法

以上の五山です。

 この五山は、同時期に作られたものではなく、夫々に時代が違います。
かつては存在し、現在では失われた山もいくつかあるようです・・・・で、勉強したことに、私なりの解釈を加え、解り易い順に解説すると・・・・


鳥居型鳥居とは、神社においても、現世の邪気や垢を禊ぐためのものであるから、御霊においてもそれは同じ意味であると思われます。愛宕神社を示唆しているという説もあるといいます。

妙法妙・法
南無妙法蓮華経からの二文字、言わずと知れたお経です(ナムナム)

舟形
先祖の御霊があの世にお帰りになるための御舟です。

左大文字大文字左右・大
さて、コレが問題です。
説は三つほどあるようですが、文献などほぼ残されていないに等しいのです。
なぜ、大の文字なのか、誰が始めたのか・・・

 一番メジャーそうな説が、平安時代初期・弘法大師 空海説
かつて大文字山麗にあった浄土寺が大火に見舞われた際に、本尊、阿弥陀仏が山上に飛翔し、光明を放ったことから、この光を火で表現した儀式を行うようになり、後に弘法さまが、それを大の字に改められた・・・というのだが、なぜ「大」かは謎。

 他に、万灯が変化したものであり、巨大化は、戦国の時代に度重なる戦乱で怨霊と化した御霊に対する恐れからであったのではないかとも言われています。

 私は、毎年、どんなに忙しくても、必ず大文字>だけは、欠かさず拝みに帰ります。
火は浄化であり、私達はご先祖様あっての存在であるからですキャンドル

 己の邪気を、炎で浄化し、目には見えなくとも、常に自分と供にある先祖の御霊と繫がるためです。

関東では、ナスやキュウリで御馬を作り、家の前で小さな火を焚きますよね。
形はどうあれ、同じ事なのです。

 大文字の御山の火は、ただの薪ではありません。無病息災家内安全を祈願した,護摩木を焚くのです。
京都新聞から抜粋した画像で見ていただきましょう。
大文字・仕度
※画像上をクリックすると全画像が見られます

 送り火当日は、供養のための儀式である事から、関係者以外の入山は許されません。
京都の人々は、代々、こうして先祖のために浄化の火を焚いてきたのです

 だからこそ、神聖な気持ちで受け止めていただきたく、大文字焼き呼ばわりはご遠慮いただきたいと思うネェさんなのでしたぁー満月


 オマケ

大文字を激写するモモ兄
IMG_1629_convert_20090825215649.jpg

来年は、誰が来るのかな・・・・・

  トゥ ビー コンティニュー












 

テーマ : その他 - ジャンル : その他

<< 正解はいかに・・・・・ | ホーム | お盆だ!帰省だ!保津川下りだ!! >>


コメント

お姉さん、流石に奥が深い!よそ者はただ一つの文字だけかと思っておりやんした。(恥)よく山火事にならないですね と素朴な疑問も持ち上がってるのですが、

無神論者の私でさえ手を合わせたくなりました。又教えてください。よろひく。

パパ・・・息子の画像にはコメント、スルーなんだ・・・e-351
クールだぜe-252

暑いとか言ってないで、来年当たりママとBBQ・・・いや、大文字見に来たらe-454

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。