Profile

Florence hymns candle

Author:Florence hymns candle

Florenceこと、國領眞帆の主宰する
アートキャンドルとキャンドル教室のお店です。

2010年、キャンドル教室を開校。
以来、オリジナルのキャンドル演出によるブライダル等、イベントも手掛けている。

公式サイト
Facebook

Workshop

ラーニングコース '16年1月生募集中

一回完結型の誰でも参加できるワークショップをはじめ、技巧習得を目的としたラーニングコースなど、目的に合わせてキャンドルづくりをお楽しみいただけます。

ワークショップでつくるアイテムは、毎月変わります。
その月のアイテムは、このブログにてお知らせしています。
(カテゴリから「今月のワークショップ」をご確認ください)

New notice

Category

Monthly archive

Links

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い砂岩の聖地から 緑滴る北の大地へ

 皆さん ご機嫌いかが

先日、姪と一緒に知床を旅してきました。
20140621_173603.jpg

アイヌのお天気を司る大カムイ(神様)は気まぐれで、予報をキレ―に無視して、この地で採れるハッカの香りがするような雨を降らせたり、
雨粒がキラキラ水晶のように輝くお日様を上げられたり・・・。
 
 でも、森は、海は、山は、どんな時にも美しく、その大いなる懐に私達を受け入れて清め、癒し、遊ばせてくた。

富士山のネイチャーガイド さる隊長が言う、「どんな天気もイイ天気!」
は、本当だなと、登山やトレッキングを重ねるほどに実感する。

何カ月も続いた私の喘息も、大カムイと大地に癒され、すっかり鳴りを潜めた。

 アリゾナで聖なる赤い大地に抱かれた時も、一転、緑潤う蝦夷の地に触れた時も、つくづく、
「私は自然無しに生きていくのは無理だな・・・」
と実感している。

 今、自宅の目の前には、背の丈ほどに育った唐黍(とうきび)が青々と揺れて、蝦夷の地に似た風景を見せているが、それでも、早、あの豊かな森が恋しい。
都市にいると、心から潤いが奪われて行く気がするのである。
20140621_173540.jpg
立ち枯れた古木がトーテムのように見える森
アイヌの地は、私の第二の故郷であるカナダ西部に良く似かよっている。
原住民アイヌとハイダもまた驚くほど類似した文化を持っていて、私は胸に迫るものを感じ涙が溢れて来た。


 今回の旅は本当に特別なものだったと思います。

 いわゆる、世間的に言う、適齢期に結婚に至らなかった私は、この人生で子を産む事はもはやない。
しかし、姪と伴に旅をして、少し、娘を持ったような気分を味わわせてもらった。

 そうだな・・・実際に自分が産んだ子でなくても、血縁でなくても、私と縁のある若者たちを導いて行ける存在になれるなら幸せな事。
私のできる事を通して、彼らの灯となろう。
北の空の下。小さなキャンドルに火を灯して、そう決心した。

自分がこの人生で何を成すべきか、その輪郭がハッキリと見えてきたように感じる初夏である。
DSC_0496.jpg

 帰宅してから、姪と一緒に、蝦夷地をリスペクトして、キノコキャンドルを作ってみた。
ちょっと、毒かも知んない系のキノコを目指してみましたがいかがでしょう?
20140629_220701.jpg

20140629_220640.jpg
姪のは、何となく、粘液を感じさせる不気味さを表現したそうです・・・・

 キノコは(もっとメルヘンなものにしますが)お教室でも作りたいと思っているのですが・・・・
生徒の皆さん、頑張ってスキルアップしてね(-_-;)

さて、ということで・・・・・

   7月のFlorence315256.gifは・・・

         アイスナゲットキャンドル
20140615_165105.jpg

 氷を使って作ります。 フルーツのシロップ漬けの大缶詰ほどもあるので、長く燃焼します。

それぞれ好みの色でお造りいただけます。
レースのように透かしの入ったキャンドルは、火を付けると本当に幻想的です。
お盆のお灯明としても、夕涼みに縁側で楽しむキャンドルとしてもぴったりです。

モンテズマウェルの古の先住民の住居跡遺跡のようにも見えて、ちょっと先の旅路のノスタルジーを感じちゃったりもするな・・・・。
p1000109_s.jpg

 今月は定例の三週目の日曜日開催です。13時~。
お申し込みはラインかメールでお願いたします。

おまけ
20140630_092810.jpg

20140630_092824.jpg

乾燥で喉がエヘン虫だったので現地で買った「流氷飴」永田製飴株式会社謹製。
本当にキラキラ、流氷のようです。
1958年ごろからあるお菓子みたいです。お砂糖と水飴オンリーで、甘いものに強くない私にもオッケーな
ナチュラルさです。

葉っぱの形のハッカも美味しかった。(良く売ってる北見通商のとは違いまっせ)


 

florence✿本格始動!!

 皆さま、ホントにホントにホントにご無沙汰です。

前回から状況は同じく、色々やる事が多くて・・・。

そして、Florenceのお教室やブライダルキャンドルを本格化させようと、ホームページを開くために色々、準備をしているのでなかなかブログにまで手が回りませんで

 その上にね~、この春は気候の不順が続くでしょ~、アレルギー性喘息がまだ続いていて、思うように動けなかったりもあって難儀しています

 それでも、鋭意努力中ホームページはもう少し時間がかかると思うけれど、姪のEりがフェイスブックページを作ってくれるというので、そちらが先になるかとおもいます。

Kおりちゃんや皆さまのご厚意協力もあり、さっそく何件かブライダルキャンドルのオーダーをいただくなどもあり、しんどいとか言ってられません。

 HPを立ち上げるとなると、まず商品と画像を用意しなければなりません。
そこで、ブライダルをメインにやっていこうと決めて、ともかく暇さえあれば商品開発に取り組んでいたのですが、その最中に、面白くて素敵な御印が次々と・・・・
20140530_173045.jpg
流し出した蜜蝋が見事なハートに

20140530_173030.jpg
小鍋で溶かした蜜蝋に含有した水がハート型に 

 でも、私にとってハートの御印はわりとよく現われるので、ここまでは、「フムフムやはりブライダルの線は間違いないと神様もご先祖様も仰ってるな・・・・」とにんまり自信を深めていたのですが、
次に、シリコンの容器に付着した蝋がパラリと床に落ちたのを見て、
20140530_140653.jpg

 Glass slippers!!!!!シンデレラのガラスの靴やおへんかっ←大コ―フン

これ見て、お伽噺をモチーフに Princess bride(姫君達の結婚)をテーマにした作品群を作ろうと閃いたのでした

 そんなこんなで、ブログはサボろうともネェさん、キモチは元気に(げほげほ咳しながら)前進しています

 お教室もちゃんとやっています。

 6月のFlorence315256.gifは・・・

      アメリカンドーナッツ
20140530_173002.jpg

20140530_173015.jpg

シュガーデップかチョコレートデップ(ブルーかスタンダード)の好きなものひとつと画像にはありませんが、グラス入りの冷たいミルクのキャンドルを作る予定です。

 今月は生徒さんのご要望で二週目の日曜日です。

 今回は多忙中のため、コメントではなくメールかラインでご参加をお申し込みください。


 では、皆さま、ホムペご期待ください~

✰清しこの夜✰

 Merry>Christmas

 キラキラ陽の光が輝くクリスマスの朝です
20013年・・・みなさんどんな年でしたか?

 私は、昨日、イヴの夜に、ディケンズのお噺のように、「過去」・「現在」・「未来」のクリスマスの精霊が来たな~
main_large.jpg

 今年の私の聖なる夜は、とても静かに、自分と向き合う夜です

 でもね、派手な事はなんにもないけれど、三毛猫のぶーちゃんと二人で、美味しいお茶やお気に入りの手編みのストール、気に入りのものに囲まれてそっと過ごす、キャンドルの灯りに照らされた夜は、とても満足のいくものです
DSC_3604.jpg

                DSC_3603.jpg

 そして、Kおりちゃんが来てくれて、スキ焼したりしながら、心のままに安心してお喋りできる・・・そんなココロの友がいてくれる事も、色々美味しいものを送ってくれる母や家族、そして、今年は色んな人とメールで繋がって賑やかしい、そんなことも心底有り難いと感じます。
DSC_3606.jpg
Kおりちゃんの、新婚旅行のハワイ土産はとっても嬉しくて美味しいハワイアン・コナのコーヒーは早速朝の一杯でそして、フラガールのエコバッグはかなりのお気に入り

 人生はささやかな喜びの方が、キラキラと輝いている大切なもののように感じるワタクシです

 ただね~、ちょっとさびしいのは、パートナーがいない事かなぁ~~~~~~
ここ三年なぁ~~~~~~~それが、心を寂しくしているよな~~~

 うん!来年には、素敵な紳士が一緒のようにしようきーめたっと!!


 そんなこんなで、忙しくなるからと、ブログも月イチにしようかとか、色々思ったけど、出来る限りは今までの生活を守りつつやってくのがいいのかな・・・と思い直したりして・・・。

 ブログもお教室も、出来るだけ維持して行こうと思いますので、是非とも皆さん、今後ともお付き合いくださいますようお願いいたします。
 そして、私が寂しがらないように(笑)コメントおくれね

 今夜のflorenceのキャンドルは、サンタクロースの大好物、チョコレートチップクッキーとミルクそれとオレオのタワー
DSC_3608.jpg
 食べられなくてゴメンネだけど、きっと世界中の家で食べてるだろうから、サンタにはこれをお持ち帰りいただいて、リトルヘルパーや奥さん達とキャンドルの夜を過ごしてもらいましょう


   では、皆さん、良いお年をお迎えくださいね

テーマ : 幸せに生きる - ジャンル : 心と身体

✿アカイキミヲアイシテル❀

8月23日。 今年初めての秋の虫の音が聞えた

 私のキャンドル入浴もぐっと風情が増した気がする。

 残暑どころか毎日、酷暑と熱帯夜の本州ですが、ちゃーんとイキモノ達は季節の変化を心得てるんだな・・・
DSC_0271.jpg大体、光源が3つくらいあれば、程よい明るさで不自由もないですよ

 久方ぶりのアップです・・・・というのも。私のPC、悪い菌にヤラれてノジマ電機のパソコン病院にデトックス入院中でした

・・・・と、23日に書き始めてから、忙しくて数日放置・・・。

 あの虫の声は、何処へいったの

 熱帯夜連日
ま、そう言いつつ、冷え冷えジェル枕と扇風機で、ネェさん一瞬で寝ちまってますけど、一昨日の夜は強力な田舎の藪蚊に夜中攻撃を受けて目を覚まし、な気分で、キンカンと蚊取り線香を取りに行った


 周辺が川だの畑だのだもので、蚊が家に入らないように厳戒態勢しいてるのに
でも、翌朝、洗面所でフラフラ飛んでいるのを発見逆襲してやりました

 もとい!そんな事を書こうと思ったわけではありません。

 皆さん、虹の七色ってちゃんとわかりますか?

 オブジェや壁画など様々なところにデザインされ、使用されますがけっこうアバウトにカラーリングされている事もままあります。

NEC_2206.jpgflorenceの代表的なオリジナルキャンドル、「ピラーオブレインボウ」五色に見えますがちゃんと七色使っています


知っているようで、案外、正確に分かる人が少ない事なようです

 その七色。美大生(30年前)とか、グラフィックデザイナーなんかは、学校でこんなふうに習ったかもしれません。

〝アカイキミヲアイシテル〟

 つまり、アカ→赤 ダイダ→橙 →黄 ドリ→緑 ア→青 アイ→藍 テル→紫

 以上、七色が正しい色

 これって、ちょっと素敵じゃない?

 チャクラやオーラソーマなどの色彩言語の観点から読むと。

 赤い君=生まれたままの君(ありのままの君)を愛してる。とも読む事が出来ます。

 ※生まれたまま=無垢なので、新生児を赤ちゃんと呼ぶのもそこから。

 「色彩言語」というと、皆さんは耳慣れないかもしれませんが、人類が本能的に共通情報として持っている、色のイメージ、もしくは、色から感じ取るエネルギー(波動)のことです。

 赤は温かく青は冷たい・・・というような。

だから、人種も言語も違っても、情報を共有するメディアなどが無かった遥か昔から、人類は色に対して共通の認識、共通の文化を育んだ訳です。

 我が弘法大使・空海様も、ローマ法王も、高僧の法衣と言えば、金・紫・朱。つまり、崇高な色。

神聖な白に対して、忌み事は黒。

 そして、虹は幸せの象徴であるとともに、チャクラの七色であり、チャクラから発せられる光がオーラ。
全てのチャクラが活性して全七色が光を放つ(つまり、完成された魂の人間を差す)とそれは、金色に見えることから、至高のオーラカラーは金と言われる所以です。

 虹については、もうひとつ、興味深い事があります。

 それは、神々が地上(または、天界から異界へ)行く時のルート(道)でもあるということです。

 日本の古事記では、イザナギ・イザナミが国生みの際に、〝天の浮橋〟から、まず、地上を見渡した。とされています。
 古事記によると、天の浮橋とは、虹のように天空にかかる橋とされています。

 興味深い事に、ケルトのダーナ神話においても、神々が人間界や、巨人の世界へ異空間移動するときには虹の様な光の橋を渡るのです。

 思うに、もしかしたら、虹は、私達が常世の国(日本神話におけるエデンや浄土のような別天地)に行くための掛け橋なのかもしれませんね!cid_59E518674E5C41B7892B07399610E5B9@KokuryoPC.png

 そして、そこに至る、ヒント(メッセージ)が、

 アカイキミヲアイシテル=ありのままの君を愛してる。 なのかもしれないな・・・とネェさんは思うのです

 ありのままでいる・・・。言うは易し。しかし、この地上に生きて、それは、なんと難しい事か、今の私はしみじみ感じます。

 虹を追いかけた、オズの魔法使いのドロシーみたいに、私達は、ありのままの、アカイキミだった時の、本来の無垢なる魂を取り戻したくて、人生を旅しているのかもしれません。

 だから、人は、虹を見ると、その道を目にし、希望を感じるのかもしれません。

 先日、江の島の花火の日に、不思議な空を見ました。
後日、天達気象予報士が朝の番組で紹介していたのですが、「半薄明光線」という希少な現象らしいです。
DSC_0256.jpg 
まさに虹色の天の道


DSC_0255.jpg
鳳凰の様な雲。花火の日に江の島の右上空に、鳥の形の雲を見るのは初めてではない


DSC_0232.jpg
春から夏は霞んで見える事の少ない富士の御山がこの日は、神々しいばかりに沈む夕日に浮かび上がった。


DSC_0260.jpgまるで、古事記の神話世界


 追伸

 
7月からずっと、9月に行われる、さるイベントに向かってキャンドルの製作および、自主ワークを続けているのですが、それにあたって、これまで、エピソードごとに切れ切れにしか理解していなかった日本神話を、学び直すことにした。
 すると、近頃、八百万の神々が私の頭の中で、オクラホマミキサーを踊って、入れ替わり立ち替わり、グルグル登場して来られる。

 ちょっと、私、行き過ぎて現実とごっちゃになってる感があるんです

 これって、ヤバい

     それについても、また、ご報告いたします




 

 

テーマ : 幸せに生きる - ジャンル : 心と身体

✫さらさ流るるさらさらら、星の流るる天の川☾

 こんこんんちきちん、こんちきちん
祇園祭を終えると京都の梅雨は明け、本格的な夏がやってきます

遠く離れたここ湘南も、昨日、梅雨があけました

 今年は九州ばかりに雨が集中して、関東の雨量はとても少なかったように思います。(災害に遭われた方々に心なりとも寄り添いたいと思います

 そんな、空梅雨とも呼べる気象であったのに、なぜか今年も7月7日の七夕だけは雨もよう
 超遠距離レンアイな空のカップルのデートは、レインウエア着用必至

 Bat!富士山のサル隊長の教え→ ①「どんな天気もイイ天気!=雨なら雨を楽しむべし!」 ②レインウエアは常備必須の事

 装備と決意さえしっかりしていれば、デートできます(なんのこっちゃ

 時に、皆さん、遅ればせながらの話題ですが、七夕(たなばた)って、どうしてそういうのか知ってますか?

 七夕とは書いて字のごとし、七日の夜という意味なのですが、もっと遡ると、

古来、日本では神に捧じる布を織る巫女(おんな)を、「棚機つ女=たなはたつめ」と呼んでおりました

 織媛は天帝の娘であり、天でこの布を織る「たなはたつめ」でありましたことから、7月7日に祭りをするようになったこの日を「たなばた」と言うようになったと伝えられます。

 ちなみに、この伝説はもともとは中国のそれで、彼らの衣装に見て取れますね。大陸を渡って日本に来たので、韓国やベトナムでもこのお話は広まっています。

DSC_0808.jpg 通勤途中の白幡様の祠のあるあたりに自生している笹を採ってきて千代紙で小さい短冊を作り、笹飾りをつけてみた願い事の代わりに書いたのは、この世を形成する五大元素と虹。災害続きの地球が安定しますように・・・・。

 さて、なぜ、いまさら七夕ネタなのかというと、
最近、瞑想すると、天の川(ミルキーウエイ)を流れてゆくイメージがあるのです

 まっ黒けの夜空に、無数のダイヤモンドみたいな星の河

 耳に心地よく静けき水音。

 ひんやりと、しかし、決して冷たくはない、涼やかな心地よい水・・・・。

 藻のように水面でゆれる髪と流されてゆく感覚
 
 すごくリアルな体感と映像なんですよ。

 まるで、〝銀河鉄道の夜〟のジョバンニかカンパネルラにでもなったよう

オフィーリア
これは、ミレイの絵 正気を失ったオフィーリアの入水(じゅすい)。こんな、シェイクスピアの悲劇ではないが、流れてるイメージはこんな風。最も、こんな重厚な衣装は着ておらず、白い貫頭衣を身に付けている


 宇宙の体感とでもいうのかなぁ・・・・。透き通った鈴の音も聞こえる感じなのね。

イミするところは・・・・

 カッパの河流れんな、アホな

鈴と言えば、伊簛許理度売命(いしこりどめのみこと)様も、最近、よく、イメージが来ていたから、そこに意味もありそうだな・・・。

 大づかみに何となくこの意味するところは感じているのだけれど、

 宇宙 ゆだねる 深遠なる深きところの自分 そんな感じです。



 一体ナニが言いたいんだよというツッコミが聞えてまいりました

 へいへいスンマへん。

 今回、ただの うんちく話と独り言でおますねん

 でもな、皆さん、なんや知らんけど、おんなじイメージが不思議と何回もやってきたり、突然ナンかのイメージが浮かんだりしますよね。

 それとか、良くも悪くもやたら強い感情とか。

 ただのモ―ソーは置いといて、ちょっと不思議な感覚のある、または、なぜか気になる、みょーに引っ張られるソレならば、ちょっと目を閉じて、自分の心の深い部分にアクセスして、それがどんなメッセージを送ってきているのか、キャッチしてみてはいかがでしょう?!

 それは、貴方がハートで生きるための、スピリットからのメッセージかも知れませんから
DSC_0806.jpg

 さぁ、今夜はもう寝ようっと夢でも、あの暗いけどキラキラの河を流れる事ができるかな
 あー、なんだか、頭の中で曲が流れてきた♪(これは完全に、アリ―myラブみたいなモ―ソー歌)
ドラマ・星の金貨で、前科者になっちゃったノリピーが歌ってた、〝鏡のドレス〟

 ♪明日の分の涙を、今日流してしまえばいい。虹の河を創りあげて、アナタにたどり着くように♪

 今回のヴィジョンとは無関係ですが、天の川→星&川という連想で・・・昔、カラオケで歌ってたし(ドラマは一話も見てないけど)

 では、皆さま、おやすみなされませ


テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。